『STAR WARS バトルフロントII』販売目標に届かず―ルートボックスは今後数ヶ月内に再導入の見込み | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『STAR WARS バトルフロントII』販売目標に届かず―ルートボックスは今後数ヶ月内に再導入の見込み

エレクトロニック・アーツの対戦シューター『STAR WARS バトルフロントII』。同社CFO・Blake Jorgensen氏は、海外紙ウォール・ストリート・ジャーナルに対し、同作のホリデー期間中の販売目標と実際の売上について語りました。

家庭用ゲーム PS4
『STAR WARS バトルフロントII』販売目標に届かず―ルートボックスは今後数ヶ月内に再導入の見込み
  • 『STAR WARS バトルフロントII』販売目標に届かず―ルートボックスは今後数ヶ月内に再導入の見込み

エレクトロニック・アーツの対戦シューター『STAR WARS バトルフロントII』。同社CFO・Blake Jorgensen氏は海外紙ウォール・ストリート・ジャーナルに対し、同作のホリデー期間中の販売目標と実際の売上について語りました。


同紙テックリポーターのSarah E. Needleman氏のTwitterによれば、エレクトロニック・アーツはホリデー期間中の『STAR WARS バトルフロントII』販売目標を1,000万本と設定していた所、実際の売上は900万本と、100万本少ない結果に終わったとのこと。比較として、2015年に発売された前作『STAR WARS バトルフロント』は2016年会計年度の終わりには1,400万本の売上を記録していました。


また、続くNeedleman氏では、Jorgensen氏が同作を取り巻く「ルートボックス」論争が売上目標未達の原因であるとする一方、一時停止となっている『STAR WARS バトルフロントII』へのルートボックス再導入についても言及。「準備ができたと考えたら行う」として、今後数ヶ月以内に再導入を行う見込みのようです。

なお、エレクトロニック・アーツは同作のコンテンツアンロックシステムについて、見直しが進められていることと2018年3月に新たな情報公開を行うことを告知しています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』「ハロウィン・テラー2019」開幕―「ジャンケンシュタインの復讐」、ウィークリー・チャレンジも

    『オーバーウォッチ』「ハロウィン・テラー2019」開幕―「ジャンケンシュタインの復讐」、ウィークリー・チャレンジも

  2. PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

    PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 『ポケモン ソード・シールド』10月16日22時より最新情報が公開!23時からはゲームフリーク30周年記念生放送も

  5. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信!各ハンター調整なども

  6. 『オーバーウォッチ』スイッチ版開始はまもなく!日本は10月16日午前3時より

  7. 『あつまれ どうぶつの森』の世界観を満喫!「たぬき開発」による無人島移住パッケージ説明会に参加してきた【Nintendo Live 2019】

  8. ミステリーADV『Tokyo Dark -Remembrance-』スイッチ向けに11月7日配信

  9. 『ディビジョン2』10月のTU6に関する情報が続々公開、アイテムドロップの新仕様やPvP新モードなど

  10. 『サイバーパンク2077』公式写真コンテストが開催!テーマは「身近に潜むサイバーパンク」

アクセスランキングをもっと見る

page top