Valveが「ゲームを再び出荷していく方針」明かす―ゲイブ氏「いつも任天堂のような会社に嫉妬していた」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valveが「ゲームを再び出荷していく方針」明かす―ゲイブ氏「いつも任天堂のような会社に嫉妬していた」

海外メディアの報道より、Valveがゲームを再び販売していく方針であることが明らかになりました。

ニュース ゲーム業界
海外メディアの報道より、Valveがゲームを再び販売していく方針であることが明らかになりました。

PC Games Nによれば、Valve共同創業者ゲイブ・ニューウェル氏は『Artifact』発表会を通して、「今、私達は再びゲームを出荷していく予定にある」とのコメントを述べたとのこと。彼は『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のような作品を成功させるために多くの作業をしてきたと語りながら、プラットフォームやハードウェアへの取り組みに留まらない「ゲーム販売」の計画があることを明かしています。

また、PC Gamerの報道では、ゲイブ・ニューウェル氏は「私達は任天堂のような会社にいつも嫉妬していた」とも述べていたのだとか。コントローラーとソフトウェアの繋がりを考え、ハードウェアデザインを「可能な限り見栄えの良いもの」に設計していく宮本茂氏の手法について、「それは私達が嫉妬してきたものであり、皆さんは、私達が後続としてアドバンテージをとっているところを目の当たりにすることでしょう」ともコメント。Valve今後のハードウェア展開は、「ソフトウェア設計との連携」を見た上で注力していくものと見られています。

なお、『Half-Life 3』に関するコメントは見られていない模様ですが、今後Valve開発のゲームが『Artifact』を皮切りに複数登場するのであれば、現代のゲーマーにとって熱視線が集まること必至と言えるでしょう。
《キーボード打海》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  3. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  4. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  6. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  7. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  8. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  9. 「Momodora」開発元による横スクロールアクション『Minoria』発表―手描きとトゥーンレンダリングの融合作品

  10. 『Fallout 76』国内発売日が11月15日に決定―北米版との表現内容の差異は「無し」【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top