ポケモンは公園に立入禁止?米公園が『ポケモンGO』AR配置に「許可料」求める | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ポケモンは公園に立入禁止?米公園が『ポケモンGO』AR配置に「許可料」求める

海外メディアの報道より、米国ウィスコンシン州ミルウォーキー郡が、同郡ミルウォーキー公園における『ポケモンGO』ゲームプレイに対する新たな条例を提出したと伝えられています。

アプリゲーム iOS
ポケモンは公園に立入禁止?米公園が『ポケモンGO』AR配置に「許可料」求める
  • ポケモンは公園に立入禁止?米公園が『ポケモンGO』AR配置に「許可料」求める
海外メディアの報道より、米国ウィスコンシン州ミルウォーキー郡が、同郡ミルウォーキー公園における『ポケモンGO』ゲームプレイに対する新たな条例を提出したと伝えられています。

the escapistによれば、ミルウォーキー公園は『ポケモンGO』AR要素の表示などに事前許可を必要とする可能性があるとのことで、ナイアンティックに対して「100ドルから1,000ドルの利用許可料金」を要求する見込みです。同公園は『ポケモンGO』の爆発的人気を受けており、「利用許可料金」は大勢の来園者を迎えることになる公園のメンテナンスなどに用いられると見られています。

また、米国イリノイ州では、ARゲームが同州区域の対象外となるよう要求する法案が提出されているとのこと。昨年まで社会現象と化すほどの大きな盛り上がりを見せてきた『ポケモンGO』ですが、同作を含むARゲームを巡る法整備は今後も続く可能性が高いものと見られます。
《subimago》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. モバイル版『Fallout Shelter』アップデートで実写版ドラマ「フォールアウト」関連のコンテンツ登場!

    モバイル版『Fallout Shelter』アップデートで実写版ドラマ「フォールアウト」関連のコンテンツ登場!

  2. アプリストアの「異変」に気を付けて…!偽物の『8番出口』スマホ版登場―作者も直接注意喚起

    アプリストアの「異変」に気を付けて…!偽物の『8番出口』スマホ版登場―作者も直接注意喚起

  3. Vault運営SLG続編『Fallout Shelter Online』iOS/Android向けに日本語対応/基本無料で配信開始!

    Vault運営SLG続編『Fallout Shelter Online』iOS/Android向けに日本語対応/基本無料で配信開始!

  4. 『原神』iOS版の課金アイテムが価格改定―創世結晶や天空紀行など、全体的な値下げへ

  5. Android版『ロマサガ2』は非公式ながら物理コントローラーに対応

  6. 『バイオハザード RE:4』や『アサシン クリード ミラージュ』がiPhone 15 Pro向けに発売!最新ゲームをiPhoneで

  7. 名作ARPGの買い切りモバイル新装版―日本語対応『‎Titan Quest: Ultimate Edition』11月28日発売!トレイラー公開

  8. 『デビルメイクライ』中国の開発スタジオが公式モバイル向けタイトルを発表ー海外メディア

  9. 『DaD』モバイル版『Dark and Darker Mobile』コンセプトが詰まったファーストトレイラー公開!2024年にグローバルリリース予定

アクセスランキングをもっと見る

page top