NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言

NetEase GamesがスマートフォンやPC向けにサービス提供中のバトルロイヤルゲーム『荒野行動』。先日、PUBG Corp.より提起された本作への訴訟報道について、公式Twitterがコメントを公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言
  • NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言
NetEase GamesがスマートフォンやPC向けにサービス提供中のバトルロイヤルゲーム『荒野行動』。先日、PUBG Corp.より提起された本作への訴訟報道について、公式Twitterがコメントを公開しました。

Game*Sparkでもお伝えした訴訟問題ですが、NetEaseは、『荒野行動』のサービスを継続する方針であることを明言。同作については、「弊社(※NetEase)が開発し、パブリッシングしたバトルロイヤルゲームです」としています。

また、「『荒野行動』を開発する過程では、沢山の要素を組み込んでおります。例えば、オリジナルの遊び方、設定、風景等があります。プレイヤーの皆様がスマートフォンでもバトルロイヤルゲームを楽しむことができるように、創作に大々的に取り組んでおります。」ともコメントしています。

さらに、一連の訴訟報道後、Twitterを中心に「サービス終了」という誤情報が流れていますが(訴訟が提起された段階であるため、現時点で配信/開発の停止は決定していない)、こういった情報や『荒野行動』のイメージを侵害するすべての虚偽提訴や誤情報に対して、NetEaseは「あらゆる適切な法的措置を講じる権利を有しています」と法的手段を取る可能性も示唆しました。


国内で大きな話題となった本訴訟問題ですが、PUBG Corp.が、NetEaseに対して訴訟をしたのは事実。今後、どのような展開になるのか、いましばらくゲーマーの注目を集めることになりそうです。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 57 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

    『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  2. 名作STG『サンダーフォースIII&IV』の主人公機がfigma化!―しかもセットで発売予定

    名作STG『サンダーフォースIII&IV』の主人公機がfigma化!―しかもセットで発売予定

  3. インディーゲームコーナーで見かけた日本の懐かしいゲームたちを一挙紹介!【TGS2018】

    インディーゲームコーナーで見かけた日本の懐かしいゲームたちを一挙紹介!【TGS2018】

  4. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  5. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  6. ドット絵アクションADV『ANNO Mutationem』―「SCP」ひしめくサイバーパンク世界で脅威に対峙せよ!【BitSummit Roadshow: Tokyo 2018】

  7. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

  8. 『ラブプラスEVERY』『閃の軌跡IV』『ハイパースポーツ R』などが盛り上がるコナミブースレポート!【TGS2018】

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』や『キャサリン・フルボディ』などがお出迎え!セガ/アトラスブースレポート【TGS2018】

  10. 『無双OROCHI 3』『DEAD OR ALIVE 6』など、全13タイトル出展!コーエーテクモゲームスブースレポート【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top