ド本格オープンワールドFPS『Escape from Tarkov』CBTが7月実施 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ド本格オープンワールドFPS『Escape from Tarkov』CBTが7月実施

Battlestate Gamesが開発を手掛ける新作FPS『Escape from Tarkov』。本作のクローズドベータ実施が2017年7月に決定しました。

PC Windows
ド本格オープンワールドFPS『Escape from Tarkov』CBTが7月実施
  • ド本格オープンワールドFPS『Escape from Tarkov』CBTが7月実施
Battlestate Gamesが開発を手掛ける新作FPS『Escape from Tarkov』。本作のクローズドベータ実施が2017年7月に決定しました。

本作公式フォーラムによると、クローズドベータは、購入日に関係なく、すべてのプレオーダー版の所有者が利用できるとのこと。また、この段階では、主要なパフォーマンスの最適化やいくつかの新機能、武器パーツ、ルートアイテム、トレーダーが実装されます。

具体的には、僅かなインゲーム通貨を用いて、武器や装備品を保証するInsurance System(保険システム)、プレイヤーがアイテムを売買できる新商人Peacemaker、4つのマップ「Customs」「Woods」「Factory」「Shoreline(新マップ」、Generalチャットなどが挙げられます。

『Escape from Tarkov』は、4エディションの形態で予約販売されており、Standard Editionが44.99ドル、 Left Behind Editionが74.99ドル、 Prepare for Escape Editionが99.99ドル、Edge of Darkness Limited Editionが139.99ドルです。
《秋夏》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

    ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

  2. HD-2Dリメイク版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』だけでなく『ドラゴンクエストI&II』もSteamストアページ公開!両作品の「日本語音声対応」表記とは…?

    HD-2Dリメイク版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』だけでなく『ドラゴンクエストI&II』もSteamストアページ公開!両作品の「日本語音声対応」表記とは…?

  3. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』ついに6月25日正式リリース!約12年の早期アクセス期間経て

    クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』ついに6月25日正式リリース!約12年の早期アクセス期間経て

  4. NPCは存在しない―生産交易建築すべてがプレイヤーの手で紡がれる中世ファンタジーMMO『Pax Dei』Steam早期アクセス配信開始!

  5. 並行世界で狂気のAIと戦うシングルプレイFPS『INDUSTRIA 2』ゲームプレイ映像!没入感あるインベントリシステムを紹介

  6. 『7 Days to Die』V1.0正式版の全ユーザー向け配信は現地7月25日!まもなくSteamで始まる任意参加の「Public Experimental」など今後のスケジュールを再確認

  7. 物理演算農業シム『Southfield』約2週間前に発表された現地6月24日の発売を延期―「開発者保護がとても重要であり、準備できていないゲームのリリースもしたくない」

  8. ロボやヴァンパイアが登場するノルマンディー上陸作戦!?架空二次大戦コンバットアクション『Noblemen: 1941』発表

  9. 最大4人で部族を導け!季節を越えて生き延びるヴァイキングサバイバル『ASKA』Steam早期アクセス開始

  10. 終わってしまった世界の夏、通話しながら少女の旅を見守る『ナツノカナタ beyond』Steam向けにリリース―Steam“圧倒的好評”ノベルゲームの完全版がついに登場

アクセスランキングをもっと見る

page top