「EVO Japan」でe-Sports語るイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」1月27日開催 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「EVO Japan」でe-Sports語るイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」1月27日開催

ゲーセン文化研究会は、「EVO Japan 2018」にて、トークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ ─ eスポーツの起源を巡って」を、2018年1月27日に開催します。

ゲーム文化 e-Sports
「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催
  • 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

ゲーセン文化研究会は、「EVO Japan 2018」にて、トークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ ─ eスポーツの起源を巡って」を、2018年1月27日に開催します。

世界最大規模の対戦格闘ゲームトーナメント「Evolution Championship Series」(通称 EVO)。これまで海外で行われてきた大会ですが、このたび「EVO Japan」として日本に上陸。1月26日・27日は池袋サンシャインシティ文化会館を、1月28日は秋葉原UDX アキバ・スクエアを舞台に、様々な激戦が繰り広げられます。

そんな「EVO Japan 2018」にて、ゲームセンター文化について語るトークイベントを1月27日に実施。世界的に大きな盛り上がりを見せているe-Sportsについて、ゲームセンターという視点を通して語ります。様々な立場の登壇者が集う予定となっているので、興味がある方は詳細をチェックしておきましょう。なお、参加費は無料(カンパ方式)です。

◆「ゲームセンター文化のゆくえ ─ eスポーツの起源を巡って」


EVOは全米各地のツワモノがニューヨークのゲームセンターに集まって開催したのが始まりである。最強は誰か。誇りをかけて闘い続けてきたプレイヤーたちの歴史であると言えよう。

近年、ビデオゲームはe-sportsとも呼ばれるようになり、家庭用ゲーム機やパソコンを用いて大会が開かれている。しかし、e-sportsもEVOもゲームセンターに起源をもつ。そして、ゲームセンターでは格闘ゲームが登場する以前から、ハイスコアを目指して競い合う文化が形成されていた。

果たして、ハイスコア文化やゲームセンター文化は、現在のe-sportsにどのような影響を与えてきたのだろうか。ゲーム文化の周辺にかかわってきた論者たちがゲームセンター文化のゆくえについて語り合う。


■登壇者(50音順)
  • イケダミノロック(高田馬場ゲーセンミカド店長、株式会社INH代表取締役)
  • 石井ぜんじ(フリーライター、元ゲーメスト編集長、主な著書「ゲームセンタークロニクル」)
  • 加藤裕康(社会学者、大学講師、主な著書「ゲームセンター文化論」)
  • 京城(ライター、日本ハイスコア協会会長)
  • 松浦恵介(編集者、日本ハイスコア協会理事、元アルカディア編集者)


■日程:1月27日(土)14:00 ~ 16:00(13:30開場)
■会場:池袋サンシャインシティホール7階会議室702
■主催:ゲーセン文化研究会 ※本イベントは、EVO Japan実行委員会LLPが主催するイベント『EVO Japan 2018』内にて、有志が行うサイドイベントです
■参加費:無料(カンパ方式)


「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

《臥待 弦》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 米陸軍がe-Sportsに参戦!『フォートナイト』『オーバーウォッチ』などプレイ

    米陸軍がe-Sportsに参戦!『フォートナイト』『オーバーウォッチ』などプレイ

  2. 『Fallout』公式レシピブックであのウェイストランド飯を実際に作ってみた!【世紀末クッキング】

    『Fallout』公式レシピブックであのウェイストランド飯を実際に作ってみた!【世紀末クッキング】

  3. ガン闘病中に『Fallout 76』先行プレイし亡くなった少年をベセスダが静かに追悼―1万ドルを寄付

    ガン闘病中に『Fallout 76』先行プレイし亡くなった少年をベセスダが静かに追悼―1万ドルを寄付

  4. カービィとワドルディが「もちもち」な和菓子に!食べマス新シリーズで発売決定

  5. 『オーバーウォッチ』マクリーがねんどろいど化―帽子とケープ着脱可能!

  6. 『Fallout 76』発売記念?フォーミュラEが面白映像配信―パワーアーマーも登場!

  7. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  8. 今度はオールドパソコンがミニ化!昔の海外PCゲームが楽しめる「PC Classic」発表―11月よりクラウドファンディング実施

  9. 『FFXV』開発中止となったDLCを追悼する墓碑ModがSteamワークショップにて公開─安らかに眠れ…

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top