『ディビジョン2』国内向けにも告知―現在の制作体制など開発元の声明全文 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ディビジョン2』国内向けにも告知―現在の制作体制など開発元の声明全文

ユービーアイソフトは、『ディビジョン』シリーズ開発チームMassive Entertainmentから告知された、「次回作に関する発表」を国内向けに公開しました。

ニュース 発表
『ディビジョン2』国内向けにも告知―現在の制作体制など開発元の声明全文
  • 『ディビジョン2』国内向けにも告知―現在の制作体制など開発元の声明全文
  • 『ディビジョン2』国内向けにも告知―現在の制作体制など開発元の声明全文
  • 『ディビジョン2』国内向けにも告知―現在の制作体制など開発元の声明全文

ユービーアイソフトは、『ディビジョン(Tom Clancy's The Division)』シリーズ開発チームMassive Entertainmentから告知された、「次回作に関する発表」を国内向けに公開しました。

『ディビジョン』の公式生放送内にて存在が明言されたばかりの『ディビジョン2』ですが、開発元Massive Entertainmentは、現在の開発体制や第1作目に関する今後のロードマップを明らかにしています。

Massive Entertainmentは素晴らしい数年を過ごすことが出来ました。『ディビジョン』の開発が始まってから、このゲームの可能性を信じ続け、絶対成功させるんだという強い信念のもと過ごしてきました。そして、皆様のサポートがあったからこそ目標を達成し、今なお消えない強い思いを抱き続けていられるのです。

2年前に『ディビジョン』が発売された後も継続してゲームを開発し続け、生配信や定期的なアンケート、SNSを通じて世界中の皆様と直接関りあえる機会を作り続けました。アップデートや変更を行う前にフィードバックをいただくためテストサーバーも開設しました。私たちは常に『ディビジョン』をより良いゲームにするための努力は惜しみません。最近のアップデート1.8においても皆様から頂いた数々の意見を反映したものとなっています。

今までに行ってきたアップデートはチーム自体にもいい影響を与えてくれました。皆様から頂く意見に素早く対応できるようになり、現在では今まで以上に『ディビジョン』をどうすればより良いゲームになるかというビジョンが明確に見えています。

これらを踏まえたうえで、私たちは『ディビジョン』は“大きなストーリーの序章である”ととらえています。そして、この『ディビジョン』の次のステップについて発表できることをとてもうれしく思います。

現在私たちは『ディビジョン2』の開発に取り掛かっていることを発表します。そして、この開発はMassive Entertainmentが、アネシースタジオ、レッドストーム、レフレクションズスタジオ、ブカレストスタジオそして上海スタジオと協力して開発しています。『ディビジョン2』はアップデートされたSnowdropエンジンを使用し、続編である『ディビジョン2』をさらなる高みへと押し上げてくれるでしょう。しかし、我々は過去2年間に『ディビジョン』で学んだことを最大限に活用して『ディビジョン2』を完成させることに全力を注ぎます。

それだけではありません。『ディビジョン』はまだまだ続きます。発売して2年たった現在、私たちは新たな2つのタイトルアップデートを予定しています。これらのアップデートでは2つのグローバルイベント、難易度レジェンダリーのミッションが含まれます。


それだけではなく、2018年6月には、『ディビジョン2』の発売時にゲーム内でリワードを受け取ることのできる「シールド」というイベントが『ディビジョン』で開始されます。

私たちのチームは、皆様の2年間のサポートに心から感謝をしています。そして、『ディビジョン2』に関して、E3 2018で発表できることを楽しみにしています。

Massive Entertainment(マッシヴ エンターテインメント) クリエイティブディレクター
ジュリアン・ギャリティ

ストーリーがどう展開するかも気になる『ディビジョン2』の詳細は、6月にアメリカで開催予定のE3 2018にて公開される予定です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

    『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

  2. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  3. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

    PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  4. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  7. 『バイオハザード RE:2』にハンク&しっかり関西弁な豆腐が登場!「The 4th/豆腐 Survivor」情報が公開

  8. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  9. 『モンハン:ワールド』「アステラ祭【感謝の宴】」1月26日開催―『ウィッチャー3』コラボは2月8日から

  10. SFパズルアドベンチャー『Afterlight』がPC向けに発表!4月からKickstarterを予定

アクセスランキングをもっと見る

page top