甘い話にご用心、『フォートナイト』不正ツールにスパイウェアの混入を確認 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

甘い話にご用心、『フォートナイト』不正ツールにスパイウェアの混入を確認

Epic Gamesの人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト』。同作の不正ツールにスパイウェアの混入が行われていることを海外ストリーミングサービスのCEOが警告しています。

家庭用ゲーム PS4
甘い話にご用心、『フォートナイト』不正ツールにスパイウェアの混入を確認
  • 甘い話にご用心、『フォートナイト』不正ツールにスパイウェアの混入を確認
Epic Gamesの人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト バトルロイヤル』。同作の不正ツールにスパイウェアの混入が行われていることを海外ストリーミングサービスのCEOが警告しています。

これは、海外ストリーミングサービス“Rainway”において、何十万件もの謎のエラーが内部的に発生していたことから発覚したもの。Rainway CEO、Andrew Sampson氏がブログで説明するところによれば、このエラーは実施していない広告を原因としていることが判明。そのリクエストの出処を調査すると、全ての該当プレイヤーが『フォートナイト』をプレイしていたことが明らかになりました。

これを『フォートナイト』不正ツールが原因と睨んだRainway側は、YouTube上に溢れる不正なツールの紹介をしらみ潰しにチェック。結果として、ある「無料のV-Bucks」を発生させるとしたエイムボットが全ての原因であると特定に至りました。なお、ツールは約7万8,000回以上ダウンロードされていたとのこと。

Sampson氏は、この結果に対し、Epicは、プレイヤーへの啓蒙や、YouTubeの監視など、更に良い対策ができるのではないかと提言しています。人気マルチゲームに付き物の不正ツールは、実際にゲーム上で不正な効果を得られるかどうかに関わらず、それ以外の問題をも内包しているもの。プレイヤーも、本ケースのように、本来全く関係ないと所へと迷惑を掛けるケースも有るため、けして目先の利益に惑わされることなく正しいゲームプレイを心がけましょう。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 給付金はゲーム課金ではなく自身や周囲の生活応援に……『War Thunder』運営がTwitterで異例の投稿

    給付金はゲーム課金ではなく自身や周囲の生活応援に……『War Thunder』運営がTwitterで異例の投稿

  2. 『アサシン クリード ヴァルハラ』は主人公の性格の一貫性を重視―ナラティブディレクターによる解説映像

    『アサシン クリード ヴァルハラ』は主人公の性格の一貫性を重視―ナラティブディレクターによる解説映像

  3. 今遊びたいおすすめタイトル「インディーズゲーム セレクション」がPS.Blogにて第2回まで公開中

    今遊びたいおすすめタイトル「インディーズゲーム セレクション」がPS.Blogにて第2回まで公開中

  4. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  5. ヨドバシ・ドット・コム、ニンテンドースイッチ本体の抽選販売をスタート―期限は5月26日10:59まで

  6. ジョーシンアプリ、ニンテンドースイッチ本体と『リングフィット アドベンチャー』の抽選販売を開始―受付は5月31日まで

  7. 『The Last of Us Part II』の新たなプレイ映像を披露する「State of Play」が近日実施!

  8. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【5月26日】─「ヨドバシ・ドット・コム」の抽選受付は午前10時59分まで

  9. 『Ghost of Tsushima』で描かれる中世日本・対馬と時代劇へのリスペクト―アート/クリエイティブ・ディレクターインタビュー

  10. 『フォートナイト』自分だけの島はどうやって作る?新モード「クリエイティブ」プレイガイド!【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top