『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

家庭用ゲーム Nintendo Switch

『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も
  • 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も
  • 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も
  • 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も
  • 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も
  • 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も
  • 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も
  • 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も
  • 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

任天堂は、2017年1月14日・15日に開催した「Nintendo Switch 体験会 2017」にて、Nintendo Switch『スプラトゥーン2』の新情報を公開しました。

『スプラトゥーン2』は、Wii U『スプラトゥーン』の続編となる対戦アクションゲームです。イカたちがさまざまなブキを使ってナワバリを奪い合うバトルはそのままに、新たなブキ・ギア・ステージなどが登場するゲーム内容になっています。


15日には『スプラトゥーン2』紹介ステージが実施され、本作の新たな要素の詳細が発表されました。ステージには“イカ研究員”ことプロデューサーの野上恒氏が登場。まず、野上氏は集まった多くのファンへ感謝を述べたのですが、ファンの歓声に涙ぐんでいるのか途中言葉に詰まっている様子も見受けられました。

◆ゲーム情報



さて、『スプラトゥーン2』の舞台は、前作のハイカラシティから2駅ほど離れた「ハイカラスクウェア」となります。前作から2年が経っているためギア(衣服)などは変化していますが、流行は変わらず4対4で陣地を奪い合うナワバリバトル。今回も白熱したバトルが楽しめるようです。


街のシンボルがカメとツルになっていたり、試合の判定をする「ジャッジくん」と一緒に登場する謎の子猫らしき存在がいたり、ステージに新たなギミックが登場していたりとさまざまな変化が盛り込まれているようですが、これらの詳細は追って発表されるようです。

■ブキの情報


そして、ステージには助手として佐藤慎太郎氏も登場。さまざまな操作やブキのデモンストレーションが行われました。基本的な操作は前作からそこまで変化していませんが、ブキやスペシャルウェポンはいろいろと進化しています。

●マニューバー

二丁拳銃のような「マニューバー」は、撃っている最中にスライドという高速移動ができるのが特徴。スライドすると二丁でひとつの方向を狙うので連射力が上昇しますが、硬直が発生するのが弱点となっています。なお、スライドはどの方向にも行うことが可能です。

●シューター

近・中距離を得意とする「シューター」は特に変更なし。オーソドックスに使いやすいブキとなっています。

●ローラー

「ローラー」は通常横に振りますが、ジャンプ中に攻撃すると縦振りになることが特徴。縦振りは射程が伸びるものの、範囲は狭くなります。なお、ローラー系列のブキには基本的にこの縦振りがついているとのこと。

●チャージャー

長距離が得意な「チャージャー」は、フルチャージした状態でイカになるとチャージ状態をキープしたまま移動できるチャージキープが追加されています。チャージキープの効果は2秒ほど。

■スペシャルウェポンの情報

●マルチミサイル

そして、スペシャルウェポンも新たなものに。「マルチミサイル」はカーソル中に捉えた相手にミサイルが飛んでいくというもの。ミサイルは追尾するうえ、当たれば一撃です。また、ロックオンする相手が多ければ多いほどミサイルの量が増えます。

●ハイパープレッサー

「ハイパープレッサー」は、インクをレーザーのように高圧で発射するスペシャルウェポン。撃っている最中に方向を変えることも可能で、速度は遅いものの壁を貫通します。

●ジェットパック

空を飛んで相手を攻撃できる「ジェットパック」はかなり強力ですが、チャージャーなどに撃ち抜かれやすいのが弱点。使い終わったあとは使い始めた場所に戻るため、戻り際を狙われることにも注意が必要です。

●スーパーチャクチ

そして「スーパーチャクチ」は見た目のインパクトがかなりのもの。これは着地した瞬間にインクの爆発を起こすというスペシャルウェポンで、スーパージャンプ中にも発動可能。寄ってきた相手を一気に倒すこともできます。

■サブウェポンウェポンの情報

●カーリングボム

さらにサブウェポンも新たなものが登場。「カーリングボム」は名前のとおり壁で反射するボムで、爆発する制限時間まで床を滑って進んでいきます。緑色のゲージが爆発するまでの制限時間となっており、投げる前に溜めることでいつ爆発するか調整することが可能です。

■プレイ動画


ブキやスペシャルウェポンの紹介を一通り終えたあとは、研究員たちが実際にバトルを行った動画が公開。それぞれのブキやスペシャルウェポンの特性をうまく活かして活躍しています。


こうしてステージは終了となりましたが、最後に野上氏から、前作に登場したアイドルユニット「シオカラーズ」の「アオリ」も本作に登場することが仄めかされました(「ホタル」に関してはPVで登場済み)。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『スプラトゥーン2』は2017年夏発売予定です。

(C) 2017 Nintendo

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』映画「プレデター」コラボが国内向けに発表!

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』映画「プレデター」コラボが国内向けに発表!

  2. 【吉田輝和のVR絵日記】『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』でおじさんが好き勝手放浪してみた

    【吉田輝和のVR絵日記】『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』でおじさんが好き勝手放浪してみた

  3. 『バイオハザード7』DLC「End of Zoe」インプレ―ゾイを救うため、超肉体派主人公が立ち上がる

    『バイオハザード7』DLC「End of Zoe」インプレ―ゾイを救うため、超肉体派主人公が立ち上がる

  4. 『とある魔術の電脳戦機』体験版が配信―15年ぶりシリーズ最新作を見逃すな!

  5. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』にプレデター参戦!―お前は生き残れるか?

  6. 『GRAVITY DAZE』『GRAVITY DAZE 2』手頃なBest Hitsとして再登場―また、空に落ちよう

  7. 『北斗が如く』が2018年3月8日に発売延期―更なるクオリティアップを図るため

  8. 『STAR WARS バトルフロントII』大型アップデート「The Last Jedi Season」配信開始!

  9. PS4/XB1/スイッチ版「Titan Quest」が海外発表、日本語含む11言語にテキスト対応か

  10. あの世界をVRで!『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』無料配信―Best Hits版も発売

アクセスランキングをもっと見る

page top