PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加

The Irregular Corporationは、PC自作シミュレーター『PC Building Simulator』へ日本語対応を含む新アップデートを実施しました。

ゲーム文化 インディーゲーム
PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加
  • PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加
  • PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加
  • PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加
  • PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加
  • PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加
  • PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加
  • PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加
  • PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加

The Irregular Corporationは、PC自作シミュレーター『PC Building Simulator』へ日本語対応を含む新アップデートを実施しました。

同作は、PCを細かく自作し、動作させることが目的のシミュレータータイトル。メインとなるキャリアモードでは、叔父の個人経営のPCサポート会社を継いだプレイヤーが、顧客から寄せられる様々なPCトラブルの解決や、PCのグレードアップ依頼をこなしていくことになります。



日本語化のおかげで操作や依頼内容などが分かりやすくなったため、英語が苦手なプレイヤーでも楽しめるようになったほか、PCについての知識を気軽に深めていけるようになりました。



また、MSIやAMD、GIGABYTEなど有名メーカーとコラボしているのも特徴で、様々な実在パーツがゲームへと登場。SLI/CrossFireといった構成も可能な他、自由にPCを組むことが可能なフリービルドモードもあるため、実物に手を出すにはあまりに高価な夢のマシンを組む事も可能です。




今回のアップデートでは、日本語対応のほか、ゲーム内の音楽プレイヤーで手持ちのmp3ファイルやインターネットラジオの再生が可能に。また、AMDの“RX Vega 56”と“RX Vega 64”が追加されています。なお、開発のClaudiu Kiss氏は、今後のアップデートで「水冷」を実装することを明らかにしています。


『PC Building Simulator』はSteamにて2,050円で配信中です。
《Arkblade》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『NieR:Automata』新カラーリングの「2B」がブリングアーツに登場!組み合わせ可能な「ウェポンコレクション 」も公開

    『NieR:Automata』新カラーリングの「2B」がブリングアーツに登場!組み合わせ可能な「ウェポンコレクション 」も公開

  2. 『キングダム ハーツIII』カフェ2月2日より開催決定!キャンペーンメニューの提供や限定グッズの販売を予定

    『キングダム ハーツIII』カフェ2月2日より開催決定!キャンペーンメニューの提供や限定グッズの販売を予定

  3. アーケード『電車でGO!!』大型アプデを2月下旬に実施─初の私鉄路線「阪神電鉄」登場

    アーケード『電車でGO!!』大型アプデを2月下旬に実施─初の私鉄路線「阪神電鉄」登場

  4. 『フォートナイト』アイスキングによってマップ全域が雪に覆われる!一度だけのイベントで

  5. ダース・モール俳優がVRリズムゲーム『Beat Saber』をプレイ!キューブも“真っ二つ”

  6. すっごいリアルな『スマブラ』キャラを『ゴッド・オブ・ウォー』アートディレクターが描く―もはや別ゲー

  7. 『フォートナイト』海外ストリーマーに約810万円の”投げ銭”が届く!想定外の高額ドネーションの送り主は…?

  8. 自分だけのポケモンシャツが注文できるサービスが2月末より開始!ポケモンに夢中だった頃を思い出す動画も公開

  9. 『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

  10. 『World of Tanks』年始イベント「紅白WoT合戦」レポ―大きく盛り上がった「第5回JUC大会」も

アクセスランキングをもっと見る

page top