Blueholeが『PUBG』の専門子会社を設立―グローバル展開に専念 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blueholeが『PUBG』の専門子会社を設立―グローバル展開に専念

大ヒットバトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』のデベロッパーBlueholeは、同作のグローバル展開に専念する子会社「PUBG Corp.」を設立し、組織体制の変更を発表しました。

ニュース ゲーム業界
Blueholeが『PUBG』の専門子会社を設立―グローバル展開に専念
  • Blueholeが『PUBG』の専門子会社を設立―グローバル展開に専念

大ヒットバトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(PUBG)のデベロッパーBlueholeは、同作のグローバル展開に専念する子会社「PUBG Corp.」を設立し、組織体制の変更を発表しました。BlueholeのCEOであるGang-Seok Kim氏は、PUBG Corp.のCEOとしてChang Han Kim氏、COOとしてWoonghee Cho氏を任命しています

Chang Han Kim氏はBlueholeのバイスプレジデントおよびエグゼクティブプロデューサーを務め、『PUBG』の開発を率いていた人物。そしてWoonghee Cho氏はMaui GamesのCEOとNeowizの事業開発責任者を務めていた人物です。今後両者は『PUBG』の全体的な事業開発の促進とグローバル展開の管理に重点を置くとのこと。Chang Han Kim氏は次のように語っています。

    「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSのグローバルな成功を考えれば、私たちはグローバルなサポートのために必要な運用効率を確保したいと考えます。この新しい構造により、e-Sports部門での可能性と真のグローバルIPフランチャイズとしての成長を含め、戦略的なビジネスチャンスの拡大に目を向け、迅速に行動することを可能にします」

グローバル展開の一環として米国に事務所を開設し、現在は欧州や日本でも同様の準備を進めているPUBG Corp.。『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』の開発とあわせて、今後の展開に大きな注目が集まることでしょう。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』ゲーム内通貨「アトム」の国内販売が7月24日から遂に解禁

    『Fallout 76』ゲーム内通貨「アトム」の国内販売が7月24日から遂に解禁

  2. クトゥルフADV『The Sinking City』日本語PS4版が10月31日に発売決定―押し寄せる狂気を生き抜け

    クトゥルフADV『The Sinking City』日本語PS4版が10月31日に発売決定―押し寄せる狂気を生き抜け

  3. 「EVO 2019」タイトル別参加者数が発表―最多は『スマブラSP』の約3,500人

    「EVO 2019」タイトル別参加者数が発表―最多は『スマブラSP』の約3,500人

  4. 販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

  5. か、かわいい…『ポケモンGO』と「ワンピース」がコラボ!麦わら帽子を被ったピカチュウが期間限定で出現

  6. 『第五人格』に怪盗団が現れる!?『ペルソナ5』コラボでジョーカーやモルガナが人形チックに大変身

  7. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド参戦!亜種モンスター2種や「ビューモード」機能も

  8. 今年の目玉は特典付き“PCエンジン mini”―アマゾンプライムデー内覧会レポ

  9. 販売停止中の台湾ホラーゲーム『還願』中国パブリッシャーが免許取り消しに

  10. 台湾高評価ホラー『還願』一時販売中止―「くまのプーさん」に関連した政治的主張の混入とQAチェックのため

アクセスランキングをもっと見る

page top