Steam版『クロノ・トリガー』第1回アップデート実施―グラフィック選択機能の実装やフォントの変更など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam版『クロノ・トリガー』第1回アップデート実施―グラフィック選択機能の実装やフォントの変更など

スクウェア・エニックスは先日予告していたSteam版『クロノ・トリガー』の第1回アップデートを本日実施しました。

PC Windows
Steam版『クロノ・トリガー』第1回アップデート実施―グラフィック選択機能の実装やフォントの変更など
  • Steam版『クロノ・トリガー』第1回アップデート実施―グラフィック選択機能の実装やフォントの変更など

スクウェア・エニックスは先日予告していたSteam版『クロノ・トリガー』の第1回アップデートを本日実施しました。今回のアップデート内容は以下の通り。

◆グラフィック選択機能の実装(オリジナルグラフィックの追加)
現在の「高解像グラフィック」に加え、原作版のドット表現により近づけた「オリジナルグラフィック」を選択できる機能が実装されました。
メニュー画面の「せってい」から、「高解像」と「オリジナル」を選択することができます。ゲーム開始時にも選択できます。

◆フォントの変更
端末に搭載された標準フォントから、よりゲームの世界観に合わせたフォントへ変更しました。
フォント変更が行われた言語は、日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語です。
中国語(繁体字・簡体字)、韓国語のフォント変更は、次回のアップデートで実施予定です。

◆ウインドウのグラフィック変更
会話やメニュー画面などのウインドウのグラフィックを、より原作版の色調に近づけました。

その他
・タイトル画面のロゴグラフィックを綺麗に調整しました。
・ゲーム起動時のムービーとデモ画面の再生順を、過去作品に一致するように変更しました。
・ご利用の言語と異なる言語が一部で表示される不具合を修正しました。
・その他、PCでのプレイに合わせ、ゲーム内テキストや細かい不具合を多数修正しました。

Steam版『クロノ・トリガー』は1,944円で配信中。2018年5月を予定している次回アップデートでは、ゲームコントローラやキーボード、マウスでプレイするユーザーに向けた全体的なUI(操作方法や画面レイアウト)の変更及び選択機能の実装を複数回に渡って実施するとのことです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 都市建設シム『アノ1800』DLCやシーズンパスの内容が判明―海外向けトレイラーも

    都市建設シム『アノ1800』DLCやシーズンパスの内容が判明―海外向けトレイラーも

  2. サバイバルホラー『Chernobylite』約30分に渡る公式ゲームプレイ映像!戦闘から探索まで一挙公開

    サバイバルホラー『Chernobylite』約30分に渡る公式ゲームプレイ映像!戦闘から探索まで一挙公開

  3. 『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

    『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

  4. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  5. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  6. 『オーバーウォッチ』陽光降り注ぐ新マップ「Havana」がPC版PTRに登場!

  7. 硬派なボクセルホラーADV『The Padre』正式版が配信!悪魔の力の謎を解け

  8. 2DドットアクションRPG『Dark Devotion』PC版が4月25日発売決定―死闘を制し寺院の闇を解明せよ

  9. ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

  10. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top