Steam版『クロノ・トリガー』第1回アップデート実施―グラフィック選択機能の実装やフォントの変更など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam版『クロノ・トリガー』第1回アップデート実施―グラフィック選択機能の実装やフォントの変更など

スクウェア・エニックスは先日予告していたSteam版『クロノ・トリガー』の第1回アップデートを本日実施しました。

PC Windows
Steam版『クロノ・トリガー』第1回アップデート実施―グラフィック選択機能の実装やフォントの変更など
  • Steam版『クロノ・トリガー』第1回アップデート実施―グラフィック選択機能の実装やフォントの変更など

スクウェア・エニックスは先日予告していたSteam版『クロノ・トリガー』の第1回アップデートを本日実施しました。今回のアップデート内容は以下の通り。

◆グラフィック選択機能の実装(オリジナルグラフィックの追加)
現在の「高解像グラフィック」に加え、原作版のドット表現により近づけた「オリジナルグラフィック」を選択できる機能が実装されました。
メニュー画面の「せってい」から、「高解像」と「オリジナル」を選択することができます。ゲーム開始時にも選択できます。

◆フォントの変更
端末に搭載された標準フォントから、よりゲームの世界観に合わせたフォントへ変更しました。
フォント変更が行われた言語は、日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語です。
中国語(繁体字・簡体字)、韓国語のフォント変更は、次回のアップデートで実施予定です。

◆ウインドウのグラフィック変更
会話やメニュー画面などのウインドウのグラフィックを、より原作版の色調に近づけました。

その他
・タイトル画面のロゴグラフィックを綺麗に調整しました。
・ゲーム起動時のムービーとデモ画面の再生順を、過去作品に一致するように変更しました。
・ご利用の言語と異なる言語が一部で表示される不具合を修正しました。
・その他、PCでのプレイに合わせ、ゲーム内テキストや細かい不具合を多数修正しました。

Steam版『クロノ・トリガー』は1,944円で配信中。2018年5月を予定している次回アップデートでは、ゲームコントローラやキーボード、マウスでプレイするユーザーに向けた全体的なUI(操作方法や画面レイアウト)の変更及び選択機能の実装を複数回に渡って実施するとのことです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. セミファンタジー中世RTS『BANNERMEN』Steamで発売!ユニット操作に重点が置かれた戦闘要素がキモ

    セミファンタジー中世RTS『BANNERMEN』Steamで発売!ユニット操作に重点が置かれた戦闘要素がキモ

  2. 週末セール情報ひとまとめ『Shadow of the Tomb Raider』『Just Cause 4』『ゴーストリコン ワイルドランズ』他

    週末セール情報ひとまとめ『Shadow of the Tomb Raider』『Just Cause 4』『ゴーストリコン ワイルドランズ』他

  3. 『Apex Legends』で『オーバーウォッチ』元プロが36ソロキルの世界記録を樹立

    『Apex Legends』で『オーバーウォッチ』元プロが36ソロキルの世界記録を樹立

  4. Epic Gamesストアにて高評価ミステリーADV『Thimbleweed Park』が期間限定無料配布!

  5. 見下ろし型SF協力シューター『Trident's Wake』早期アクセス開始!人類最後のコロニー上で種の滅亡に抗う

  6. シューター初心者に捧ぐ!「エイム力を磨けるPC用FPS&練習ソフト」4本を徹底比較

  7. 老舗宇宙MMO『EVE Online』たった1人の裏切りで大規模同盟が瓦解寸前に、同盟リーダーは永久BAN

  8. 日本を舞台に戦車がバンバン!『Tokyo Warfare Turbo』基本無料でSteam早期アクセス開始

  9. 『P.T.』の影響受けた新作サイコホラー『Visage』の早期アクセスが開始!

  10. 日本舞台の侍2Dアクション『The Path To Die』発売日決定―右スティックがそのまま刀の振り方に

アクセスランキングをもっと見る

page top