『Everybody's Gone to the Rapture』開発が大量レイオフ、数ヶ月間の活動休止へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Everybody's Gone to the Rapture』開発が大量レイオフ、数ヶ月間の活動休止へ

『Everybody's Gone to the Rapture』や『Dear Esther』、『Amnesia: A Machine for Pigs』など数々の人気アドベンチャーで知られるインディーデベロッパー、Chinese Roomはスタジオの大規模なレイオフを発表しました。

ゲーム文化 カルチャー
『Everybody's Gone to the Rapture』開発が大量レイオフ、数ヶ月間の活動休止へ
  • 『Everybody's Gone to the Rapture』開発が大量レイオフ、数ヶ月間の活動休止へ
Everybody's Gone to the Rapture』や『Dear Esther』、『Amnesia: A Machine for Pigs』など数々の人気アドベンチャーで知られるインディーデベロッパー、Chinese Roomは大規模なレイオフを発表しました。

レイオフについて説明する公式ブログでは、6月に起きた同社の共同創設者Dan Pinchbeck氏の健康問題が大きな影を落としていると説明。Pinchbeck氏によれば、健康問題はけして生命に関わるようなものではなかったものの、財政的な重圧や、Google Daydream向けのVRゲーム『So Let Us Melt』の開発が佳境に入っていたことなどが重なり、充電期間を取る必要を感じたとのことです。

Pinchbeck氏はまた、あくまで今回のレイオフは一時的な「活動休止」であることを明言。新作『The 13th Interior』や『Little Orpheus』の開発は継続されるとしています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  2. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

    「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  3. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  4. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  5. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  6. 『フォートナイト』プロプレイヤー協会が発足―2019世界王者含む北米・欧州の計16選手で構成

  7. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  8. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

アクセスランキングをもっと見る

page top