忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら

ゲーム文化 e-Sports

忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら
  • 忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら
  • 忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら

忍ismは、同社が運営するプロゲーミングチーム「Fudoh(不動)」、女性ゲーミングチーム「Kacho-Fugetsu(花鳥風月)」の所属選手を発表しました。

1月の発表の通り「Fudoh」は『ストリートファイターV』のプロゲーミングチームとして、また「Kacho-Fugetsu」は『スプラトゥーン2』の女性ゲーミングチームとして活動することになります。

「Fudoh」所属選手については、e-Sportsシーンに飛び込もうとする若手選手、またこれまで実績のある経験豊富な選手を採用したとしており、ハイタニ選手や藤村(元ゆかどん)選手らも名を連ねています。同チームでは海外プロシーンに挑戦するためのサポートをしていくとのことです。

一方、女性ゲーミングチームの「Kacho-Fugetsu」には想定以上の応募があり、「月組」と「花組」の2チーム制となることが明らかになりました。急遽追加された「Kacho-Fugetsu 月組」は関東圏外在住者のみで構成されています。チームとしての活動においては、タイトルの魅力を伝えていくだけでなく、世界中のコミュニティとつながるため、「国際交流」「スポーツマンシップ」「真剣勝負」の3つを念頭に置き活動が行われるとのこと。また、「Fudoh」と同様に、海外オフライン大会への渡航費を含む、国内外の大会出場などのサポートもしていくということです。

なお「Kacho-Fugetsu」では、海外選手ともストリーマーとして採用したことも明らかにしています。

今後の具体的な活動については、それぞれのチームのTwitterアカウント(@Team_Fudoh)(@KachoFugetsu_sp)にて随時公開していくということです。

■ストリートファイターV部門「Fudoh(不動)」
  • ハイタニ(@hai090)
  • 藤村(@fujimura333) ※元ゆかどん選手
  • 大谷(@otani_saru)
  • ジョニィ(@Johnny4act)
  • ハク(@hakujin0914)
  • ヤマグチ


■スプラトゥーン2部門 Kacho-Fugetsu(花鳥風月) 月組
  • しをたん(@siwotan_)
  • あさい(@runqv)
  • りぃ*(@Riiiinano)
  • りょく(@ramik49)


■スプラトゥーン2部門 Kacho-Fugetsu(花鳥風月) 花組
  • かまぼこ(@boko_sprl)
  • ドスコイ☆花子(@DosukoiFlower)
  • あくとりおん(@r_ion919)
  • こもも(@___kmm)


■Kacho-Fugetsu(花鳥風月) ストリーマー
とっとこトラこう(@torakou)
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

    世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

  2. 『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

    『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

  3. 『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

    『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

  4. 「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

  5. 『アサシン クリード オデッセイ』でスパルタンなウォリアーになってきた―美しい古代ギリシャでアテナイと対峙【E3 2018】

  6. 『Dead by Daylight』2周年を記念したグッズが販売開始!ー抽選で“ハントレス”のマスクも

  7. 開発スタッフが語る『Ghost of Tsushima』(仮称)で描かれる美しい日本―侍は武士道が通用しない敵にどう立ち向かう?【E3 2018】

  8. クロスステッチで再現された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』渾身のワールドマップ!600時間以上を費やして制作

  9. 悪夢のインディーホラー『Year Of The Ladybug』がアートブックとして復活へ―クラウドファンディング開始、ゲーム化再始動も示唆

  10. 数々の発表を振り返る!「E3 2018」各社プレスカンファレンスひとまとめのひとまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top