『ポケモンGO』コミュニティマネージャーに殺害予告―ストライキや署名活動など、リモートレイドパス変更による荒波が止まない | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポケモンGO』コミュニティマネージャーに殺害予告―ストライキや署名活動など、リモートレイドパス変更による荒波が止まない

リモートレイドパスの仕様を元に戻すよう署名活動まで行われています。

ゲーム文化 カルチャー
『ポケモンGO』コミュニティマネージャーに殺害予告―ストライキや署名活動など、リモートレイドパス変更による荒波が止まない
  • 『ポケモンGO』コミュニティマネージャーに殺害予告―ストライキや署名活動など、リモートレイドパス変更による荒波が止まない
  • 『ポケモンGO』コミュニティマネージャーに殺害予告―ストライキや署名活動など、リモートレイドパス変更による荒波が止まない

位置情報ゲーム『ポケモンGO』のアイテム“リモートレイドパス”の仕様が変更されたことに対し、コミュニティの一部が猛烈に反発。署名活動が行われているほか、殺害予告にまで発展しているようです。

リモートレイドパスは、実際にその場所へ行くことなく(文字通りリモートで)レイドと呼ばれる協力バトルコンテンツに参加するためのアイテムです。3月31日にはリモートレイドパスの値上げと一日の使用回数に制限が設けられることが発表されました。

これを受けてコミュニティの一部は反発。ゲームを一時プレイしないよう呼びかけるストライキや、この変更を中止するよう求める署名活動も行われ、本稿執筆時点で47,683もの署名が集まっています。

さらに、本作を手掛けるNiantic(ナイアンテック)にてコミュニティマネージャーを担うタイラー氏は、自身のTwitterで殺害予告を受けたことを報告し「これは私の個人的なソーシャルアカウントです。私はユーザーの声をチェックしていますが、オフィシャルなコミュニケーションではありません。フィードバックは建設的にお願いします。」と述べています。

この変更によってゴールデンタイムに遊べないプレイヤーや、現地へ赴くことが難しい状況に置かれているプレイヤーが不利になることは事実です。とはいえ、越えてはいけないラインは考えなくてはなりません。批判が真っ当とて、方法を間違えれば全てが無に帰すことは明白です。

リモートレイドパスに関するアップデートは日本時間2023年4月7日(金)午前3時に予定されています。このまま実装されるのか、ユーザーの活動が功を奏するのか、注目が集まります。


《Okano》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. サーバーの電源ケーブルを抜線しなければいけないほど…「ニコニコ」へのサイバー攻撃の苛烈さが調査報告より明らかに

    サーバーの電源ケーブルを抜線しなければいけないほど…「ニコニコ」へのサイバー攻撃の苛烈さが調査報告より明らかに

  2. MMO版『ボーダーランズ』はアリ?ナシ?Gearbox創設者がアンケート実施

    MMO版『ボーダーランズ』はアリ?ナシ?Gearbox創設者がアンケート実施

  3. トラブルの匂いを漂わせながらノベルゲーム開発ソフト「Polaris Engine(旧Suika2)」サイトが一時消失……フリーゲーム開発者らに衝撃走る

    トラブルの匂いを漂わせながらノベルゲーム開発ソフト「Polaris Engine(旧Suika2)」サイトが一時消失……フリーゲーム開発者らに衝撃走る

  4. 新展開か?音だけADV『リアルサウンド~風のリグレット~』出演声優探してます―飯野賢治氏の妻が告知

  5. ああわが青春のニコニコ動画再び…2007年人気だったゲーム動画を「ニコニコ動画(Re:仮)」で振り返ろう

  6. ムチムチの太ももが蓋を抑えてくれる!水着姿が眩しい「ライザ」ぬーどるストッパーフィギュアが登場

  7. ZETA DIVISIONが再び「オーバーウォッチ部門」設立を発表!Fearless、Viol2tら計7名の強豪プレイヤーが加入へ

  8. オープンワールドファンタジーRPG『The Wayward Realms』Kickstarter目標額の約7,850万円を12日間で達成!

  9. 全高約53cm、大型造型ならではの極上クオリティ!『ダークソウル』「アルトリウス」スタチューが再生産&予約受付中

  10. 大掛かりすぎない…?多忙なパパさんやりこみゲーマーが編み出した『ペーパーマリオRPG』自動レベル上げ装置とは

アクセスランキングをもっと見る

page top