Xbox Oneの初代Xbox互換はワイドスクリーンや実績に非対応―MSスペンサー氏が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox Oneの初代Xbox互換はワイドスクリーンや実績に非対応―MSスペンサー氏が明らかに

先日、「Xbox E3 ブリーフィング」にて発表されたXbox One下位互換性機能での初代Xboxタイトル互換対応ですが、MicrosoftのXbox部門代表フィル・スペンサー氏が追加の情報を明らかにしています。

家庭用ゲーム Xbox One
Xbox Oneの初代Xbox互換はワイドスクリーンや実績に非対応―MSスペンサー氏が明らかに
  • Xbox Oneの初代Xbox互換はワイドスクリーンや実績に非対応―MSスペンサー氏が明らかに
  • Xbox Oneの初代Xbox互換はワイドスクリーンや実績に非対応―MSスペンサー氏が明らかに

先日、「Xbox E3 ブリーフィング」にて発表されたXbox One下位互換性機能での初代Xboxタイトル互換対応ですが、MicrosoftのXbox部門代表フィル・スペンサー氏が、ファンからの質問に答える形で追加の情報を明らかにしています。


フィル・スペンサー氏によれば、殆どの初代Xboxタイトルはワイドスクリーンに対応しておらず、下位互換性機能でアスペクト比を変更するのは簡単ではないとのこと。オリジナルのコードを実行し、オリジナルのゲームがサポートしているものをサポートすると伝えています。また、各ゲームにパッチを適用すれば実績の追加が可能ではあるものの、それが起こることはないようです


Xbox One下位互換性への対応は初代Xboxファンにとって非常に嬉しい新機能。しかしながら、現時点で対応が発表されているのは『Crimson Skies: High Road to Revenge』と『Fuzion Frenzy』の2作のみとなっており、今後のさらなる続報が待たれます。

オリジナル版『Crimson Skies: High Road to Revenge』のトレイラー
《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. パンを投げつけても殺せる中世剣戟対戦ACT『Chivalry 2』明日よりXbox Game Pass対応決定!

    パンを投げつけても殺せる中世剣戟対戦ACT『Chivalry 2』明日よりXbox Game Pass対応決定!

  2. 「PS5」の販売情報まとめ【10月4日】―「イオン」の新たな抽選販売がスタート、「TSUTAYA」は本日いっぱいで締切

    「PS5」の販売情報まとめ【10月4日】―「イオン」の新たな抽選販売がスタート、「TSUTAYA」は本日いっぱいで締切

  3. 【吉田輝和の絵日記】38歳男が乙女ゲー『ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart』でイケメンハンターと化す

    【吉田輝和の絵日記】38歳男が乙女ゲー『ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart』でイケメンハンターと化す

  4. スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

  5. 薬剤師ライフシムRPG『Potion Permit』コンソール向け国内版が発売延期―9月22日から2022年中へ

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』続編タイトル『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』に名称決定&2023年5月12日発売!【Nintendo Direct 2022.9.13】

  7. 『スーパーマリオブラザーズ“5”』!?海外ユーザーが『スーパーマリオメーカー 2』で大規模なマリオの世界を制作

  8. 「PS5」の販売情報まとめ【10月3日】―「TSUTAYA」の抽選受付がもうじき終了、明日から始まる新たな受付先の予告も

  9. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  10. 『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top