『2016年ゲームトレイラーYouTube再生数』TOP10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『2016年ゲームトレイラーYouTube再生数』TOP10

think with Googleより、「2016年にYouTubeで最も視聴されたビデオゲームのトレイラー映像 TOP10」が発表されました。

ゲーム文化 カルチャー
『2016年ゲームトレイラーYouTube再生数』TOP10
  • 『2016年ゲームトレイラーYouTube再生数』TOP10
think with Googleより、「2016年にYouTubeで最も視聴されたビデオゲームのトレイラー映像 TOP10」が発表されました。ランキングと視聴回数は以下のとおり。

  • 『バトルフィールド1』Reveal Trailer(49,864,296回)
  • 『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』Reveal Trailer(35,930,951回)
  • 『Clash of Clans』Hog Rider(32,332,845回)
  • 『Gears of War 4』Tomorrow(17,091,816回)
  • 『Clash of Kings』(17,080,025回)
  • 『オーバーウォッチ』Dragons Animated Short(14,059,394回)
  • 『ポケットモンスター サン ムーン』Reveal Trailer(10,767,945回)
  • 『FIFA 17』(10,644,036回)
  • 『ウォッチドッグス2』Reveal Trailer(10,097,425回)
  • 『DOOM』Cinematic Trailer(9,651,691回)


5000万近くの再生回数に上りながら1位を獲得したのはEA/DICEの『バトルフィールド1』。次点は『CoD』シリーズ最新作『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』と、秋の新作シューターラッシュを再び振り返りたくなるような結果となりました。国内タイトルは『ポケットモンスター サン ムーン』のみではあるものの、Metacriticを始めとしたレビューでも高い評価を博していたことは記憶に新しいところでしょう。直近では『人喰いの大鷲トリコ』や海外イベントで発表された『DEATH STRANDING』などが注目を集めているところですが、2017年に飛び出してくるであろうニュータイトルや新情報、トレイラー映像にも期待が高まります。




《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  2. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  3. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  4. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  5. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  6. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  9. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  10. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

アクセスランキングをもっと見る

page top