NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言

ゲーム文化 カルチャー

NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言
  • NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言
NetEase GamesがスマートフォンやPC向けにサービス提供中のバトルロイヤルゲーム『荒野行動』。先日、PUBG Corp.より提起された本作への訴訟報道について、公式Twitterがコメントを公開しました。

Game*Sparkでもお伝えした訴訟問題ですが、NetEaseは、『荒野行動』のサービスを継続する方針であることを明言。同作については、「弊社(※NetEase)が開発し、パブリッシングしたバトルロイヤルゲームです」としています。

また、「『荒野行動』を開発する過程では、沢山の要素を組み込んでおります。例えば、オリジナルの遊び方、設定、風景等があります。プレイヤーの皆様がスマートフォンでもバトルロイヤルゲームを楽しむことができるように、創作に大々的に取り組んでおります。」ともコメントしています。

さらに、一連の訴訟報道後、Twitterを中心に「サービス終了」という誤情報が流れていますが(訴訟が提起された段階であるため、現時点で配信/開発の停止は決定していない)、こういった情報や『荒野行動』のイメージを侵害するすべての虚偽提訴や誤情報に対して、NetEaseは「あらゆる適切な法的措置を講じる権利を有しています」と法的手段を取る可能性も示唆しました。


国内で大きな話題となった本訴訟問題ですが、PUBG Corp.が、NetEaseに対して訴訟をしたのは事実。今後、どのような展開になるのか、いましばらくゲーマーの注目を集めることになりそうです。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 54 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』ら3作品の“ルートボックス”を違法認定

    ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』ら3作品の“ルートボックス”を違法認定

  2. MS、『Halo Online』をプレイ可能にする有志Modに公式データの削除求める―旧作『Halo』PC版新展開も示唆

    MS、『Halo Online』をプレイ可能にする有志Modに公式データの削除求める―旧作『Halo』PC版新展開も示唆

  3. 『オーバーウォッチ』vs『Team Fortress 2』!海外ファンによる力作動画

    『オーバーウォッチ』vs『Team Fortress 2』!海外ファンによる力作動画

  4. サノスは無理ゲー……ー「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」RPG風動画が公開!

  5. あっこれかぁ!『フォートナイト』エモートの元ネタたち―海外YouTubeユーザーがまとめ

  6. 米国で30歳女性が恋人を日本刀で刺すー理由は浮気と『PUBG』のやりすぎ

  7. 『オーバーウォッチ』「レトリビューション」に関する機密文書が…黒く塗り潰された人物は誰?

  8. Mod導入ソフト「Nexus Mod Manager」に最新アップデート、旧バージョンはオンライン使用不可に

  9. Rush Gaming首位!「CoD: WWII プロ対抗戦」第1回レポ―賞金総額1000万円を掛けてプロゲーマーが闘う

  10. PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加

アクセスランキングをもっと見る

page top