Remedy新プロジェクト『P7』は三人称アクションに―505 Gamesと20年契約 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Remedy新プロジェクト『P7』は三人称アクションに―505 Gamesと20年契約

ニュース 発表

Remedy新プロジェクト『P7』は三人称アクションに―505 Gamesと20年契約
  • Remedy新プロジェクト『P7』は三人称アクションに―505 Gamesと20年契約
アラン・ウェイク』などで知られるRemedy Entertainmentは公式サイトにて、505 Gamesとのパブリッシング契約を発表しました。

Digital Brosの子会社、505 Gamesは、Remedy EntertainmentのPS4/Xbox One/PC(Steam含む)向け次回作の20年にわたる権利を所有し、775万ユーロ(記事執筆時点の日本円でおよそ9億5000万円)を投資します。また、505 Gamesは、この新作ゲームのマーケティングおよびパブリッシングサービスも提供し、純売上高から45%のロイヤリティを受けとるとのこと。

なお、Remedy Entertainmentが手掛ける新作、コードネーム『Project 7(P7)』は、シネマティックな三人称のアクションゲームになるそうです。同デベロッパーの代名詞とも言える、興味をそそるストーリーと長続きする体験を提供していくゲーム構造を特徴とし、Remedy独自のNorthlightテクノロジー上で構築されています。

三人称アクションゲームになることが明かされた『P7』ですが、今なおベールに包まれており、更なる続報が待たれる状況となっています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

    『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

  2. モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

    モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

  3. 「いま仙台が面白い!」地場企業のキーマン5人が語らう“地方にゲーム業界が芽吹く瞬間”

    「いま仙台が面白い!」地場企業のキーマン5人が語らう“地方にゲーム業界が芽吹く瞬間”

  4. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  5. スクウェア・エニックス、『HITMAN』シリーズ2作品の取り扱い終了を発表―IO Interactiveが一部引き継ぎへ

  6. 噂:新作『バトルフィールド』にバトルロイヤルモード搭載?プロトタイプが開発中か

  7. コナミと欧州サッカー連盟のライセンス契約が終了へ―『ウイニングイレブン』に影響か

  8. 『フォートナイト バトルロイヤル』に50対50が復活!ライトマシンガンも実装される最新パッチノート

  9. 米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加

  10. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

アクセスランキングをもっと見る

page top