『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も

2016年5月に発売され、オールドファンからも高い評価を得た新生『DOOM』ですが、その開発の舞台裏に迫るドキュメンタリーが海外で公開されています。

ニュース ゲーム業界
『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も

2016年5月に発売され、オールドファンからも高い評価を得た新生『DOOM』ですが、その開発の舞台裏に迫るドキュメンタリーが海外で公開されています。ドキュメンタリーの中では開発中止となった『Doom 4』にも言及。多数の未公開映像を披露しています。


『Doom 4』は地球を舞台にした全く異なる設定で、より映画的、より多くのストーリーやキャラクターを特色としていました。プロデューサーMarty Stratton氏によれば、『Doom 4』には信じられないほどの制作価値があったとしつつも、多くの人が期待する『Doom』らしさを感じられなかったとのことです。また、Stratton氏は“Call of Doom”のようであったとも認めるとともに、同作では序盤セクションでゾンビタイプの敵との戦いやカバーを含んでいたことを明らかにしています。


プロジェクトをキャンセルして再びやり直すというのはなかなか大変なことではありますが、それを見事にやり遂げた上にファンも納得するクオリティに仕上げたid Softwareの決断力や開発力は素晴らしいですね(それを支えたZeniMax Mediaも)。ゲーマーからの支持が厚いのも頷けます。


QuakeCon 2014で新生『DOOM』が初披露された直後の会場
(撮影禁止でオンラインストリーミングも行われなかった)
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

    『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  2. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  3. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

    初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  4. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  5. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

  6. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  7. 新作ハクスラ『Last Epoch』Steamにて4月30日早期アクセス開始!4つの時代を股にかけ運命に抗え

  8. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  9. 『アサシン クリード オデッセイ』DLC第2弾「アトランティスの運命」EP1は国内でも4月23日配信

  10. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

アクセスランキングをもっと見る

1
page top