Epic Games開発の新作MOBA『Paragon』2017年の計画を報告―2016年の統計も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Epic Games開発の新作MOBA『Paragon』2017年の計画を報告―2016年の統計も

Epic Gamesは、現在PC及び海外PS4向けにオープンベータを実施している新作MOBAゲーム、『Paragon』の2017年の計画を明らかにしました。

ニュース ゲーム業界
Epic Games開発の新作MOBA『Paragon』2017年の計画を報告―2016年の統計も
  • Epic Games開発の新作MOBA『Paragon』2017年の計画を報告―2016年の統計も
  • Epic Games開発の新作MOBA『Paragon』2017年の計画を報告―2016年の統計も
オープンベータ開始時のトレイラー

Epic Gamesは、現在PC及び海外PS4向けにオープンベータを実施している新作MOBAゲーム、『Paragon』の2017年の計画を明らかにしました。早期アクセス開始時(2016年3月)からの統計情報も報告されています。

    2016年の統計
  • 現在の登録プレイヤーは570万人。
  • 2016年中に25人のヒーローをリリース。
  • 2016年3月以来、132のアップデートを実施。
  • ドラフトモード、マッチメイキングの改善、カードクラフトなど多数の機能を導入。
  • 新マップや新バランスを特色とする新たな『Paragon』、「Monolith」が登場。
  • 「Monolith」リリース前の11月には650,000人だったアクティブプレイヤーが、1月には832,000人に。毎週44%多くのプレイヤーがプレイしている。
  • 「Monolith」リリース以来、降伏でのマッチ終了は17%減少している。これをさらに減らすため作業を続けている。

「Monolith」アップデート紹介映像

    今後の計画

    ◆新たなレンジヒーロー
    2016年は「Monolith」のローンチおよびホリデーシーズンを除き、3週間ごとにヒーローをリリースしてきた。2017年にも再び新ヒーローをリリース。これまで意図せずメレーヒーローが連続してしまったが、4月からはレンジヒーローをはじめ、リリースされるロールの種類を交代でバランスを良くする。



    ◆全く新しいカードシステムと新しいゲームモード
    既存のカードシステムには多くの欠陥があり、約束通りに提供されていないため再設計を行っている。詳細はまだ明かせないが、全面的に見直している。目標はカードの価値を高めてゲームプレイに影響を与え、明快さと使いやすさを向上すること。

    『Paragon』に多くの楽しみと新しい次元をもたらす2つの実験と開発を持っている。1つのモードはPvPで、20分以内にプレイできる短縮バージョン。それは現在のPvPモードとは根本的に異なる。もう1つはPvEのCo-opモード。

    これらは小規模で始まり、成長と変更を行っていく。非常に実験的なものであるため、フィードバックや学習の過程ですべてが変化し、進化する可能性もある。時期は未定。

    ◆現在開発中の新要素
    今後数週間、数ヶ月間でリリース予定の新機能。

  • マッチメイキングシステムV2。完全に新しい。
  • 多くのバランスが変化。継続的な改善の間には間違いを犯す可能性もある。
  • バナー: 全てのキルにプレイヤーの署名を追加(スクリーンショットや映像はまもなく公開)。実験段階ではあるがクール。
  • 新しいスキンとスキンのバリエーション: スキンをさらに追加予定。ほぼすべてのスキンでバリエーションを増やすことができる新システムを提供。
  • ヒーローマスタリーの改良。より多くのコンテンツ、より多くのプログレッション、そしてヒーロー最大レベルにまで高めるより多くのリワード。
  • ルートクレート: 次の数ヶ月間でより多くの戦利品(より多様な)がクレートに封入される。
  • ヒーローのリワーク: 古いヒーローを新キットとバランスで調整。



  • ◆コンペティティブ・プレイ
    コンペティティブ・プレイを急いで作ることはできないと確信している。ゲームが実際にコンペティティブである前にランキング、イベント、トーナメントを進めることはない。

    Epic Gamesの指針は『Paragon』の準備ができるまでプレイヤーと協力すること。2017年上半期に段階的にコンペティティブ・プレイを展開して改善していく予定。その後、ハードコアなコンペティティブゲームプレイでバランスの取れたランクドモードを提供する。

    イベントとコンペティションはParagon Invitationalsに移行するコンペティティブイベントからスタート。また、様々な地域やスキルレベルのプレイヤーを対象にした賞金付きイベントも計画。プロだけでなく誰もが競争できるようにしたい。詳細は今後数カ月にわたって公開予定。



    ◆コミュニティの成長
    現在はマーケティングに殆ど費やしておらず、『Paragon』は口コミで成長を続けている。年内のいつか、ゲームが完成した際にはより多くのプレイヤーに言葉を伝え、コミュニティの成長を助けることを計画している。チームの目標はそれをずっとずっと大きくすること。

Epic Gamesは『Paragon』がプレイヤーのお陰で存在できていると伝え、早期アクセスでFounder's Packを購入した人、プレイしてフィードバックを提供してくれた人など、ゲームをポートするすべての人々への感謝の言葉を述べています。
《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『GOD EATER』『フリーダムウォーズ』開発スタッフの新作『Project Shaz』にトレパク疑惑―公式が謝罪、経緯を説明

    『GOD EATER』『フリーダムウォーズ』開発スタッフの新作『Project Shaz』にトレパク疑惑―公式が謝罪、経緯を説明

  2. CoD最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』は2022年10月28日に発売!

    CoD最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』は2022年10月28日に発売!

  3. 【Amazon】PS5の純正コントローラーやヘッドセットが1,000円以上お得になるセール「Days of Play 2022」開催中!

    【Amazon】PS5の純正コントローラーやヘッドセットが1,000円以上お得になるセール「Days of Play 2022」開催中!

  4. PlayStation期間限定セール「Days of Play」開催!『Ghostwire: Tokyo』や『サイバーパンク2077』も半額

  5. 『GOD EATER』『フリーダムウォーズ』クリエイターによる『Project Shaz』発表!多人数マルチプレイを実現する新作

  6. 『パタポン』開発スタッフらの新作『Project JabberWocky』発表!可愛いキャラたちが織りなす“リズムACT”

  7. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  8. 無料配布から始める『Dead by Daylight』。初心者はまずこれ覚えて!

  9. 政治シミュレーションゲーム『Democracy 4』日本語対応!50%オフセールも実施中

  10. 『FF7 リメイク』がSteamにも登場か? データベースサイトにタイトルの登録が確認される

アクセスランキングをもっと見る

page top