『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告

早期アクセス中のバトルロイヤルシューター『H1Z1』について、現在のプレイヤー数がピーク時と比較して約j91%減少していることが海外統計サイトから報告されています。

ニュース ゲーム業界
『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告
  • 『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告
Daybreak Game Companyによって早期アクセス中のバトルロイヤルシューター『H1Z1』。本作の現在におけるプレイヤー数が最盛期と比較して約91%減少していると海外統計サイトのGitHypから報告されています。

同サイトの報告によれば、『H1Z1』は最盛期である2017年7月にはピーク時に約15万人、毎時平均約8万6千人の同時接続数を誇っていました。しかし、2018年2月以降は毎日の同時接続数が1万人を下回る日がほとんどで、ピーク時でも最大でおよそ1万4千人程度と、最盛期と比較して約91%のプレイヤーがゲームを離れていることが確認されています。

また、同サイトは報告されたプレイヤー減少について、同ジャンルの後発作品である『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』や『Fortnite: Battle Royale』の影響を挙げているほか、デベロッパーによるサポートの不足や長期化している早期アクセスを原因として指摘しています。

商業バトルロイヤルジャンルにおける元祖として知られる『H1Z1』。今回の報告から大幅なプレイヤー減少の憂き目に遭っていることが明らかになった同作ですが、デベロッパーにはプレイヤーの声を聞いた上での再起が期待されます。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『MORDHAU』今後のアップデート計画を公開―乱雑な町や地中海風の城など新マップやランクモードも

    『MORDHAU』今後のアップデート計画を公開―乱雑な町や地中海風の城など新マップやランクモードも

  2. 『レインボーシックス クアランティン』は2020年4月までに発売される―海外投資家向け発言

    『レインボーシックス クアランティン』は2020年4月までに発売される―海外投資家向け発言

  3. 『Crackdown 3』などの開発手掛けるSumo Digitalが2Kと新プロジェクトを進行中

    『Crackdown 3』などの開発手掛けるSumo Digitalが2Kと新プロジェクトを進行中

  4. 『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

  5. 『モンハン:ワールド』5つの「アステラ祭」が7月26日より5週連続開催!『アイスボーン』に向けて未入手装備を狙え

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『ボーダーランズ 3』過去シリーズキャラの吹替声優は全て続投―山路和弘/檜山修之ら新キャストも発表

  8. 「NEOGEO mini サムライスピリッツ限定セット」6月27日発売決定!『サムスピ』シリーズ6作品をはじめとする全40作品収録

  9. 『ボーダーランズ3』超 “Happy Together” トレイラーが公開!みんなと超ハッピーな瞬間を

  10. ニンテンドースイッチ『ドラクエXI S』2019年9月27日に全世界同時発売決定【E3 2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top