Take-Twoが『Agent』の商標を再出願―2009年発表のスパイアクション新作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Twoが『Agent』の商標を再出願―2009年発表のスパイアクション新作

E3 2009で正式発表されて以来、状況不明となっているRockstar Games開発の新作スパイアクション『Agent』ですが、Take-Two Interactiveが2016年12月5日付で本作の商標を再出願していたことが明らかとなりました。

ニュース ゲーム業界
Take-Twoが『Agent』の商標を再出願―2009年発表のスパイアクション新作
  • Take-Twoが『Agent』の商標を再出願―2009年発表のスパイアクション新作

E3 2009で正式発表されて以来、状況不明となっているRockstar Games開発の新作スパイアクション『Agent』ですが、Take-Two Interactiveが2016年12月5日付で本作の商標を再出願していたことが明らかとなりました。

『Agent』の商標は元々“使用目的”で2013年7月18日に出願されました。米国の商標法では“使用目的”の場合、6ヶ月の間隔で5回までしか商標が延長できず、その後は商標が放棄されてしまうそうです。

2013年に登録された『Agent』の商標は、E3 2016直前に行われた延長で既に5回目に達しているためこのまま放棄される可能性があり、それに対する手段として今回の再出願が行われたと考えられています。これによりTake-Twoはさらに3年半『Agent』の商標を保持することができます。

今後『Agent』が日の目を見るかどうかは分かりませんが、商標を更新するということは少なくともプロジェクトがまだ生きていると言えるのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

    中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

  2. THQ Nordicが日本法人THQ Nordic Japan設立―日本市場でのビジネスを本格始動

    THQ Nordicが日本法人THQ Nordic Japan設立―日本市場でのビジネスを本格始動

  3. 『メタルマックス』の新世代を告げるティーザー映像を公開─世界はリアルに描かれ、“ポチ”も走る!

    『メタルマックス』の新世代を告げるティーザー映像を公開─世界はリアルに描かれ、“ポチ”も走る!

  4. ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  7. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  8. 『LoL』の新作格闘ゲーム「Project L」が開発中!【LoL10周年感謝祭】

  9. GOTYはゼルダ!「The Game Awards 2017」各部門受賞作品リスト【TGA 17】

  10. 『The Last of Us』ディレクターが同作のストーリーボツ案をついに披露、ミュージカル調のモーキャプ裏話も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top