Twitter画像投稿botが「約30年前の未発表ゲーム」を偶然発掘、お蔵入り作品の歩んだ旅路とは… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Twitter画像投稿botが「約30年前の未発表ゲーム」を偶然発掘、お蔵入り作品の歩んだ旅路とは…

Twitter上でランダムにGIF動画を投稿し続けるBotから、正体不明のアドベンチャーゲームと思しきイメージが公開され、「1990年代の未発売作品」のスクリーンショットであったことが判明しました。

ゲーム文化 レトロゲーム
Twitter画像投稿botが「約30年前の未発表ゲーム」を偶然発掘、お蔵入り作品の歩んだ旅路とは…
  • Twitter画像投稿botが「約30年前の未発表ゲーム」を偶然発掘、お蔵入り作品の歩んだ旅路とは…

Twitter上でランダムにGIF動画を投稿し続けるBotから、正体不明のアドベンチャーゲームと思しきイメージが公開され、「1990年代の未発売作品」のスクリーンショットであったことが判明しました。

発端となったのは上記ツイート。当初はSpinnaker Software開発のCD-iアドベンチャー『Laser Lords』の一風変わった派生バージョンと見られていたようですが、The Video Game History Foundationの調査によって、そのスクリーンショットが『Startribes』と呼ばれる『Laser Lords』の前身的作品であることが解き明かされました。


MS-DOS用作品『Startribes』は当時のゲーム雑誌で取り上げられていたことも明かされましたが、Spinnaker Softwareは結局この作品を発売することなく閉鎖していたのだとか。当時「まもなく発売」と広告が打たれていたものの、実際に世に出ることはなかったようです。

この画像を世に広めた@gifs_botは、「GIFs Galore」と呼ばれる1992年のCD-ROMから画像を収集し、Twitterへと自動投稿しているBotアカウント。その収録イメージの大部分は当時の掲示板に貼られていたものであったため、『Startribes』のスクリーンショットは「90年代初頭にSpinnaker Softwareの従業員がどこかの掲示板に貼り付けていた」ものと考えられています。

約30年間という長い時の中で、掲示板からCD-ROM、Twitterと巡り歩いてきた『Startribes』。The Video Game History FoundationはこのCD-ROMの調査を通して更なる「失われしゲームソフトの関連データ」を発掘したらしく、1枚のGIF画像から始まったお宝探しはもう少し続くことになりそうです。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

    「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

  2. 『バイオハザード RE:2』LINEスタンプ登場!キャラだけでなく驚きの”豆腐”も…

    『バイオハザード RE:2』LINEスタンプ登場!キャラだけでなく驚きの”豆腐”も…

  3. 『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ

    『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ

  4. 2019年の「ネット流行語100」が発表!『Undertale』『スマブラSP』『ポケモン剣盾』などがランクイン

  5. Netflixドラマ「ウィッチャー」“ゲラルト”“シリラ”“イェネファー”紹介トレイラー公開!

  6. チェルノブイリの悪路を走破せよ!『Spintires』新DLC「Chernobyl」配信開始!

  7. 実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『新クトゥルフ神話TRPG ルールブック』体験版公開!「悪霊の家」が遊べるクイックスタート・ルール

  10. ネタ満載すぎてどうかしてる『PUBG』カオス編集映像「PUBG.EXE RETURNS」公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top