SFゲームの世界?米陸軍研究所で「壁越しに人物を特定できる」新技術が開発中、サーモグラフィーで政府要人の確認も可能か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SFゲームの世界?米陸軍研究所で「壁越しに人物を特定できる」新技術が開発中、サーモグラフィーで政府要人の確認も可能か

米陸軍研究所より、「ウォールハック」を彷彿とさせる「壁越しの顔認識」の実現性を示す新たな報告書が公開されました。

ゲーム文化 その他
SFゲームの世界?米陸軍研究所で「壁越しに人物を特定できる」新技術が開発中、サーモグラフィーで政府要人の確認も可能か
  • SFゲームの世界?米陸軍研究所で「壁越しに人物を特定できる」新技術が開発中、サーモグラフィーで政府要人の確認も可能か
アメリカ陸軍研究所のBenjamin S Riggan氏ら研究チームは、サーモグラフィー画像から個人を識別する顔認識技術に関する報告書を公開しました。

ニューラルネットワークを用いたこの技術では、サーモグラフィー画像内の人物を「顔写真データベース」と照らし合わせ、個人の特定が可能になるとのこと。視界の悪い現場のみならず、「壁越し」で特定の人物を認識できる可能性もあるようです。

TheNextWebは、これは政府監視リストにある要人を特定する支援技術として計画されているものと見ています。プロジェクトは初期段階ということですが、その進行度は上々で、すでにサーモグラフィー画像と小規模な「顔写真データベース」を使った特定もできているのだとか。今後は現場でリアルタイムの顔認識に対応するよう、機能を拡張させることもできるようです。

一部のゲーマーにとっては「ウォールハック」のような印象を受けそうなこの技術ですが、将来は軍隊や警察組織での配備も有り得るかもしれません。しかしながら、個人のプライバシーを侵害する可能性も懸念され、TheNextWebは「(正しく使われることを)前向きに信じていますか?」と疑問の声も見られています。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

    『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  2. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

    実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  3. バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

    バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

  4. 『Fallout 76 Power Armor Edition』生地が違うと問題になった特典バッグの交換が開始?ユーザーが写真投稿

  5. 「DeToNator」代表・江尻勝氏とStreamer・YamatoN氏がASUS JAPANの新製品発表会でゲーミングPCとe-Sportsの今を語る

  6. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  7. 半裸実写格闘『ブリーフカラテ』世界大会が大阪で開催決定―世界よ、これがブリーフカラテだ!

  8. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

  9. 98年風『バイオショック』のデメイク映像!―ビッグダディの不気味さがより一層…

  10. 群衆を描く謎のゲーム『KIDS』配信開始!最後の一人がいなくなるまで…

アクセスランキングをもっと見る

page top