アタリ新ゲーム機「Ataribox」Linux搭載で249ドルから―グラフィックスはRadeon | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アタリ新ゲーム機「Ataribox」Linux搭載で249ドルから―グラフィックスはRadeon

アタリが発売予定の新型ゲーム機「Ataribox」。同ゲーム機の新たな詳細が伝えられています。

ゲーム機 ハードウェア
アタリ新ゲーム機「Ataribox」Linux搭載で249ドルから―グラフィックスはRadeon
  • アタリ新ゲーム機「Ataribox」Linux搭載で249ドルから―グラフィックスはRadeon
  • アタリ新ゲーム機「Ataribox」Linux搭載で249ドルから―グラフィックスはRadeon
  • アタリ新ゲーム機「Ataribox」Linux搭載で249ドルから―グラフィックスはRadeon

アタリが発売予定の新型ゲーム機「Ataribox」。同ゲーム機の新たな詳細が伝えられています。

同社によると、かねてからPCベースとされていた本機は、使いやすいユーザーインターフェイスを備えたLinuxを採用しており、カスタマイズされたAMD製プロセッサーおよびRadeon Graphicsを搭載しているとのこと。Atariboxには、レトロゲームがあらかじめインストールされている(現時点で収録タイトル名は不明)そうですが、ゲーム機としての機能だけが備わっているわけではありません。


具体的には、ストリーミング、アプリケーション、ソーシャル、ブラウジング、音楽などが楽しめるとされ、他のコンテンツプラットフォームから購入したゲームにアクセスもできます(OSやハードウェアと互換性がある場合)。


2017年秋には、Indiegogoでのクラウドファンディングも開始され、2018年春ごろの出荷を予定。価格はメモリなどの構成によって異なるものの、249ドルから299ドルになります。また、Wood Editionと呼ばれる商品には、本物の木材が使用されているとのことです。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

    これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  2. オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

    オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

  3. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

    BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

  4. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  5. 訓練用VR医療シミュ『Trauma Simulator』Steamストア公開―米国防総省なども協力、これで事件事故でも安心?【UPDATE】

  6. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  7. 可変フレームで快適に!度付レンズも使える「ゲーミングメガネ」登場

  8. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  9. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  10. スクウェア・エニックス、レイトレーシングに対応したLuminous Engine最新技術デモを披露!

アクセスランキングをもっと見る

page top