海賊ACT『Sea of Thieves』はルートボックス非採用、課金要素には検討の可能性 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海賊ACT『Sea of Thieves』はルートボックス非採用、課金要素には検討の可能性

海外メディアの報道より、レア社が開発を進めている海賊アクションアドベンチャー『Sea of Thieves』に「ルートボックス」が実装されない予定であることが明かされました。

ニュース ゲーム業界
海賊ACT『Sea of Thieves』はルートボックス非採用、課金要素には検討の可能性
  • 海賊ACT『Sea of Thieves』はルートボックス非採用、課金要素には検討の可能性
海外メディアの報道より、レア社が開発を進めている海賊アクションアドベンチャー『Sea of Thieves』に「ルートボックス」が実装されない予定であることが明かされました。

PC GamerがデザインディレクターMike Chapman氏に確認したところによると、『Sea of Thieves』にルートボックスを導入することは「決して起こらない」ということです。マイクロトランザクション(少額課金)に関わる要素は今後検討していく可能性があると伝えられています。

Chapman氏は「どのような形であれ『Sea of Thieves』にギャンブル要素は加えられない」とも発言。また、装飾品に関わるマイクロトランザクションの「新たな取り組み」も示唆されたとのことですが、その詳細は明かされていません。

更に、Chapman氏はマイクロトランザクションを多く利用したユーザーが優位になる「ペイトゥーウィン」についても「まったく話にならない」とコメント。「どんなことが『Sea of Thieves』の取るべき手法なのか」「どんなことがプレイヤーにとって価値のあることなのか」を考えながら開発することこそが使命であると主張したとのことです。
《キーボード打海》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 往年のゾンビ撃ちまくりシューターが蘇る!『THE HOUSE OF THE DEAD: Remake』海外スイッチ向けに発表

    往年のゾンビ撃ちまくりシューターが蘇る!『THE HOUSE OF THE DEAD: Remake』海外スイッチ向けに発表

  2. 34年の時を経て新生『月風魔伝』見参!『GetsuFumaDen: Undying Moon』Steam/スイッチ向けに発表―Steam早期アクセスは5月14日から

    34年の時を経て新生『月風魔伝』見参!『GetsuFumaDen: Undying Moon』Steam/スイッチ向けに発表―Steam早期アクセスは5月14日から

  3. リュウと春麗が「パワーレンジャー」の格闘ゲーム『Power Rangers: Battle for the Grid』に参戦!

    リュウと春麗が「パワーレンジャー」の格闘ゲーム『Power Rangers: Battle for the Grid』に参戦!

  4. 今度は2.5D! 高評価スケボーゲーム新作『OlliOlli World』発表―鮮やかな世界で謎に満ちたスケートの神々を探そう

  5. 若者のe-Sports活動を支援!「DeToNator」と「ぶいすぽっ!」による“U25応援キャンペーン”が開催決定―『Apex Legends』のコラボ配信リレーも

  6. 『ファイナルファンタジーXIV』Windows版スタータパックが14円に!14日間限定セールが実施

  7. 「初代『The Last of Us』リメイクが進行中」「『Days Gone』続編の制作が却下された」など複数の噂を海外メディアが報道【UPDATE】

  8. 退社した元『Days Gone』ディレクターが「続編が却下された」との噂に反応―続編に一時的に着手していたことも認める

  9. スラブ民話を基にした街づくり+ストラテジー+サバイバル+アドベンチャー『Gord』発表

  10. 青春ミステリーADV続編『OXENFREE II: Lost Signals』発表!前作の出来事から5年後を描く

アクセスランキングをもっと見る

page top