『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ

2017年夏にアメリカにて行われた、『ポケモンGO』海外リアルイベント「Pokemon GO Festシカゴ」。同イベントでの進行トラブルを巡り起こっていた、ナイアンティックとイベント参加者との訴訟の和解が成立したと報告されています。

アプリゲーム iOS
『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ
  • 『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ
  • 『ポケモンGO』海外リアルイベント参加者・運営の訴訟が和解―1部追加返金対応へ
2017年夏にアメリカにて行われた、『ポケモンGO』海外リアルイベント「Pokemon GO Festシカゴ」。同イベントでの進行トラブルを巡り起こっていた、ナイアンティックとイベント参加者との訴訟の和解が成立したと海外メディアPolygonなどが報じています。

2017年7月に行われた、該当のイベント「Pokemon GO Festシカゴ」では、伝説のポケモンの初登場を目玉にした大規模なゲーム連動の展開が予定されていましたが、特定地域にプレイヤーが集中しすぎたために、会場に物理的に入ることができないプレイヤーが発生したばかりか、正常な『ポケモンGO』のプレイが行えない自体まで発生。イベント参加者による、交通費・滞在費などを含めた集団訴訟が発生していました。

ナイアンティックはその後、イベント参加者にチケットと100ドル相当のゲーム内通貨「ポケコイン」での払い戻しを実施。さらに今回の、総額約158万ドルに及ぶ和解では、新たにイベント参加者は交通費や宿泊代など7つの異なるカテゴリーから請求が可能となる模様です。なお、返金資格のあるプレイヤーに対してはメールで通知されるとのこと。

AR人気モバイルタイトルの意外な盲点とも言えた一連の流れ。今後、同様のイベントで問題が発生しないことを祈るばかりではないでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

    『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  2. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

    Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

  3. ぐにゃぐにゃACT『ヒューマン フォール フラット』モバイル版の発売日発表!

    ぐにゃぐにゃACT『ヒューマン フォール フラット』モバイル版の発売日発表!

  4. 『FFXIV』×ARカメラアプリ「SNOW」コラボスタンプ配信開始―誰でも簡単にミコッテに変身!

  5. スマホ向けMMO『リネージュM』プレイレポ―ビジュアルはクラシックながら、整理されたUIで快適に

  6. 農業生活シム『Stardew Valley』がモバイルに!iOS/Android版が海外発表

  7. 『リーグ・オブ・レジェンド』のモバイル版がテンセントとRiot Gamesにより開発中―海外メディア報道

  8. 『オートチェス』Android日本語対応版がGoogle Playでリリース!

  9. 『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種が拡張、LG V10やGoogle Pixel等が追加

  10. 『荒野行動』開発元の新作『第五人格』が中国配信ー『Dead by Daylight』風非対称スマホ対戦【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top