『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ

2017年夏にアメリカにて行われた、『ポケモンGO』海外リアルイベント「Pokemon GO Festシカゴ」。同イベントでの進行トラブルを巡り起こっていた、ナイアンティックとイベント参加者との訴訟の和解が成立したと報告されています。

アプリゲーム iOS
『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ
  • 『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ
  • 『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ
2017年夏にアメリカにて行われた、『ポケモンGO』海外リアルイベント「Pokemon GO Festシカゴ」。同イベントでの進行トラブルを巡り起こっていた、ナイアンティックとイベント参加者との訴訟の和解が成立したと海外メディアPolygonなどが報じています。

2017年7月に行われた、該当のイベント「Pokemon GO Festシカゴ」では、伝説のポケモンの初登場を目玉にした大規模なゲーム連動の展開が予定されていましたが、特定地域にプレイヤーが集中しすぎたために、会場に物理的に入ることができないプレイヤーが発生したばかりか、正常な『ポケモンGO』のプレイが行えない自体まで発生。イベント参加者による、交通費・滞在費などを含めた集団訴訟が発生していました。

ナイアンティックはその後、イベント参加者にチケットと100ドル相当のゲーム内通貨「ポケコイン」での払い戻しを実施。さらに今回の、総額約158万ドルに及ぶ和解では、新たにイベント参加者は交通費や宿泊代など7つの異なるカテゴリーから請求が可能となる模様です。なお、返金資格のあるプレイヤーに対してはメールで通知されるとのこと。

AR人気モバイルタイトルの意外な盲点とも言えた一連の流れ。今後、同様のイベントで問題が発生しないことを祈るばかりではないでしょうか。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『PUBG MOBILE』の『バイオハザード RE:2』コラボ実装日が2月19日に決定!

    『PUBG MOBILE』の『バイオハザード RE:2』コラボ実装日が2月19日に決定!

  2. Android版『Stardew Valley』事前予約スタートーいつでもスマホで農場スローライフ

    Android版『Stardew Valley』事前予約スタートーいつでもスマホで農場スローライフ

  3. 『PUBG MOBILE』と『バイオハザード RE:2』がコラボ決定!詳細は近く発表

    『PUBG MOBILE』と『バイオハザード RE:2』がコラボ決定!詳細は近く発表

  4. iOS版『Stardew Valley』国内配信開始!スマホでもスローライフな農場経営はいかが?

  5. 『ポケモン GO』1月30日より「パルキア」が伝説レイドバトルに登場―空間をゆがめる能力に打ち勝て

  6. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  7. 『VA-11 HALL-A』が『ドールズフロントライン』とのコラボを発表!詳細は近日明らかに【UPDATE】

  8. 【特集】世界遺産「ワルシャワ歴史地区」で『ポケモンGO』やってみた―あのバリヤードも!

  9. モバイル版『ARK: Survival Evolved』が海外配信! いつでもどこでも恐竜サバイバル

  10. 『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベル40到達、Bot利用のデータ確認目的で【ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る

page top