台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦

台湾でキャラクターコンテンツを手がけるSimonCreativeは、同社がSteamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』の拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』を発表、日本語へと対応することをアナウンスしています。

PC Windows
台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦
  • 台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦
  • 台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦
  • 台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦

台湾でキャラクターコンテンツを手がけるSimonCreativeは、同社がSteamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』の拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』を発表、日本語へと対応することをアナウンスしています。


同作は、台湾を舞台に、都市生活に飽き田舎の実家へと戻ってきた主人公が田植え仕事を引き受けて、稲の精霊「穂姫」との交流をしながらお米の栽培を手がける育成SLG+ADV。ストーリーに沿って物語を進行するモードと、ストーリークリア後に解放される、様々な姿、性格へと「穂姫」を成長させられる育成モードの2種類のモードが用意されています。


発表された拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』では、「穂姫」の新たな成長パターンが追加される他、お米以外の萌え擬人化の新キャラが登場。そして、「穂姫」へと日本語CVが実装されます。日本語CVは人気声優の茅野愛衣さんが務めており、「穂姫」の成長パターン10種全てを演じ分けるとのこと。また、従来中国語のみだった字幕も告知画像によれば「中日バイリンガル字幕版」となる模様です。



『東津萌米-穂姫PLUS』は2017年11月22日夜10時にSteamにて発売予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『IS<インフィニット・ストラトス> Versus Colors』Steam版発売日発表!グラフィック強化など

    『IS<インフィニット・ストラトス> Versus Colors』Steam版発売日発表!グラフィック強化など

  2. 週末セール情報ひとまとめ『OCTOPATH TRAVELER』『SLAY THE SPIRE』『アサクリオデッセイ』『Kenshi』他

    週末セール情報ひとまとめ『OCTOPATH TRAVELER』『SLAY THE SPIRE』『アサクリオデッセイ』『Kenshi』他

  3. カルト傑作STG『Hellsinker.』Steam配信開始!マニュアル「概要と手引き」も収録

    カルト傑作STG『Hellsinker.』Steam配信開始!マニュアル「概要と手引き」も収録

  4. ローグライクカードゲーム『Nowhere Prophet』PC向けに配信―インド文化とSFの融合した独特な終末世界

  5. リアルな中世生活が体験できるMMO『Life is Feudal: MMO』がFree-to-Play化

  6. お料理シム『Cooking Simulator』が日本語に対応!これで誰でも名コック?

  7. 極寒人狼サバイバル『Project Winter』ロール追加アップデート配信!新機能も多数

  8. 基本無料FPS『Ironsight』に日本サーバー追加!プレイが更に快適に

  9. Steam版『モンハン:ワールド』タイトルアップデートVer.6.1配信、DLSSへの対応など

  10. 迫力のトラックレースゲーム『FIA European Truck Racing Championship』PC版配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top