甘い話にご用心、『フォートナイト』不正ツールにスパイウェアの混入を確認 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

甘い話にご用心、『フォートナイト』不正ツールにスパイウェアの混入を確認

Epic Gamesの人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト』。同作の不正ツールにスパイウェアの混入が行われていることを海外ストリーミングサービスのCEOが警告しています。

家庭用ゲーム PS4
甘い話にご用心、『フォートナイト』不正ツールにスパイウェアの混入を確認
  • 甘い話にご用心、『フォートナイト』不正ツールにスパイウェアの混入を確認
Epic Gamesの人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト バトルロイヤル』。同作の不正ツールにスパイウェアの混入が行われていることを海外ストリーミングサービスのCEOが警告しています。

これは、海外ストリーミングサービス“Rainway”において、何十万件もの謎のエラーが内部的に発生していたことから発覚したもの。Rainway CEO、Andrew Sampson氏がブログで説明するところによれば、このエラーは実施していない広告を原因としていることが判明。そのリクエストの出処を調査すると、全ての該当プレイヤーが『フォートナイト』をプレイしていたことが明らかになりました。

これを『フォートナイト』不正ツールが原因と睨んだRainway側は、YouTube上に溢れる不正なツールの紹介をしらみ潰しにチェック。結果として、ある「無料のV-Bucks」を発生させるとしたエイムボットが全ての原因であると特定に至りました。なお、ツールは約7万8,000回以上ダウンロードされていたとのこと。

Sampson氏は、この結果に対し、Epicは、プレイヤーへの啓蒙や、YouTubeの監視など、更に良い対策ができるのではないかと提言しています。人気マルチゲームに付き物の不正ツールは、実際にゲーム上で不正な効果を得られるかどうかに関わらず、それ以外の問題をも内包しているもの。プレイヤーも、本ケースのように、本来全く関係ないと所へと迷惑を掛けるケースも有るため、けして目先の利益に惑わされることなく正しいゲームプレイを心がけましょう。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』「炎の試練」 アップデート4配信―暗所でのライティング調整や手動リーンなど

    『バトルフィールドV』「炎の試練」 アップデート4配信―暗所でのライティング調整や手動リーンなど

  2. 『Dead by Daylight』3周年記念ライブストリーム予告映像―貴重なプロトタイプもチラリ

    『Dead by Daylight』3周年記念ライブストリーム予告映像―貴重なプロトタイプもチラリ

  3. 『荒野行動』PS4版が発表!リリース時期などは未定

    『荒野行動』PS4版が発表!リリース時期などは未定

  4. 『スーパーロボット大戦T』「アップデートVer.1.03」&有料DLC「周回プレイ支援パック」配信開始!周回プレイが更にアツく、快適に

  5. 『エースコンバット7』モルガンやファルケンも映る機体DLCトレイラー公開!爆音ファンミやオケコンも開催決定

  6. アクションRPG『イモータル:アンチェインド』ゲームプレイトレイラー!ハードコアな戦場を戦い抜け

  7. スイッチ『スーパーリアル麻雀PVI』23年の時を経て復刻リリース─便利なガイド機能やミニゲーム「搾乳でポン」も搭載

  8. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. ダーク戦国アクションRPG『仁王2』のクローズドアルファが海外で近日実施!プレイシーン収めた映像も

  10. 『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

アクセスランキングをもっと見る

1
page top