ポケモンは公園に立入禁止?米公園が『ポケモンGO』AR配置に「許可料」求める | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ポケモンは公園に立入禁止?米公園が『ポケモンGO』AR配置に「許可料」求める

海外メディアの報道より、米国ウィスコンシン州ミルウォーキー郡が、同郡ミルウォーキー公園における『ポケモンGO』ゲームプレイに対する新たな条例を提出したと伝えられています。

アプリゲーム iOS
ポケモンは公園に立入禁止?米公園が『ポケモンGO』AR配置に「許可料」求める
  • ポケモンは公園に立入禁止?米公園が『ポケモンGO』AR配置に「許可料」求める
海外メディアの報道より、米国ウィスコンシン州ミルウォーキー郡が、同郡ミルウォーキー公園における『ポケモンGO』ゲームプレイに対する新たな条例を提出したと伝えられています。

the escapistによれば、ミルウォーキー公園は『ポケモンGO』AR要素の表示などに事前許可を必要とする可能性があるとのことで、ナイアンティックに対して「100ドルから1,000ドルの利用許可料金」を要求する見込みです。同公園は『ポケモンGO』の爆発的人気を受けており、「利用許可料金」は大勢の来園者を迎えることになる公園のメンテナンスなどに用いられると見られています。

また、米国イリノイ州では、ARゲームが同州区域の対象外となるよう要求する法案が提出されているとのこと。昨年まで社会現象と化すほどの大きな盛り上がりを見せてきた『ポケモンGO』ですが、同作を含むARゲームを巡る法整備は今後も続く可能性が高いものと見られます。
《subimago》

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 「Steamリンク」iOS版アプリがついに登場!iPhoneでもリモートでSteamゲームが楽しめる

    「Steamリンク」iOS版アプリがついに登場!iPhoneでもリモートでSteamゲームが楽しめる

  2. 『リーグ・オブ・レジェンド』のモバイル版がテンセントとRiot Gamesにより開発中―海外メディア報道

    『リーグ・オブ・レジェンド』のモバイル版がテンセントとRiot Gamesにより開発中―海外メディア報道

  3. 『Call of Duty: Mobile』クラス制や蘇生ありFPS/TPS両対応などバトルロイヤルモードの内容が初公開

    『Call of Duty: Mobile』クラス制や蘇生ありFPS/TPS両対応などバトルロイヤルモードの内容が初公開

  4. 『オートチェス』Android日本語対応版がGoogle Playでリリース!

  5. 『マリオカート ツアー』クローズドβ参加者募集を開始―テスト開催は5月22日から

  6. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

  7. 『Vainglory』5v5アーリーアクセスハンズオン―好戦的かつハイスピードな5v5が楽しめる

  8. スーパースターが戦士と化す!『WWE Immortals』がモバイル向けに配信 ― カード収集型格闘ゲーム

  9. iOS版『シヴィライゼーション VI』の拡張パックが期間限定無料配布!ゲーム本体も通常7,200円が1,800円に

  10. iOS向けにブラッシュアップされた『Civilization Revolution 2』インプレッション

アクセスランキングをもっと見る

1
page top