開発中止の『Prey 2』海外メディアが秘蔵開発エピソードを解説…お蔵入りとなった「衝撃展開」とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発中止の『Prey 2』海外メディアが秘蔵開発エピソードを解説…お蔵入りとなった「衝撃展開」とは

海外メディアEurogamerより、2006年発売のオリジナル版『Prey』の続編として開発されていた『Prey 2』のプロット情報が報告されています。

ゲーム文化 カルチャー
開発中止の『Prey 2』海外メディアが秘蔵開発エピソードを解説…お蔵入りとなった「衝撃展開」とは
  • 開発中止の『Prey 2』海外メディアが秘蔵開発エピソードを解説…お蔵入りとなった「衝撃展開」とは

海外メディアEurogamerより、2006年発売のオリジナル版『Prey』の続編として開発されていた『Prey 2』のプロット情報が報告されています。

『Prey 2』解説映像では、初代『Prey』主人公の“トミー”が重要な役柄で再登場するといった、開発中止前から発表されていた情報を説明。更に、エイリアンの都市“Exodus”で展開する、倒される度にアパートの一室で目覚めるバウンティハンターの主人公“Killian”を中心としたプロットについての詳細や、エンディングで待ち受けている“衝撃の展開”の解説も行われています。

2017年5月にリブート版として、スリリングな作品に生まれ変わった『Prey』ですが、どこか馴染み深いビジュアルの“トミー”の姿を再び見たかった方も多いのではないでしょうか?終盤に興味深いプロットが用意されていた点も含めて、『Prey 2』が開発中止になったのは残念なところだったかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  2. 「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

    「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

  3. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  4. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  5. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  6. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  7. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  8. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  9. 群島でサバイバルするオープンワールドADV『Stranded Sails』海外は10月17日配信開始【UPDATE】

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top