ナイアンティック新作ARゲーム『Harry Potter : Wizards Unite』日本向け公式発表文が公開【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ナイアンティック新作ARゲーム『Harry Potter : Wizards Unite』日本向け公式発表文が公開【UPDATE】

ナイアンティックは、公式ブログにて、先日海外メディア経由でその存在が明らかになった、「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにした、モバイル向け新作ARゲーム『Harry Potter : Wizards Unite』の公式発表文の和訳版を公開しています。

アプリゲーム Android
ナイアンティック新作ARゲーム『Harry Potter : Wizards Unite』日本向け公式発表文が公開【UPDATE】
  • ナイアンティック新作ARゲーム『Harry Potter : Wizards Unite』日本向け公式発表文が公開【UPDATE】

ナイアンティックは、公式ブログにて、先日海外メディア経由でその存在が明らかになった、「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにした、モバイル向け新作ARゲーム『Harry Potter : Wizards Unite』の公式発表文の和訳版を公開しています。

発表の内容は、先日明らかになったものとほぼ同じ情報に留まり、プレイヤーたちが魔法使いとなって、「ハリー・ポッター」の世界観で様々な冒険を繰り広げていくものである、ということのみが分かる形です。しかしながら、公式ブログによれば、開発の様子は今後様々なナイアンティックのソーシャルチャンネルで公開されていくとしています。

また、ワーナー・ブラザース テレビジョン&ホームエンターテイメントによれば、本作では「魔法が私たちの身近にあり、プレイヤーがハリー・ポッターの世界の一部であるかのような体験が可能」とのこと。更に、地球上の様々な現実世界を探索することによって、プレイヤーは冒険したり、学んだり、そして呪文をかけたり、さらに不思議な魔法道具を発見したり、伝説的な魔法動物や有名キャラクターに出会ったりする事もできるようです。なお、本作に関する詳細な続報は2018年に発表予定で、Warner Bros. Interactive Entertainmentはナイアンティックと共同開発しているとしています。

『Harry Potter : Wizards Unite』のゲーム自体が日本語で展開されるかどうかについては現時点では明らかになっていませんが、ワーナー・ブラザース テレビジョン&ホームエンターテイメントは本作について“邦題未定”としており、日本語版発表にも期待がかかる所です。「ハリー・ポッター」ファンは同作が正式に日本語展開されることが楽しみなのではないでしょうか。

※UPDATE(2017/11/09 16:18):ワーナー・ブラザース テレビジョン&ホームエンターテイメントよりのリリースの内容を含めて本文を更新しました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 「マジック:ザ・ギャザリング」を題材にする難しさとは?──リアルタイム戦略対戦ゲーム『マジック:マナストライク』開発ディレクターに訊いた

    「マジック:ザ・ギャザリング」を題材にする難しさとは?──リアルタイム戦略対戦ゲーム『マジック:マナストライク』開発ディレクターに訊いた

  2. iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より国内配信開始!事前登録でゲーム内アイテムが貰える

    iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より国内配信開始!事前登録でゲーム内アイテムが貰える

  3. Pip-Boyを徹底再現!Android版『Fallout 4』連携アプリが海外向けに配信

    Pip-Boyを徹底再現!Android版『Fallout 4』連携アプリが海外向けに配信

  4. 懐かしさが蘇るスマホ版『モンスターファーム』プレイレポ─強そうに生きている「ギンギライガー」との再会に思わず涙!独自の音楽CD要素も現代風に再現

  5. SG-1000からドリキャスまで!「SEGA Forever」セガ旧作の無料モバイル版が海外向けに配信開始

  6. スマホを見ながら車を運転する『SMS Racing』がGear VR向けに再開発

  7. 『メビウス ファイナルファンタジー』20年3月末でサービス終了へ……購入分の未使用通貨の払い戻し対応も

  8. 『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベル40到達、Bot利用のデータ確認目的で【ネタバレ注意】

  9. Telltale開発ADV『Batman』iOS版エピソード1が無料配信―国内からも利用可能

  10. 【特集】原作者から「やりすぎ」のツッコミも―原作愛から産まれた『リ・モンスター』の“これまでとこれから”

アクセスランキングをもっと見る

page top