音声会話必須!ユニークなCo-opADV続編『We Were Here Too』Steam配信開始―日本語にも対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

音声会話必須!ユニークなCo-opADV続編『We Were Here Too』Steam配信開始―日本語にも対応

Total Mayhem Gamesは、Co-opタイプの1人称アドベンチャー『We Were Here Too』をSteamにて配信開始しています。

PC Windows
音声会話必須!ユニークなCo-opADV続編『We Were Here Too』Steam配信開始―日本語にも対応
  • 音声会話必須!ユニークなCo-opADV続編『We Were Here Too』Steam配信開始―日本語にも対応
  • 音声会話必須!ユニークなCo-opADV続編『We Were Here Too』Steam配信開始―日本語にも対応
  • 音声会話必須!ユニークなCo-opADV続編『We Were Here Too』Steam配信開始―日本語にも対応

Total Mayhem Gamesは、Co-opタイプの1人称アドベンチャー『We Were Here Too』をSteamにて配信開始しています。


同作は役割の別れた2人のプレイヤーが会話を通じてお互いの情報を交換し、謎を解いていく無料ADV『We Were Here』の続編となるタイトル。前作同様に、今作でも2人のプレイヤーが会話を通じて協力して謎を解いていくのが基本進行となります。


ストアページによれば、本作の特徴としては、プレイごとにランダムに変化するパズルや、2人のプレイヤーの経験するストーリーが異なることなどが挙げられる模様です。また、海外メディアPCGamerのインタビューによれば、舞台となる城Castle Rockの謎へと迫るストーリー要素も大幅に強化されているとのこと。他にもサーバーブラウザーシステムの改良も行われています。


また、本作は日本語にも対応。前作で英語のリドルに苦しんだ、というユーザーでも気軽にプレイすることが可能です。

『We Were Here Too』は、SteamにてWindows/Mac/Linux向けに1,010円で配信中。2月10日までは15%引きの858円で購入可能です。またゲーム中の専用スキンなどが含まれた「Supporter Edition」DLCも698円で配信されています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ブロック工作サンドボックス『Trailmakers』正式リリース!自由な発想で陸海空を遊び尽くす

    ブロック工作サンドボックス『Trailmakers』正式リリース!自由な発想で陸海空を遊び尽くす

  2. ダッシュモーションがより自然に!『ゴーストリコン ブレイクポイント』クローズドベータからの改善点が公開

    ダッシュモーションがより自然に!『ゴーストリコン ブレイクポイント』クローズドベータからの改善点が公開

  3. PC版『バットマン』6作品がEpic Gamesストアにて期間限定無料配信!次回は『Everything』『Metro 2033 Redux』

    PC版『バットマン』6作品がEpic Gamesストアにて期間限定無料配信!次回は『Everything』『Metro 2033 Redux』

  4. SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』基本無料で早期アクセス開始!日本語にも対応

  5. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  6. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

  7. ボクセルベースのアクションRPG『Cube World』ローンチトレイラー公開

  8. Epic、PC版『ボーダーランズ3』進行データ消失不具合のホットフィックス配信―消失したデータの復旧は不可能

  9. PCゲームランチャー「Rockstar Games Launcher」登場!『Grand Theft Auto: San Andreas』無料配信も

  10. PC版『ボーダーランズ3』最小/推奨スペックおよび映像オプション項目が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top