『GTA V』は全世界で7,500万本以上を出荷―『GTA Online』の好調が後押しか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA V』は全世界で7,500万本以上を出荷―『GTA Online』の好調が後押しか

Take-Two Interactiveは、投資家向けに行った同社の2017会計年度第3四半期(2017年3月31日に終了)業績報告において、Rockstar Games手がけるオープンワールドアクションゲーム『Grand Theft Auto V』が、全世界で7,500万本以上出荷されたことを明らかにしました。

ニュース ゲーム業界
『GTA V』は全世界で7,500万本以上を出荷―『GTA Online』の好調が後押しか
  • 『GTA V』は全世界で7,500万本以上を出荷―『GTA Online』の好調が後押しか
  • 『GTA V』は全世界で7,500万本以上を出荷―『GTA Online』の好調が後押しか

Take-Two Interactiveは、投資家向けに行った同社の2017会計年度第3四半期(2017年3月31日に終了)業績報告において、Rockstar Games手がけるオープンワールドアクションゲーム『Grand Theft Auto V』が、全世界で7,500万本以上出荷されたことを明らかにしました。2016年11月の報告では7,000万本と伝えられていたので、過去3ヶ月で約500万本を出荷したこととなります。

『WWE 2K17』『NBA 2K17』『Sid Meier's Civilization VI』とともに今期における最大の貢献者として挙げられている『Grand Theft Auto V』ですが、本作のオンラインモードである『Grand Theft Auto Online』の好調も影響を与えているようで、前年度第3四半期から64%増となったデジタル配信の純収益(2億4,020万ドル)のうち、反復的な消費者支出(仮想通貨、少額課金、DLC)が39%を占めているそうです。


2013年にPS3/Xbox 360で発売され、2014年にはPS4/Xbox One、2015年にはPCでも発売された『Grand Theft Auto V』。本作は初登場から約3年が経過しているものの勢いは衰えておらず、米国の2016年売り上げランキングでは6位にランクインしていました。

また、『Grand Theft Auto Online』は2016年12月にプレイヤー数が過去最高に達したことが報告。今後もさらなる無料コンテンツの配信が予定されており、本作の存在感は増していきそうです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. AMD、「Zen2」コアを使用した第3世代「Ryzen」や新型GPU「Radeon RX 5700」を発表

    AMD、「Zen2」コアを使用した第3世代「Ryzen」や新型GPU「Radeon RX 5700」を発表

  2. 『Dead by Daylight』日本公式Twitterが開設!

    『Dead by Daylight』日本公式Twitterが開設!

  3. SUDA51『トラヴィス ストライクス アゲイン: ノーモア ヒーローズ』 PS4/Steam版が国内発表

    SUDA51『トラヴィス ストライクス アゲイン: ノーモア ヒーローズ』 PS4/Steam版が国内発表

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. WHO「ゲーム障害」含む国際疾病分類第11版を正式合意―業界団体は再検討求める

  6. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  7. 「State of Play」で『FF7』リメイク版の新情報が発表!続報は6月に【UPDATE】

  8. 蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

  9. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  10. 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」出演者の役名解禁!山寺宏一さんは「スラりん」担当

アクセスランキングをもっと見る

1
page top