忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら

忍ismは、同社が運営するプロゲーミングチーム「Fudoh(不動)」、女性ゲーミングチーム「Kacho-Fugetsu(花鳥風月)」の所属選手を発表しました。

ゲーム文化 e-Sports
忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら
  • 忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら
  • 忍ismが運営するゲーミングチームの所属選手が発表―『ストV』プロチームにハイタニ選手ら

忍ismは、同社が運営するプロゲーミングチーム「Fudoh(不動)」、女性ゲーミングチーム「Kacho-Fugetsu(花鳥風月)」の所属選手を発表しました。

1月の発表の通り「Fudoh」は『ストリートファイターV』のプロゲーミングチームとして、また「Kacho-Fugetsu」は『スプラトゥーン2』の女性ゲーミングチームとして活動することになります。

「Fudoh」所属選手については、e-Sportsシーンに飛び込もうとする若手選手、またこれまで実績のある経験豊富な選手を採用したとしており、ハイタニ選手や藤村(元ゆかどん)選手らも名を連ねています。同チームでは海外プロシーンに挑戦するためのサポートをしていくとのことです。

一方、女性ゲーミングチームの「Kacho-Fugetsu」には想定以上の応募があり、「月組」と「花組」の2チーム制となることが明らかになりました。急遽追加された「Kacho-Fugetsu 月組」は関東圏外在住者のみで構成されています。チームとしての活動においては、タイトルの魅力を伝えていくだけでなく、世界中のコミュニティとつながるため、「国際交流」「スポーツマンシップ」「真剣勝負」の3つを念頭に置き活動が行われるとのこと。また、「Fudoh」と同様に、海外オフライン大会への渡航費を含む、国内外の大会出場などのサポートもしていくということです。

なお「Kacho-Fugetsu」では、海外選手ともストリーマーとして採用したことも明らかにしています。

今後の具体的な活動については、それぞれのチームのTwitterアカウント(@Team_Fudoh)(@KachoFugetsu_sp)にて随時公開していくということです。

■ストリートファイターV部門「Fudoh(不動)」
  • ハイタニ(@hai090)
  • 藤村(@fujimura333) ※元ゆかどん選手
  • 大谷(@otani_saru)
  • ジョニィ(@Johnny4act)
  • ハク(@hakujin0914)
  • ヤマグチ


■スプラトゥーン2部門 Kacho-Fugetsu(花鳥風月) 月組
  • しをたん(@siwotan_)
  • あさい(@runqv)
  • りぃ*(@Riiiinano)
  • りょく(@ramik49)


■スプラトゥーン2部門 Kacho-Fugetsu(花鳥風月) 花組
  • かまぼこ(@boko_sprl)
  • ドスコイ☆花子(@DosukoiFlower)
  • あくとりおん(@r_ion919)
  • こもも(@___kmm)


■Kacho-Fugetsu(花鳥風月) ストリーマー
とっとこトラこう(@torakou)
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

    ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  3. HyperX、PS4向けヘッドセットやゲーミングイヤホンなど続々発表!「練習」に向き合うプロゲーマーの声も聞けたステージレポ【TGS2018】

    HyperX、PS4向けヘッドセットやゲーミングイヤホンなど続々発表!「練習」に向き合うプロゲーマーの声も聞けたステージレポ【TGS2018】

  4. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  5. インディーゲームコーナーで見かけた日本の懐かしいゲームたちを一挙紹介!【TGS2018】

  6. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  7. 名作STG『サンダーフォースIII&IV』の主人公機がfigma化!―しかもセットで発売予定

  8. ドット絵アクションADV『ANNO Mutationem』―「SCP」ひしめくサイバーパンク世界で脅威に対峙せよ!【BitSummit Roadshow: Tokyo 2018】

  9. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  10. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top