『Dying Light』、バトロワ系に影響を受けた新拡張「Bad Blood」発表!―クローズドテスト登録受付中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dying Light』、バトロワ系に影響を受けた新拡張「Bad Blood」発表!―クローズドテスト登録受付中

ポーランドのゲームデベロッパーTechlandは、ゾンビパルクールアクション『Dying Light』の新拡張「Bad Blood」を2018年に発売すると発表しました。

PC Windows
『Dying Light』、バトロワ系に影響を受けた新拡張「Bad Blood」発表!―クローズドテスト登録受付中
  • 『Dying Light』、バトロワ系に影響を受けた新拡張「Bad Blood」発表!―クローズドテスト登録受付中

ポーランドのゲームデベロッパーTechlandは、ゾンビパルクールアクション『Dying Light』の新拡張「Bad Blood」を2018年に発売すると発表しました。

多くのファンによる新たなPvPモードへの要望と、現在大きな人気を博しているバトルロイヤル系ゲームにインスパイアされ開発が行われているという「Bad Blood」。オンライン専用のPvPとPvEが組み合わされた「Dying Lightらしさ」のある新たなゲームプレイが展開されます。

「Bad Blood」では、自分を含めた6人のプレイヤーがゾンビの徘徊するエリアに降り立ち、夜更けまでの脱出を試みます。時間内にパルクールアクションを駆使し、武器を調達。プレイヤーは脱出用ヘリコプターの席を確保するため、感染者たちから血液サンプルを集めることになります。強力な感染者たちを倒すためには他のプレイヤーとの協力が必要になってきますが、ヘリコプターの席を確保するためには各自が血液サンプルを集めないといけないため、協力していた相手プレイヤーを裏切って血液サンプルを奪い取るようなことも必要となってきます。「生き残るために、いつ裏切るか」という難しい判断を迫られることとなり、脱出用ヘリコプターが到着した後は、席の奪い合いという血なまぐさい展開が繰り広げられるようです。

公式サイトですでにクローズドテストの受付が開始されている「Bad Blood」。テストはPCを対象に近日開始されるということで、参加希望者はすでに申込みが可能です。「Bad Blood」はスタンドアローンとして開発されているため、製品版も今回のクローズドテストもオリジナルの『Dying Light』なしでプレイ可能ということです。

「Bad Blood」の製品版は2018年発売予定。
《シュナイデル関》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. シュールな橋建設SLG続編『Poly Bridge 2』がリリース―クリエイティビティを呼び覚ませ

    シュールな橋建設SLG続編『Poly Bridge 2』がリリース―クリエイティビティを呼び覚ませ

  2. 工場ストラテジー『Factorio』正式リリースを現地8月14日へ前倒し―『サイバーパンク2077』を避ける判断

    工場ストラテジー『Factorio』正式リリースを現地8月14日へ前倒し―『サイバーパンク2077』を避ける判断

  3. PvPvEシューター『Hunt: Showdown』次期アップデート1.4で日本語対応へ―PC版テストサーバーに配信開始

    PvPvEシューター『Hunt: Showdown』次期アップデート1.4で日本語対応へ―PC版テストサーバーに配信開始

  4. ストリーミング総視聴時間は4億7千万時間、BAN数は7786件……『VALORANT』2ヶ月に渡るCBTのデータ公開―新エージェントと思われるキャラクターの映像も

  5. 『Baldur's Gate 3』40秒のトレイラーを公開―6月にはさらなる情報を明らかにすることも予告

  6. 夏の島生活ADV『Summer in Mara』無料プロローグ版が配信―リリース日も発表

  7. 工場建築サバイバル『Satisfactory』Steam版発売は6月8日に

  8. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  9. 簡単に風情ある海辺の街が建築できる『Townscaper』Steamにて6月に早期アクセス開始

  10. 日本の病院舞台のゾンビFPS『Infected Maze / 感染メイズ』Steam配信開始―手違いにより正式リリースに

アクセスランキングをもっと見る

page top