ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

ソニーは、公式サイトにて、2016年度連結業績(2016年4月1日~2017年3月31日)を発表しています。

ニュース 発表
ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益
  • ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益
ソニーは、2016年度連結業績(2016年4月1日~2017年3月31日)を発表しています。

2016年度の売上高及び営業収入は、前年度比6.2%減少し、7兆6,033億円となりましたが、主に為替の影響によるもの。また、営業利益は、前年度比55億円減少し、2,887億円、税引前利益は、前年度に比べ529億円減少して2,516億円、純利益は、前年度に比べ745億円減少し、733億円となりました。

しかしながら、同社ゲーム&ネットワークサービス分野だけに注目してみると、売上高は、前年度比6.3%増加し、1兆6,498億円(前年度の為替レートを適用した場合、16%の増収)。2016年度では、為替の影響やPS4の価格改定の影響などがありましたが、主にネットワークを通じた販売を含むPS4ソフトの増収及びハードウェアの増収により、分野全体で増収となりました。

また、同分野の営業利益も前年度比469億円増加し、1,356億円となりました。こちらでは、PS4の価格改定の影響やPS3用ソフトの減収の影響があったものの、PS4のコスト削減、及び前述のPS4ソフトの増収の影響などにより、大幅な増益も達成しています。「2016年度 連結業績概要」によれば、当年度中のPS4普及台数は2,000万台に到達しているとのことです。

なお、グループ全体は、2017年度見通しを、売上高及び営業収入が8兆円、営業利益が5,000億円、税引前利益が4,700億円、純利益が2,550億円としており、今回発表された2016年度よりも大幅な増収増益を見込んでいます。
インサイド

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『原神』スペシャルサンクストレイラーを公開―10月30日には「迫る客星Ver.1.1予告番組」も放送予定

    『原神』スペシャルサンクストレイラーを公開―10月30日には「迫る客星Ver.1.1予告番組」も放送予定

  2. Steamにて「2020年ハロウィンセール」がスタート! ホラー系ゲームが最大90%オフ

    Steamにて「2020年ハロウィンセール」がスタート! ホラー系ゲームが最大90%オフ

  3. Epic Gamesストアにて映画原作のサイコホラー『Blair Witch』オリジナルメンバーも登場する『Ghostbusters:The Video Game Remastered』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて映画原作のサイコホラー『Blair Witch』オリジナルメンバーも登場する『Ghostbusters:The Video Game Remastered』期間限定無料配信開始

  4. ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

  5. 「PlayStation Store」リニューアル開始!スッキリとした新デザインに

  6. PSストア刷新が告知!PSP/PS3/PSVitaタイトルがPC/モバイルから購入不可に―お気に入りも廃止【UPDATE】

  7. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  8. あらゆる物をぶっ壊せる強盗ACT『Teardown』発表! 目標までの最短ルートを開拓

  9. 『オクトパストラベラー』スイッチ/Steamで半額セール!―『大陸の覇者』リリース直前を記念して

  10. 名作RTSリマスター『AoE3:Definitive Edition』発売日決定―新しい文明の追加も

アクセスランキングをもっと見る

page top