忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら

忍ismは、同社が運営するプロゲーミングチーム「Fudoh(不動)」、女性ゲーミングチーム「Kacho-Fugetsu(花鳥風月)」の所属選手を発表しました。

ゲーム文化 e-Sports
忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら
  • 忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら
  • 忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら

忍ismは、同社が運営するプロゲーミングチーム「Fudoh(不動)」、女性ゲーミングチーム「Kacho-Fugetsu(花鳥風月)」の所属選手を発表しました。

1月の発表の通り「Fudoh」は『ストリートファイターV』のプロゲーミングチームとして、また「Kacho-Fugetsu」は『スプラトゥーン2』の女性ゲーミングチームとして活動することになります。

「Fudoh」所属選手については、e-Sportsシーンに飛び込もうとする若手選手、またこれまで実績のある経験豊富な選手を採用したとしており、ハイタニ選手や藤村(元ゆかどん)選手らも名を連ねています。同チームでは海外プロシーンに挑戦するためのサポートをしていくとのことです。

一方、女性ゲーミングチームの「Kacho-Fugetsu」には想定以上の応募があり、「月組」と「花組」の2チーム制となることが明らかになりました。急遽追加された「Kacho-Fugetsu 月組」は関東圏外在住者のみで構成されています。チームとしての活動においては、タイトルの魅力を伝えていくだけでなく、世界中のコミュニティとつながるため、「国際交流」「スポーツマンシップ」「真剣勝負」の3つを念頭に置き活動が行われるとのこと。また、「Fudoh」と同様に、海外オフライン大会への渡航費を含む、国内外の大会出場などのサポートもしていくということです。

なお「Kacho-Fugetsu」では、海外選手ともストリーマーとして採用したことも明らかにしています。

今後の具体的な活動については、それぞれのチームのTwitterアカウント(@Team_Fudoh)(@KachoFugetsu_sp)にて随時公開していくということです。

■ストリートファイターV部門「Fudoh(不動)」
  • ハイタニ(@hai090)
  • 藤村(@fujimura333) ※元ゆかどん選手
  • 大谷(@otani_saru)
  • ジョニィ(@Johnny4act)
  • ハク(@hakujin0914)
  • ヤマグチ


■スプラトゥーン2部門 Kacho-Fugetsu(花鳥風月) 月組
  • しをたん(@siwotan_)
  • あさい(@runqv)
  • りぃ*(@Riiiinano)
  • りょく(@ramik49)


■スプラトゥーン2部門 Kacho-Fugetsu(花鳥風月) 花組
  • かまぼこ(@boko_sprl)
  • ドスコイ☆花子(@DosukoiFlower)
  • あくとりおん(@r_ion919)
  • こもも(@___kmm)


■Kacho-Fugetsu(花鳥風月) ストリーマー
とっとこトラこう(@torakou)
《kuma》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

    『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

  2. Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

    Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

  3. 映画版『ボーダーランズ』監督は「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロスが担当! 2月末に更なる情報公開へ

    映画版『ボーダーランズ』監督は「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロスが担当! 2月末に更なる情報公開へ

  4. 観客も巻き込むローグライトなコンバットレーシング『Bloody Rally Show』Steamにて配信開始!

  5. 伊藤潤二風味のコズミックホラーRPG『恐怖の世界』早期アクセス開始ーSAN値を削る新トレイラーも

  6. 「東京ゲームショウ2020」開催概要が発表!今年のテーマは「未来は、まずゲームにやって来る。」

  7. ミニマルなサバイバル探索ゲーム『Nira』早期アクセス開始日決定ー動きが細かい新トレイラー披露

  8. 海外ファンがModを使用せずに『マインクラフト』で『メトロイド フュージョン』を再現!

  9. シュールで笑える『スカイリム』NPCの真似をし続ける男性の動画―ついにPart13まで登場

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top