NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言

NetEase GamesがスマートフォンやPC向けにサービス提供中のバトルロイヤルゲーム『荒野行動』。先日、PUBG Corp.より提起された本作への訴訟報道について、公式Twitterがコメントを公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言
  • NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言
NetEase GamesがスマートフォンやPC向けにサービス提供中のバトルロイヤルゲーム『荒野行動』。先日、PUBG Corp.より提起された本作への訴訟報道について、公式Twitterがコメントを公開しました。

Game*Sparkでもお伝えした訴訟問題ですが、NetEaseは、『荒野行動』のサービスを継続する方針であることを明言。同作については、「弊社(※NetEase)が開発し、パブリッシングしたバトルロイヤルゲームです」としています。

また、「『荒野行動』を開発する過程では、沢山の要素を組み込んでおります。例えば、オリジナルの遊び方、設定、風景等があります。プレイヤーの皆様がスマートフォンでもバトルロイヤルゲームを楽しむことができるように、創作に大々的に取り組んでおります。」ともコメントしています。

さらに、一連の訴訟報道後、Twitterを中心に「サービス終了」という誤情報が流れていますが(訴訟が提起された段階であるため、現時点で配信/開発の停止は決定していない)、こういった情報や『荒野行動』のイメージを侵害するすべての虚偽提訴や誤情報に対して、NetEaseは「あらゆる適切な法的措置を講じる権利を有しています」と法的手段を取る可能性も示唆しました。


国内で大きな話題となった本訴訟問題ですが、PUBG Corp.が、NetEaseに対して訴訟をしたのは事実。今後、どのような展開になるのか、いましばらくゲーマーの注目を集めることになりそうです。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  2. ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

    ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

  3. 『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

    『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

  4. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  5. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  6. 『デビル メイ クライ』再アニメ化!『悪魔城ドラキュラ』アニメ版とのクロスオーバーも……?

  7. PS4版『レインボーシックス シージ』国内公式大会が開催決定ー誰でも参加可能

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

  10. 本物級!『Apex Legends』人気武器「ピースキーパー」を実際に作ったユーザー現る

アクセスランキングをもっと見る

1
page top