ドイツ産MMO『Tibia』が生誕20周年―最大の謎に到達したのは1人だけ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツ産MMO『Tibia』が生誕20周年―最大の謎に到達したのは1人だけ

ドイツのデベロッパーCipSoftは、同社の無料MMORPG『Tibia』が2017年1月7日に生誕20周年を迎えたことを発表。これまでの成長を描いた記念トレイラーを公開しました。

ニュース ゲーム業界
ドイツ産MMO『Tibia』が生誕20周年―最大の謎に到達したのは1人だけ
  • ドイツ産MMO『Tibia』が生誕20周年―最大の謎に到達したのは1人だけ

ドイツのデベロッパーCipSoftは、同社の無料MMORPG『Tibia』が2017年1月7日に生誕20周年を迎えたことを発表。これまでの成長を描いた記念トレイラーを公開しました。


大学の学生プロジェクトとして開発が始められた『Tibia』は1997年1月7日にローンチし、同年7月にアルファ1.0として初のパブリックな永続サーバーがセットアップされました。これまでに3,000万のユーザーアカウント登録が行われ、現在も成長を続けながら毎日100,000人以上のプレイヤーが本作を楽しんでいます。公式Facebookアカウントでは20年の統計をまとめたインフォグラフィックも公開中です。


CipSoftの共同創立者でありマネージングディレクターでもあるUlrich Schlott氏は「Tibiaはユニークなサクセスストーリーです」と語り、同じく共同創立者でマネージングディレクターStephan Vogler氏は「私たちの学生プロジェクトが非常に献身的なチームによってヒット作に成長したことを嬉しく思います。そして20年経った今もアイデアは尽きておらず、まだ何年もプレイヤーを引きつけ続けるだろうと確信しています」と付け加えています。

2016年1月公開のトレイラー

なお、本作にはレベルキャップが存在せず(ただしキャラクターが死亡すると経験値の大部分を失うとのこと)、2016年8月にプレイヤー“Kharsek”さんが初めて999レベルに到達しました。そして、10年ほど前に設置されて以来コミュニティの謎となっていた“999レベルのプレイヤーしか通れないドア”を遂にくぐり抜けましたが、彼はその先に何があったかを明かしていません。こうした謎の存在がプレイヤーを引きつけているのかもしれませんね。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『La-Mulana 1 & 2』が海外向けPS4/Xbox One/ニンテンドースイッチでリリースー北米は3月17日欧州は20日オセアニアは27日に

    『La-Mulana 1 & 2』が海外向けPS4/Xbox One/ニンテンドースイッチでリリースー北米は3月17日欧州は20日オセアニアは27日に

  2. シームレスなオープンワールドMMORPG『COREPUNK』発表―サイバーパンクからダークファンタジーまで様々なテーマが融合

    シームレスなオープンワールドMMORPG『COREPUNK』発表―サイバーパンクからダークファンタジーまで様々なテーマが融合

  3. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

    Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  4. 『バイオRE:2』売上がオリジナル版売上を突破!500万本達成

  5. 『バイオハザード RE:3』2020年4月3日発売!非対称対戦『PROJECT RESISTANCE』は『バイオハザード レジスタンス』として同時収録【UPDATE】

  6. 『C&C Remastered』オリジナル版開発会社の従業員がボイスを再収録―当時の録音テープ紛失のため

  7. セクハラ・パワハラで告発のDangen EntertainmentのCEO、Ben Judd氏が辞任―BitSummitからも離れる

  8. おとぎ話のような世界を自由に旅するTMORPG『Book of Travels』発表!『Shelter』シリーズ開発元新作【TGS2019】

  9. 「The Game Awards 2019」各部門ノミネート作品発表! 国産タイトルも多数選出

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

1
page top