米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ

海外メディアGamasutraは、移民政策の変更によってアメリカの非移民プログラマーが使用する就労ビザ「H-1B」の資格が拒否されるおそれがある、と報じています。

ゲーム文化 カルチャー
米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ
  • 米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ
海外メディアGamasutraは、移民政策の変更によってアメリカの非移民プログラマーが使用する就労ビザ「H-1B」の資格が拒否されるおそれがある、と報じています。

同メディアによると、アメリカ移民局(US Citizen and Immigration Services)が発行した政策覚書により、プログラマーがH-1Bビザで米国で働くことが難しくなるおそれがあるとのこと。通常、H-1Bビザがあれば、プログラマーが高度な技術的役割を果たせる場合に限り、アメリカの企業は外国人労働者(非移民)を雇えます。

以前のガイドラインでは、プログラマーは専門職として認められていましたが、海外従業員を雇う企業は、そのプログラマーが専門的かつエントリーレベルを超えているという証拠を提示しなければなりません。とはいえ、必ず「H-1B」ビザが拒否されると決まったわけではないそうです。

なお、こちらでは、移民局が3月31日付で公開した覚書(英語)が確認できます。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. たしかになくはない…『Apex Legends』オクタンと『タイタンフォール2』ガントレットスピードランナーがある仮説で繋がる

    たしかになくはない…『Apex Legends』オクタンと『タイタンフォール2』ガントレットスピードランナーがある仮説で繋がる

  2. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  3. 小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

    小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

  4. 『タイタンフォール2』ガントレットのタイムアタック世界記録が更新―グレネードを使う仰天テクニック

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  7. 世界をまるごと作り変えた『スカイリム』大型Mod『Enderal: Forgotten』Steam配信日決定!

  8. Twitch主催『Apex Legends』初の公式大会でNinja率いるチームが優勝

  9. YouTube、ゲーミング機能「YouTube Gaming」を本体に統合…専用アプリは2019年3月終了へ

  10. shroudが「Cloud9」離脱―『CS:GO』競技シーンから正式にリタイア

アクセスランキングをもっと見る

1
page top