NVIDIA「超大画面PCゲーミングディスプレイ」発表―G-SYNC/SHIELD統合、低遅延も実現 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

NVIDIA「超大画面PCゲーミングディスプレイ」発表―G-SYNC/SHIELD統合、低遅延も実現

ゲーム機 技術

NVIDIA「超大画面PCゲーミングディスプレイ」発表―G-SYNC/SHIELD統合、低遅延も実現
  • NVIDIA「超大画面PCゲーミングディスプレイ」発表―G-SYNC/SHIELD統合、低遅延も実現
  • NVIDIA「超大画面PCゲーミングディスプレイ」発表―G-SYNC/SHIELD統合、低遅延も実現
  • NVIDIA「超大画面PCゲーミングディスプレイ」発表―G-SYNC/SHIELD統合、低遅延も実現
  • NVIDIA「超大画面PCゲーミングディスプレイ」発表―G-SYNC/SHIELD統合、低遅延も実現

NVIDIAは、アメリカ・ラスベガス州にて開催されているCES 2018にて、「Big Format Gaming Displays(BFGDs)を発表しました。

BFGDsは、NVIDIAのハードウェアパートナーであるAcer、ASUS、HPとの連携で創出されたもので、ハイエンドの65型4K120HzHDRディスプレイをNVIDIA G-SYNCテクノロジーと統合し、NVIDIA SHIELDも搭載。大画面上で低遅延のゲーミングからストリーミングまでを楽しむことが可能です。

BFGDsの中心はG-SYNC HDRで、同テクノロジーにより120Hzで常に同期。ディスプレイにはフルアレイ直下型のバックライトに加え、1,000ニットの最大輝度、DCI-P3色域機能が搭載され、ビジュアル面でも高品質を提供します。さらに、同梱されているSHIELDリモートとゲームコントローラーにより、Netflix、Amazon Video、YouTube、Huluといったストリーミングも楽しめます。Googleアシスタントをサポートしているため、自身の声のみでも本製品を制御することが可能です。

現在BFGDsは、CESのNVIDIAゲーミングスイートのハンズオンデモと、WynnラスベガスホテルのASUS ROGショールーム(要予約)でのみ体験することが可能。一般提供は2018年夏に予定されており、それまでに価格と詳細仕様が発表される予定です。
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画

    VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画

  2. 週刊少年ジャンプ版「ミニファミコン」を「Vジャンプ」編集者&ライターが熱く語る─任天堂トピックスにて公開

    週刊少年ジャンプ版「ミニファミコン」を「Vジャンプ」編集者&ライターが熱く語る─任天堂トピックスにて公開

  3. NIPが開発に携わる「Xtrfy」のゲーミングマウスが国内販売開始

    NIPが開発に携わる「Xtrfy」のゲーミングマウスが国内販売開始

  4. VRゲームで初の死亡事故か―ロシアの通信社が男性の事故死を報道

  5. ShroudがHyper Xのブランドアンバサダーチームに加入―新製品のコンサルティングも

  6. マイクロソフト、「インテル製CPU向け修正パッチ」の動作改善アップデートを配信

  7. YouTube、映像ストリーミング配信に“超低遅延”モード実装!―視聴者とのラグを最小限に

  8. PC版『マインクラフト』にPNG形式のスキンを装ったマルウェアが流行中ー既に約5万人の感染が確認済

  9. 『Atomic Heart』と同じ世界観のVRゲーム『Soviet Lunapark VR』早期アクセス!

  10. NVIDIAがGTX 970のVRAM問題に対して回答―ビデオメモリの仕様を解説

アクセスランキングをもっと見る

page top