『Saber Rider and the Star Sheriffs』Greenlight開始―『星銃士ビスマルク』が新作ゲームに? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Saber Rider and the Star Sheriffs』Greenlight開始―『星銃士ビスマルク』が新作ゲームに?

ゲーム文化 インディーゲーム

『Saber Rider and the Star Sheriffs』Greenlight開始―『星銃士ビスマルク』が新作ゲームに?
  • 『Saber Rider and the Star Sheriffs』Greenlight開始―『星銃士ビスマルク』が新作ゲームに?
  • 『Saber Rider and the Star Sheriffs』Greenlight開始―『星銃士ビスマルク』が新作ゲームに?
  • 『Saber Rider and the Star Sheriffs』Greenlight開始―『星銃士ビスマルク』が新作ゲームに?
  • 『Saber Rider and the Star Sheriffs』Greenlight開始―『星銃士ビスマルク』が新作ゲームに?

インディーデベロッパーTeam Saber Riderは、80年代日本アニメ『星銃士ビスマルク』の海外版をテーマにした、レトロゲーム風新作タイトル『Saber Rider and the Star Sheriffs』のSteam Greenlightキャンペーンを開始しています。


『Saber Rider and the Star Sheriffs』は、米国で非常に高い人気を持つこととなった『Voltron(百獣王ゴライオン)』と同じWorld Events Productionsによって輸出されました。多くの改変が行われていた『Voltron』同様に、本作でも原典『星銃士ビスマルク』では主人公チームの一員であった「Saber Rider(リチャード・ランスロット)」が主人公になる形で各種の改変と設定の再構成が行われています。


2010年にも一度ゲーム化が発表されていたり、近年ではアメコミとしてもリブートが行われるなど、カルトな人気を誇る『Saber Rider and the Star Sheriffs』。今回のゲームは、主人公チーム4人の内からキャラクターを選択し、8方向に弾を撃ち分けて進む横スクロールアクションが主体。


それに加えて、メカによる横スクロールシューティングパート、そして宇宙戦艦から可変する主役メカ「Ramrod(ビスマルク)」を用いて戦う、コックピット視点の巨大ロボ戦パートで構成されています。本作はPC/Mac/Linux/3DS版だけでなく、ドリームキャスト、そしてPCエンジン版も制作されるとのことです。



なお、本作の制作にあたって開発元であるTeam Saber Riderは、『星銃士ビスマルク』を手掛けたスタジオぴえろより、同作の当時の設定資料を受け取っているようで、日本のファンも安心して楽しむことができるのではないでしょうか。

『Saber Rider and the Star Sheriffs』のSteam Greenlightキャンペーンはこちらから。発売は2017年Q3を予定されています。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 一足先に『Fallout 76』を体験?な『Fallout 4』のModが登場!ー核の雨が降り注ぐ

    一足先に『Fallout 76』を体験?な『Fallout 4』のModが登場!ー核の雨が降り注ぐ

  2. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー

    『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー

  3. PayPalが学校銃乱射ゲーム『Active Shooter』販売元の口座を閉鎖、購入機能をロックー海外報道

    PayPalが学校銃乱射ゲーム『Active Shooter』販売元の口座を閉鎖、購入機能をロックー海外報道

  4. レースゲームの「ゴースト」を通して10年前に死んだ父と再会した青年

  5. チャットツール「Discord」にゲームランチャー機能が追加!フレンドタブからゲーム起動が可能に

  6. スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

  9. 『Risk of Rain 2』プレイ映像が到着!人気ローグライクACT続編が一年の沈黙を破る

  10. 凛々しくも美しい…『スカイリム』初となる女性ドラゴンボーンのスタチュー発売

アクセスランキングをもっと見る

page top