『2016年ゲームトレイラーYouTube再生数』TOP10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『2016年ゲームトレイラーYouTube再生数』TOP10

think with Googleより、「2016年にYouTubeで最も視聴されたビデオゲームのトレイラー映像 TOP10」が発表されました。

ゲーム文化 カルチャー
『2016年ゲームトレイラーYouTube再生数』TOP10
  • 『2016年ゲームトレイラーYouTube再生数』TOP10
think with Googleより、「2016年にYouTubeで最も視聴されたビデオゲームのトレイラー映像 TOP10」が発表されました。ランキングと視聴回数は以下のとおり。

  • 『バトルフィールド1』Reveal Trailer(49,864,296回)
  • 『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』Reveal Trailer(35,930,951回)
  • 『Clash of Clans』Hog Rider(32,332,845回)
  • 『Gears of War 4』Tomorrow(17,091,816回)
  • 『Clash of Kings』(17,080,025回)
  • 『オーバーウォッチ』Dragons Animated Short(14,059,394回)
  • 『ポケットモンスター サン ムーン』Reveal Trailer(10,767,945回)
  • 『FIFA 17』(10,644,036回)
  • 『ウォッチドッグス2』Reveal Trailer(10,097,425回)
  • 『DOOM』Cinematic Trailer(9,651,691回)


5000万近くの再生回数に上りながら1位を獲得したのはEA/DICEの『バトルフィールド1』。次点は『CoD』シリーズ最新作『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』と、秋の新作シューターラッシュを再び振り返りたくなるような結果となりました。国内タイトルは『ポケットモンスター サン ムーン』のみではあるものの、Metacriticを始めとしたレビューでも高い評価を博していたことは記憶に新しいところでしょう。直近では『人喰いの大鷲トリコ』や海外イベントで発表された『DEATH STRANDING』などが注目を集めているところですが、2017年に飛び出してくるであろうニュータイトルや新情報、トレイラー映像にも期待が高まります。




《subimago》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 自分だけのポケモンシャツが注文できるサービスが2月末より開始!ポケモンに夢中だった頃を思い出す動画も公開

    自分だけのポケモンシャツが注文できるサービスが2月末より開始!ポケモンに夢中だった頃を思い出す動画も公開

  2. 本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

    本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

  3. 『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

    『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

  4. 『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. ゲーミングチームPENTAGRAM、『LoL』部門を解散―世界大会出場を含む6年の活動に終止符

  7. 『YIIK: A Postmodern RPG』海外配信開始! カオスなローンチトレイラーも披露

  8. 大手芸能事務所「アミューズ」が国内プロゲーミングチームGreen Leavesとマネジメント契約

  9. 3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

  10. 猫のアナとソルジャー76が共闘する『オーバーウォッチ』ファンメイドアニメ!

アクセスランキングをもっと見る

page top