米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ

海外メディアGamasutraは、移民政策の変更によってアメリカの非移民プログラマーが使用する就労ビザ「H-1B」の資格が拒否されるおそれがある、と報じています。

ゲーム文化 カルチャー
米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ
  • 米プログラマーの特定ビザが移民政策の変更で無効になるおそれ
海外メディアGamasutraは、移民政策の変更によってアメリカの非移民プログラマーが使用する就労ビザ「H-1B」の資格が拒否されるおそれがある、と報じています。

同メディアによると、アメリカ移民局(US Citizen and Immigration Services)が発行した政策覚書により、プログラマーがH-1Bビザで米国で働くことが難しくなるおそれがあるとのこと。通常、H-1Bビザがあれば、プログラマーが高度な技術的役割を果たせる場合に限り、アメリカの企業は外国人労働者(非移民)を雇えます。

以前のガイドラインでは、プログラマーは専門職として認められていましたが、海外従業員を雇う企業は、そのプログラマーが専門的かつエントリーレベルを超えているという証拠を提示しなければなりません。とはいえ、必ず「H-1B」ビザが拒否されると決まったわけではないそうです。

なお、こちらでは、移民局が3月31日付で公開した覚書(英語)が確認できます。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  2. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  3. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

    カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  4. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  5. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  6. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  7. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  8. 『フォートナイト』プロプレイヤー協会が発足―2019世界王者含む北米・欧州の計16選手で構成

  9. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top