『ポケモンGO』累計収益は12億ドル以上に―海外調査機関調べ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポケモンGO』累計収益は12億ドル以上に―海外調査機関調べ

ナイアンティックが手がける人気モバイルゲーム『ポケモンGO』。同作が累計7億5,000万回以上のダウンロード数に達し、12億ドル以上の収益を上げていることを海外メディアが報じています。

アプリゲーム iOS
『ポケモンGO』累計収益は12億ドル以上に―海外調査機関調べ
  • 『ポケモンGO』累計収益は12億ドル以上に―海外調査機関調べ
ナイアンティックが手がける人気モバイルゲーム『ポケモンGO』。同作が累計7億5,000万回以上のダウンロード数に達し、12億ドル以上の収益を上げていることを海外メディアが報じています。

ニュースを伝える海外サイトVentureBeatによれば、この結果はアプリ調査会社Apptopiaの調べによるものとのこと。同サイトによれば、『ポケモンGO』の累計収益は2016年に9億5,000万ドルに達しており、今年に入ってからも強い『ポケモンGO』の人気をうかがわせる結果となっています。

また、Apptopiaは『ポケモンGO』のプレイヤーが6月に約6,000万人に達しており、そのうちの20%は1日に1回以上ゲームをプレイしていることを報告している模様です。これはピークとなる2016年8月の1億人と比べれば低い数字であるものの、十分に多いと言えるプレイヤー数でしょう。なお、プレイヤーの性別内訳は57.4%が男性となっており、年齢分布のうち、38%は19歳から34歳であったとのこと。18歳以下の若年層ユーザーは32.5%にわたっており、幅広い年齢層から愛されるポケモンの魅力を表していると言えるでしょう。
《Arkblade》
Arkblade

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『スーパーマリオラン』4日間で全世界4,000万DL超え…140の国と地域の無料ゲームランキングで1位

    『スーパーマリオラン』4日間で全世界4,000万DL超え…140の国と地域の無料ゲームランキングで1位

  2. トム・クランシー作品集結モバイルゲーム『Tom Clancy’s エリートスクワッド』10月4日サービス終了―開始から1年経たずの決断

    トム・クランシー作品集結モバイルゲーム『Tom Clancy’s エリートスクワッド』10月4日サービス終了―開始から1年経たずの決断

  3. 人気Co-opホラー『Phasmophobia』の存在しないモバイル版がGoogle Playストアで配信

    人気Co-opホラー『Phasmophobia』の存在しないモバイル版がGoogle Playストアで配信

  4. 『ウィザードリィ』モバイル向け新作『Wizardry Variants Daphne』正式発表!公式サイトも公開、“2022年度”内リリースへ

  5. サバイバルアクション『ARK Mobile』日本語版がついにサービス開始!あの世界が手元に

  6. モバイル版『エイリアン アイソレーション』日本語対応で配信開始!

  7. 2019年に配信停止していたモバイル向け対戦ACT『PAYDAY: Crime War』再リリースへの新たなライセンス契約を締結

  8. 『ウィザードリィ』モバイル向け新作『Wizardry Variants Daphne』新トレイラー!主人公の能力は物を修復する力か、それとも時を巻き戻す力か

  9. モバイル向け『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 -魂の絆-』4月27日サービス終了―人気漫画を基にしたアクションRPG

  10. 『ポケモンGO Plus』が『ポケモンGO』最新アップデートで「おこう」に対応!

アクセスランキングをもっと見る

page top