WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用

インディーデベロッパーAnchor Studiosは、新作ホラータイトル『See Light』をSteam Greenlightに登録し、トレイラーを公開しています。

ゲーム文化 インディーゲーム
WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用
  • WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用
  • WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用
  • WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用
  • WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用

インディーデベロッパーAnchor Studiosは、新作ホラータイトル『See Light』をSteam Greenlightに登録し、トレイラーを公開しています。

Unreal Engine 4で制作されている本作は、一人称視点で進行するストーリー主導のホラータイトル。動画説明文や、Steam Greenlightページによると、メインキャラクターは、沈没した第二次世界大戦時の潜水艦を探し求める研究チームの有能な潜水艦技術者とのこと。



また、本作はオープンワールドを採用しており、暗い海の中を探索できるほか、アクションやサバイバル要素も搭載されているようです。トレイラーに、戦闘シーンなどは映されていませんが、潜水服を纏っての探索が確認できます。


シングルプレイヤー用向けタイトルとして開発中の『See Light』はPCを対象に、海外で2017年Q4ごろ配信予定です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. VRアプリ『札束風呂VR』のインディー開発者がSteam販売データ公開―セールなどに関する興味深い内容も

    VRアプリ『札束風呂VR』のインディー開発者がSteam販売データ公開―セールなどに関する興味深い内容も

  2. 「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

    「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

  3. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

    キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

  4. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  5. Steam「春の大掃除」イベントスタート! 積もりに積もったゲームを消化しよう

  6. 『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 「EA PLAY 2019」では『Apex Legends』シーズン2だけでなくグッズ情報なども公開予定

  9. 実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督がソニックのデザイン変更を約束―多くの声を受けて

  10. ニンジャスレイヤー=サン参戦!『AREA 4643』v1.1アップデート配信―出撃しなさい

アクセスランキングをもっと見る

1
page top