米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ

海外メディアGamasutraは、移民政策の変更によってアメリカの非移民プログラマーが使用する就労ビザ「H-1B」の資格が拒否されるおそれがある、と報じています。

ゲーム文化 カルチャー
米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ
  • 米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ
海外メディアGamasutraは、移民政策の変更によってアメリカの非移民プログラマーが使用する就労ビザ「H-1B」の資格が拒否されるおそれがある、と報じています。

同メディアによると、アメリカ移民局(US Citizen and Immigration Services)が発行した政策覚書により、プログラマーがH-1Bビザで米国で働くことが難しくなるおそれがあるとのこと。通常、H-1Bビザがあれば、プログラマーが高度な技術的役割を果たせる場合に限り、アメリカの企業は外国人労働者(非移民)を雇えます。

以前のガイドラインでは、プログラマーは専門職として認められていましたが、海外従業員を雇う企業は、そのプログラマーが専門的かつエントリーレベルを超えているという証拠を提示しなければなりません。とはいえ、必ず「H-1B」ビザが拒否されると決まったわけではないそうです。

なお、こちらでは、移民局が3月31日付で公開した覚書(英語)が確認できます。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「東京ゲームショウ 2018」ビジネスデイ開幕!出展社数は668の圧倒的過去最大規模【TGS2018】

    「東京ゲームショウ 2018」ビジネスデイ開幕!出展社数は668の圧倒的過去最大規模【TGS2018】

  2. 『PUBG』あのフライパンがグッズに…!?オンラインショップにて公式グッズが販売開始!―TGSの物販でも販売

    『PUBG』あのフライパンがグッズに…!?オンラインショップにて公式グッズが販売開始!―TGSの物販でも販売

  3. ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果

    ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果

  4. YouTube、ゲーミング機能「YouTube Gaming」を本体に統合…専用アプリは2019年3月終了へ

  5. Ninjaが海外大手スポーツ誌「ESPN The Magazine」表紙を飾る!プロゲーマー初の快挙

  6. 参加型e-Sportsイベント「TGSでFORTNITE、PS4で遊ばナイト」開催決定!―有名プレイヤーと組んで一位を目指せ

  7. 激アツコラボ!『Borderlands 2』で『SUPERHOT』な体験ができるModの最新トレイラー公開―Mod自体も近日中に公開予定

  8. 『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 『フォートナイト』に突如現れた「キューブ」なぜか1時間43分ごとに移動中―目的地はいったいどこ?

アクセスランキングをもっと見る

page top