『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も

2016年5月に発売され、オールドファンからも高い評価を得た新生『DOOM』ですが、その開発の舞台裏に迫るドキュメンタリーが海外で公開されています。

ニュース ゲーム業界
『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も
  • 『Doom 4』開発中止の理由も語られる海外インタビューが公開!―多数の未公開映像も

2016年5月に発売され、オールドファンからも高い評価を得た新生『DOOM』ですが、その開発の舞台裏に迫るドキュメンタリーが海外で公開されています。ドキュメンタリーの中では開発中止となった『Doom 4』にも言及。多数の未公開映像を披露しています。


『Doom 4』は地球を舞台にした全く異なる設定で、より映画的、より多くのストーリーやキャラクターを特色としていました。プロデューサーMarty Stratton氏によれば、『Doom 4』には信じられないほどの制作価値があったとしつつも、多くの人が期待する『Doom』らしさを感じられなかったとのことです。また、Stratton氏は“Call of Doom”のようであったとも認めるとともに、同作では序盤セクションでゾンビタイプの敵との戦いやカバーを含んでいたことを明らかにしています。


プロジェクトをキャンセルして再びやり直すというのはなかなか大変なことではありますが、それを見事にやり遂げた上にファンも納得するクオリティに仕上げたid Softwareの決断力や開発力は素晴らしいですね(それを支えたZeniMax Mediaも)。ゲーマーからの支持が厚いのも頷けます。


QuakeCon 2014で新生『DOOM』が初披露された直後の会場
(撮影禁止でオンラインストリーミングも行われなかった)
《RIKUSYO》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 19 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』いいねダンスでも有名な「ハイプ」エモートを巡り米ラッパーBlocBoy JBが提訴

    『フォートナイト』いいねダンスでも有名な「ハイプ」エモートを巡り米ラッパーBlocBoy JBが提訴

  2. ポストアポカリプス遊牧サバイバルMMO『Last Oasis』発表! 風力で動く歩行マシンも登場

    ポストアポカリプス遊牧サバイバルMMO『Last Oasis』発表! 風力で動く歩行マシンも登場

  3. 『バイオハザード RE:2』原作にない新モード「ゴーストサバイバーズ」の情報を初公開!―サブキャラ3人のサイドストーリー

    『バイオハザード RE:2』原作にない新モード「ゴーストサバイバーズ」の情報を初公開!―サブキャラ3人のサイドストーリー

  4. ファンタジーバトロワ『Realm Royale』オープンベータ突入!Discordゲームストアでも配信開始

  5. 「じゃんげま」も参加!グリーのファンコミュニティプラットフォーム「Fanbeats」がローンチ

  6. 『モンハン:ワールド』「アステラ祭【感謝の宴】」1月26日開催―『ウィッチャー3』コラボは2月8日から

  7. 「ドラゴンボール」新作ゲームは「Z」世界を舞台にしたアクションRPGに―続報は『DBFZ』世界大会で

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『エースコンバット7』UK売上チャートで2位獲得!同国でのシリーズ最大のローンチ

  10. 冒険家の人生描くオープンワールドRPG『Outward』がDeep Silverより発売決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top