『フォートナイト』あまりの人気で開発元と似た名前のホビーショップに間違い電話が殺到 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォートナイト』あまりの人気で開発元と似た名前のホビーショップに間違い電話が殺到

「アベンジャーズ」とのコラボイベントが開催されるなど、国内外で大きな人気を博しているEpic Gamesの『フォートナイト』。そんな同作が誇る人気の影響を、思わぬ形で受けている人物の存在が海外メディアのKotakuより報道されています。

ゲーム文化 カルチャー
『フォートナイト』あまりの人気で開発元と似た名前のホビーショップに間違い電話が殺到
  • 『フォートナイト』あまりの人気で開発元と似た名前のホビーショップに間違い電話が殺到
  • 『フォートナイト』あまりの人気で開発元と似た名前のホビーショップに間違い電話が殺到
「アベンジャーズ」とのコラボイベントが開催されるなど、国内外で大きな人気を博しているEpic Gamesの『フォートナイト』。そんな同作が誇る人気の影響を、思わぬ形で受けている人物の存在が海外メディアのKotakuより報道されています。

その人物は、アメリカのオハイオで「Epic Loot Games」というホビーショップのアシスタントマネージャーを務めるHunter Davies氏。同氏は、『フォートナイト』の人気が爆発して以来、Epic Games宛ての間違い電話が数百件単位で増え、ユーザーの不平や不満を聞く機会が格段に増加したことを告白しています。

同氏によると、間違い電話は子どものユーザーに多いらしく、彼らはEpic Gamesには電話によるライブサポートがないことを知らない場合が多いとのこと。そのようなケースでは、Davies氏は彼らにEpic Gamesのウェブサイトを見るように指示し、電話のあて先が間違っていることを説明するそうです。

しかし、中には単純な悪戯目的や、Epic Loot Gamesを本当にEpic Gamesのサポート部門だと思っているユーザーもいるらしく、時には子どもの母親と電話することになり、息子への嫌がらせをやめるよう要求されたケースもあるとのこと。少年からかかってきたという電話のなかには「ゲームと、サーバーを直しやがれ!(Fワード付き)」というのもあったのだとか。

色々と災難な目に合っていると思われる同氏ですが、本人はそれでもEpic Loot Gamesという店名に誇りを持っており、店名を変更するつもりはないそうです。
《吉河卓人》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

    『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

  2. 「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

    「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

  3. 『Heroes of a Broken Land 2』正式発表―ランダム世界を旅する3DダンジョンRPG続編!

    『Heroes of a Broken Land 2』正式発表―ランダム世界を旅する3DダンジョンRPG続編!

  4. 早すぎた名作を今振り返る―『アストロノーカ』20周年記念トークショーレポート

  5. 猫のアナとソルジャー76が共闘する『オーバーウォッチ』ファンメイドアニメ!

  6. 本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

  7. 3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

  8. 『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

  9. アリアナ・グランデの腕に『ポケモン』イーブイのタトゥーが彫られる、ゲーム好きな一面も明らかに

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り

アクセスランキングをもっと見る

page top