『ソニックフォース』ではカスタマイズ可能なキャラが登場!―新たなアクション披露 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ソニックフォース』ではカスタマイズ可能なキャラが登場!―新たなアクション披露

これまでに“クラシック”と“モダン”、2つのプレイスタイルが明かされていたシリーズ最新作『ソニックフォース(Sonic Forces)』ですが、セガは3つ目のプレイスタイルを海外向けに発表しました。

家庭用ゲーム PS4
『ソニックフォース』ではカスタマイズ可能なキャラが登場!―新たなアクション披露
  • 『ソニックフォース』ではカスタマイズ可能なキャラが登場!―新たなアクション披露
  • 『ソニックフォース』ではカスタマイズ可能なキャラが登場!―新たなアクション披露
  • 『ソニックフォース』ではカスタマイズ可能なキャラが登場!―新たなアクション披露
  • 『ソニックフォース』ではカスタマイズ可能なキャラが登場!―新たなアクション披露
  • 『ソニックフォース』ではカスタマイズ可能なキャラが登場!―新たなアクション披露

これまでに“クラシック”と“モダン”、2つのプレイスタイルが明かされていたシリーズ最新作『ソニックフォースSonic Forces)』ですが、セガは3つ目のプレイスタイルを海外向けに発表しました。


3つ目のプレイスタイルではシリーズで初めて独自のヒーローキャラクターを作成し、プレイ方法や外観をカスタマイズすることが可能。ヒーローキャラクターは『ソニック カラーズ』の“カラーパワー”を進化させたユニークなガジェット“Wispons”を装備しており、攻撃能力とレベルを素早く移動する能力を兼ね備えています。また、グラップリングフックも使用することもできます。


プレイヤーはそれぞれ特殊能力を持った7種類の基本動物タイプから1つを選び、何百ものアクセサリーや衣装でヒーローキャラクターをカスタマイズします。

  • Wolf: 近くのリングを自動的に引き寄せる
  • Rabbit: ダメージを受けた時の無敵時間が延長
  • Cat: ヒット時にリングを1つ保持
  • Dog: プレイヤー死亡時に5つのリングを持ってリスタート
  • Bear: ホーミングアタックで敵を吹き飛ばす
  • Bird: ダブルジャンプで高く飛ぶ
  • Hedgehog: ダメージを受けた時にリングを回収

プレイヤーが作成したヒーローキャラクターはゲーム全体を通して機能し、カットシーンに登場するだけでなく、ソニックがエッグマンから世界を取り戻すのを助ける、物語の重要な要素となるそうです。


『ソニックフォース』はPS4/Xbox One/Nintendo Switch(海外ではPCも)を対象に、2017年冬発売予定です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』“B.R.U.T.E.”導入意図についてEpicが説明「すべてのスキルレベルのプレイヤーが楽しめるようにする」

    『フォートナイト』“B.R.U.T.E.”導入意図についてEpicが説明「すべてのスキルレベルのプレイヤーが楽しめるようにする」

  2. 「夜戦がとにかく楽しい!」―『CoD: MW』マルチを体験した本田翼さんへインタビュー

    「夜戦がとにかく楽しい!」―『CoD: MW』マルチを体験した本田翼さんへインタビュー

  3. 『Travis Strikes Again: No More Heroes Complete Edition』PS4/Steam予約開始!

    『Travis Strikes Again: No More Heroes Complete Edition』PS4/Steam予約開始!

  4. 『フォートナイト』v10.10パッチノート公開!―リテイル・ローにデビルが襲来、LTM「ワールドラン」など

  5. ラリーレース『WRC 8』PC版はEGS独占か―Steamページは健在も公式サイト上にはEpicロゴのみ

  6. 『ポケモン ソード・シールド』新わざ・特性・どうぐが満載な最新映像公開!オンライン対戦要素「バトルスタジアム」も初披露

  7. 『ファイアーエムブレム 風花雪月』米国で同シリーズ史上、最も勢いあるローンチに

  8. 「DUALSHOCK 4」に4つの新色が登場! お揃いな「ローズ・ゴールド」のワイヤレスサラウンドヘッドセットも

  9. 待望の新作『Need for Speed HEAT』では「ルートボックス要素は収録せず、今後も導入しない」―DICEスタッフがRedditで明かす

  10. 『GRANDIA HD Collection』海外メディアプレイ映像が公開、『グランディア』の思い出が蘇る

アクセスランキングをもっと見る

page top