ドイツ産MMO『Tibia』が生誕20周年―最大の謎に到達したのは1人だけ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツ産MMO『Tibia』が生誕20周年―最大の謎に到達したのは1人だけ

ドイツのデベロッパーCipSoftは、同社の無料MMORPG『Tibia』が2017年1月7日に生誕20周年を迎えたことを発表。これまでの成長を描いた記念トレイラーを公開しました。

ニュース ゲーム業界
ドイツ産MMO『Tibia』が生誕20周年―最大の謎に到達したのは1人だけ
  • ドイツ産MMO『Tibia』が生誕20周年―最大の謎に到達したのは1人だけ

ドイツのデベロッパーCipSoftは、同社の無料MMORPG『Tibia』が2017年1月7日に生誕20周年を迎えたことを発表。これまでの成長を描いた記念トレイラーを公開しました。


大学の学生プロジェクトとして開発が始められた『Tibia』は1997年1月7日にローンチし、同年7月にアルファ1.0として初のパブリックな永続サーバーがセットアップされました。これまでに3,000万のユーザーアカウント登録が行われ、現在も成長を続けながら毎日100,000人以上のプレイヤーが本作を楽しんでいます。公式Facebookアカウントでは20年の統計をまとめたインフォグラフィックも公開中です。


CipSoftの共同創立者でありマネージングディレクターでもあるUlrich Schlott氏は「Tibiaはユニークなサクセスストーリーです」と語り、同じく共同創立者でマネージングディレクターStephan Vogler氏は「私たちの学生プロジェクトが非常に献身的なチームによってヒット作に成長したことを嬉しく思います。そして20年経った今もアイデアは尽きておらず、まだ何年もプレイヤーを引きつけ続けるだろうと確信しています」と付け加えています。

2016年1月公開のトレイラー

なお、本作にはレベルキャップが存在せず(ただしキャラクターが死亡すると経験値の大部分を失うとのこと)、2016年8月にプレイヤー“Kharsek”さんが初めて999レベルに到達しました。そして、10年ほど前に設置されて以来コミュニティの謎となっていた“999レベルのプレイヤーしか通れないドア”を遂にくぐり抜けましたが、彼はその先に何があったかを明かしていません。こうした謎の存在がプレイヤーを引きつけているのかもしれませんね。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

    『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  2. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

    『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  3. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  4. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  5. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  6. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  7. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  8. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  9. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

  10. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

アクセスランキングをもっと見る

1
page top