約10年前の発売時から存在した『Team Fortress 2』のバグが遂に修正! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

約10年前の発売時から存在した『Team Fortress 2』のバグが遂に修正!

PC Windows

約10年前の発売時から存在した『Team Fortress 2』のバグが遂に修正!
  • 約10年前の発売時から存在した『Team Fortress 2』のバグが遂に修正!
  • 約10年前の発売時から存在した『Team Fortress 2』のバグが遂に修正!
  • 約10年前の発売時から存在した『Team Fortress 2』のバグが遂に修正!

2月14日に行われた『Team Fortress 2』の最新アップデートにおいて、約10年前の発売時(※)から存在していたと言われるヒットボックスのバグが遂に修正されたようです。

(※)当時は有料タイトルで、Free-to-Playになったのは2011年から。


TF2 Classic」Modの開発者が発見、Valveに報告したこのバグは、クライアントとサーバーのヒットボックスが同期しなくなってしまうというもの。サーバーに接続し、スカウト/ヘビー/スナイパーのいずれかをプレイした後に、ソルジャー/パイロ/デモマン/エンジニア/メディック/スパイのいずれかをプレイすると(その逆も)、サーバーサイドのヒットボックスアニメーションがおかしくなるそうです。

実際のモデルとヒットボックスのアニメーションが一致しなくなる

モデルに適用されているポーズパラメーターの順序が、ソルジャー/パイロ/デモマン/エンジニア/メディック/スパイと、スカウト/ヘビー/スナイパーで若干異なっているのがバグの原因とのことで、Co-opモードの“Mann vs. Machine”に登場するロボットのモデルではそれがさらに顕著となります。


発見者のsigsegv氏によれば、このバグは一行のコードを直すだけで解決するのだとか。たった1行のミスにより、この10年間で一体どれだけのミスショット/理不尽なヒットが生まれたのでしょうか…。ちなみに、重大なバグの報告者にはインゲームアイテムの“Finder's Fee”が贈られますが、sigsegv氏は既に3つのFinder's Feeを所有しています。

《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. アイドル洋ゲー『Shining Song Starnova』が色々キワドイ―「例のプール」も?

    アイドル洋ゲー『Shining Song Starnova』が色々キワドイ―「例のプール」も?

  2. 『Dead by Daylight』に満を持して女性殺人鬼が実装へ

    『Dead by Daylight』に満を持して女性殺人鬼が実装へ

  3. ゾンビパルクール『Dying Light‏』無料DLCが海外PC向けに配信―家庭用版は9月

    ゾンビパルクール『Dying Light‏』無料DLCが海外PC向けに配信―家庭用版は9月

  4. 『PUBG』7月度アップデートの内容一部発表―新衣装が大量追加!課金箱もテスト実装

  5. 人気シリーズ初のアクションがSteamに!『Fate/EXTELLA』Steam配信開始、日本語も収録

  6. PC自作シム『PC Building Simulator』が今秋Steam配信!―新トレイラーも披露

  7. カルト教団運営シム『The Shrouded Isle』が8月にSteam配信!―ローンチトレイラー公開

  8. 魔法サンドボックスRPG『Citadel: Forged with Fire』発表!―『Slender: The Arrival』開発元新作

  9. 『Dead by Daylight』新チャプター「SPARK OF MADNESS」が近日配信!

  10. 『Warcraft III』の新たな展開?海外インタビューにてBlizzardが回答

アクセスランキングをもっと見る

page top