VRをワイヤレス化「Rivvr」海外向け予約開始―Oculus Rift/HTC Vive両対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

VRをワイヤレス化「Rivvr」海外向け予約開始―Oculus Rift/HTC Vive両対応

Sixa社はOculus Rift/HTC Vive双方に対応したワイヤレス化キット「Rivvr」を発表、予約を開始しています。

ゲーム機 VR
VRをワイヤレス化「Rivvr」海外向け予約開始―Oculus Rift/HTC Vive両対応
  • VRをワイヤレス化「Rivvr」海外向け予約開始―Oculus Rift/HTC Vive両対応
  • VRをワイヤレス化「Rivvr」海外向け予約開始―Oculus Rift/HTC Vive両対応

Sixa社はOculus Rift/HTC Vive双方に対応したワイヤレス化キット「Rivvr」を発表、公式サイトにて予約を開始しています。


この「Rivvr」は、先行して発表されている、HTC Vive専用に開発されたTPCast社のワイヤレス化キットと異なり、“全ての現代のVRヘッドセット”に対応するのが特徴で、現時点でもOculus Rift/HTC Viveの双方に対応しているとのことです。本機の映像の送受信は、2.4GHzもしくは5GHz帯のWi-Fiで、独自のアルゴリズムで圧縮したものを用いて仕組みとなっており、海外サイトTom's HardwareでのSixa社のインタビューによれば、現状では遅延は11ms、製品版では6msまで削減を見込んでいるようです。あくまでWi-Fi接続であるため、専用のトランスミッターなども要しないとのこと。

気になる価格は、HMDの後部につけるタイプのものが209ドル、ベルトにつけるタイプのものが199ドルとなっており、バッテリーも3時間用のバッテリーと6時間用のバッテリー(50ドル)が用意されている模様です。残念ながらこの予約では日本向けへの発送は行っていないようですが、気になる方は日本向けの販売が行われる日が来ることを期待しましょう。「Rivvr」の発送は2017年春の末に予定されています。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 低コストな全身VR(フルトラ)システム「VIVEトラッカー(Ultimate) 」が発売

    低コストな全身VR(フルトラ)システム「VIVEトラッカー(Ultimate) 」が発売

  2. NvidiaのRTX4090系列GPUが中国向け公式サイトから削除―現行トップクラススペックのRTX 6000Adaは未だラインナップ

    NvidiaのRTX4090系列GPUが中国向け公式サイトから削除―現行トップクラススペックのRTX 6000Adaは未だラインナップ

  3. 【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

    【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

  4. PS2/PS1本体でPS5/PS4/PS3用コントローラーが使える変換アダプタの発売日が決定!

  5. Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

  6. 去り行く「ILLUSION」に、『VRカノジョ』をプレイしながら敬礼! “とっておき”に触れた別れの夏

  7. 【PS4発売特集】スマホと連携!PlayStation Appで出来ることをチェック

  8. 沈黙が続いたレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の近況が報告―セガサターン新機能の予告も

  9. これがAVerMediaの“ゲーム配信ビッグ3”だ! ハイエンドなキャプチャ&マイク&Webカメラが共演する「現時点最強クラスのPS5ゲーム配信」 環境を体験

  10. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

アクセスランキングをもっと見る

page top