オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

オランダの賭博当局は、複数のゲームタイトルに搭載された“ルートボックス”がギャンブルに値するとして是正命令を行っています。

ニュース ゲーム業界
オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視
  • オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視
  • FIFA 18
オランダの賭博当局は、複数のゲームタイトルに搭載された“ルートボックス”がギャンブルに値するとして是正命令を行っています。

DutchNewsによれば、これはオランダの賭博当局によって実施された人気10タイトルに対する調査の結果を受けてのもので、調査対象の内4タイトルが対象となっています。これらのタイトルは、“ルートボックス”でのアイテム出現が運に依存している他、アイテムの現金化、もしくは現金に類するものへの換金が可能となっており、そのことがオランダの賭博に関する法律に違反しているとのことです。

対象となったパブリッシャーや開発者は2018年6月20日までに、それらのタイトルから子供によるルートボックスへのアクセスと、ルートボックスの中毒性をもたらす要素を削除しない限り、ゲームの禁止を含む処分が下るとされています。

また、賭博当局は“ルートボックス”の中毒性を警告。デザインやメカニズムがスロットマシンやルーレットなどのギャンブルに酷似していると指摘し、パブリッシャーと開発者に対して、“ルートボックス”開封時の演出の削除や連続での開封機能の削除などを求めました。

オランダの公共放送組織NOSによれば、今回対象となったタイトルは、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』、『Dota 2』、『FIFA 18』、『ロケットリーグ』の4本となります。再び大きな動きを見せた“ルートボックス”問題。今後この動きに追従する国は現れていくのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Satisfactory』開発者の一人がEpic Gamesストア独占の利点について語る―「より良いゲームを作ることに集中できる」

    『Satisfactory』開発者の一人がEpic Gamesストア独占の利点について語る―「より良いゲームを作ることに集中できる」

  2. 宇宙海賊ローグライクACT『P1R4T3S』発表、『Lovecraft's Untold Stories』開発元が手掛ける新作

    宇宙海賊ローグライクACT『P1R4T3S』発表、『Lovecraft's Untold Stories』開発元が手掛ける新作

  3. シリーズ最新作となるアクションADV『Darksiders Genesis』PC版が12月5日にリリースと発表

    シリーズ最新作となるアクションADV『Darksiders Genesis』PC版が12月5日にリリースと発表

  4. 中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

  5. 地獄ホラー新作『Succubus』発表!『Agony』に登場した淫魔サキュバスが主人公に

  6. 『メタルマックス』の新世代を告げるティーザー映像を公開─世界はリアルに描かれ、“ポチ”も走る!

  7. THQ Nordicが日本法人THQ Nordic Japan設立―日本市場でのビジネスを本格始動

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. Valveのゲイブ・ニューウェル氏、4年以上も前に”独占"について言及していた―「誰にとっても良くない考え」

  10. リングに上がれ!『WWE 2K20』最新トレイラー―白熱の試合やホラーな試合も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top