『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告

早期アクセス中のバトルロイヤルシューター『H1Z1』について、現在のプレイヤー数がピーク時と比較して約j91%減少していることが海外統計サイトから報告されています。

ニュース ゲーム業界
『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告
  • 『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告
Daybreak Game Companyによって早期アクセス中のバトルロイヤルシューター『H1Z1』。本作の現在におけるプレイヤー数が最盛期と比較して約91%減少していると海外統計サイトのGitHypから報告されています。

同サイトの報告によれば、『H1Z1』は最盛期である2017年7月にはピーク時に約15万人、毎時平均約8万6千人の同時接続数を誇っていました。しかし、2018年2月以降は毎日の同時接続数が1万人を下回る日がほとんどで、ピーク時でも最大でおよそ1万4千人程度と、最盛期と比較して約91%のプレイヤーがゲームを離れていることが確認されています。

また、同サイトは報告されたプレイヤー減少について、同ジャンルの後発作品である『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』や『Fortnite: Battle Royale』の影響を挙げているほか、デベロッパーによるサポートの不足や長期化している早期アクセスを原因として指摘しています。

商業バトルロイヤルジャンルにおける元祖として知られる『H1Z1』。今回の報告から大幅なプレイヤー減少の憂き目に遭っていることが明らかになった同作ですが、デベロッパーにはプレイヤーの声を聞いた上での再起が期待されます。
《吉河卓人》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  2. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

    『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

  3. VRステルスACT『Espire 1: VR Operative』発表! 新たな「VR酔い」対策も

    VRステルスACT『Espire 1: VR Operative』発表! 新たな「VR酔い」対策も

  4. 海外版PS Now、PS4/PS2アーカイブスのPS4へのローカルダウンロード、DLC購入に対応

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  6. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

  7. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  8. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  9. カメラが介す淡い初恋…韓国SmileGate 、PSVR用恋愛アドベンチャー『FOCUS on YOU』を発表【TGS2018】

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top