BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力

錦織圭選手や大坂なおみ選手の大活躍により、日本でも再ブームが巻き起こりつつあるテニス。そんなテニスの臨場感を自宅で楽しめる本格シミュレーションゲーム『テニス ワールドツアー』が、2018年7月26日にPS4/ニンテンドースイッチにて発売されます。

Game*Spark PR
BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力
  • BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力
  • BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力
  • BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力
  • BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力
  • BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力
  • BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力
  • BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力
  • BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力

頭脳と体力の両方が試される紳士のスポーツ・テニス。

最近では、錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍がめまぐるしく、日本でもますます人気が高まっていますよね。そんなテニスの臨場感を自宅で楽しめる本格シミュレーションゲーム『テニス ワールドツアー』が、2018年8月30日にPS4/ニンテンドースイッチにて発売されます。

国内では約7年ぶりのテニスシミュレーションゲームということで、期待も高まるばかりですが、今回筆者はそんな『テニス ワールドツアー』を発売前にプレイすることができました。そこで本稿では、本作のポイントを私感を交えつつご紹介していきます。

◆プロ選手のウエアから鳥のさえずりまで!すべての再現度がハイクオリティ


オリジナルキャラクターを育て世界一を目指す「キャリア」、基礎~高度な操作練習を行える「テニススクール」、歴代のプロ選手と対戦できる「エキシビジョン」など、多彩なモードから本格テニスシミュレーションを体感できる本作。


まず全編を通して感じられるのが、そのリアリティの高さです。「エキシビジョン」ではロジャー・フェデラーをはじめ多数のプロ選手が収録されており、顔立ちからウエアまで忠実に再現。テニスファン垂涎のラインナップとなっています。憧れの選手を動かして戦えるのはもちろん、伝説の名勝負を蘇らせることや、現実では実現不可能なドリームマッチを体験することも可能です。


また、「キャリア」ではオリジナルキャラクターの作成ができます。髪型や国籍はもちろん、叫び方の頻度や考え方まで詳細に設定できるので、凝り性な人は時間を取られてしまうこと間違いなし。自分のプレイスタイルに合わせるもよし、憧れの選手のスタイルに近づけるもよし。複数のキャラクターが作成・登録できるので、たくさんのタイプの違うキャラクターを作成してみるのも一興ですね。


試合の舞台となるコートは、グラス・クレー・ハードなどの全17種類 から選択可能。それぞれボールの弾み方が違うだけでなく、例えば音、観客の服装など細かな部分にも違いがあります。よく耳を澄ますと観客の咳払いや風・鳥の鳴き声まで聞こえ、本当に自分がその場でプレイしているような臨場感が味わえますよ。

◆人・地面・ボール――プレイヤーに“質感”が伝わる美麗グラフィック




そして忘れてはいけない本作の魅力は、そのグラフィックの美しさ。上記の画像を見比べればすぐにわかりますが、思わず息を呑むオブジェクトの質感。まるで本当にコートの上に立っているような臨場感が味わえます。


試合中、選手がよく踏むセンターマーク付近の砂が薄くなっているのもリアルです。観客のポーズも一人一人違い、このような細かな描写を見ているだけでも飽きません。

◆初心者でも安心!競技ルールまで学べるテニススクールモード



テニスゲームが初めてという方はここから始めれば安心!「テニススクール」では簡単な操作練習が学ぶことができます。「コートの反対側へ打ち返す」「移動してボールを打ち返す」など少しずつ基本を覚えていけるので、テニスのルールを全く知らない人でも安心です。


またこの「テニススクール」は、失敗してもゲームオーバーにならないので、何度もチャレンジできるのが嬉しいポイント。トレーニングの進行度が画面左上にパーセンテージで表示されるため、どこまで練習したかが一目でわかるのもとても便利です。高度な練習も用意されているため、初心者に限らず上級者でも楽しめるようになっていますよ。

◆世界の頂点を目指せ!オリジナルキャラで挑むキャリアモード



そして本作最大の肝となるのが、前述のキャラクリができる「キャリア」。作成したオリジナルキャラクターを用い、公式トーナメントでの試合やイベントを通じて世界ナンバーワンを目指すモードです。試合を重ねるごとにキャラクターはレベルアップしていき、得たポイントを攻撃・防御などのステータスへ割り振ることで、キャラクターの性能・プレイスタイルをカスタマイズすることができます。

それだけではありません。賞金でラケットやシューズなどの新しいアイテムを手に入れ、キャラクターに装備させることで、さらに複雑に能力のカスタマイズが可能。いかにプレイヤーにあった強力なキャラクターを作り上げることができるか、それが「キャリア」をクリアするカギとなります。


「キャリア」モードのステージは「チャレンジャー」「プロフェッショナル」「リアリスティック」の三種類。チャレンジャーでは実際の試合中継のようなリプレイが表示されるため、自分や相手のプレイを確認しながらゲームを進めていくことができますよ。現実と同じ時間進行でゲームが楽しめるリアリスティックは、リアル志向な方にオススメ。


ちなみにこの「キャリア」モード。「本日のプログラム」からトーナメントやイベントを選び、レベルを上げていくのですが……。あまり無理に試合をしすぎると故障してしまい、世界一が遠のいてしまうのでほどほどに。いかに適宜「休息」を挟ながら、レベルアップと賞金で得た装備でキャラクターを強化し、トップへと勝ち上がっていくか――公式トーナメントも様々な会場・規模のものが用意されており、どれをとっても失敗できない緊張感がたまりません。

◆エキシビジョンモードで憧れのプロ選手と対戦!



最後に紹介するのは「エキシビジョン」モード。いわゆる対戦モードで、「マッチ」と「トーナメント」に分かれています。ここでは、オリジナルキャラクターだけでなく多数のプロ選手の中からキャラクター選択ができるので、夢のような組み合わせの試合が楽しめます。ちなみに相手AIの強さはアマチュア~レジェンドの4段階から選ぶことが可能。オンラインモードも搭載されているので、全国の相手と対戦して盛り上がりましょう!

美麗なグラフィックにより、歴代の選手を動かしてのプレイやオリジナル選手の育成を楽しめる本作。テニス経験者の筆者から見ても、ストリングやソックスまで装備が選べるリアルさ、選手の息づかいまで聞こえてきそうななめらかな動きに、「テニスゲームはここまで進化していたのか……!」と驚きを隠せませんでした。オーソドックスな内容でありながら、ゲーム技術の進歩を感じられる作品と言えます。

そんな『テニス ワールドツアー』は8月30日に、7,800円(税抜)で発売予定。臨場感をたっぷりのテニスシミュレーションゲームで、BIG4にも負けないあなただけの最強テニスプレイヤーを作り上げてみませんか?
《新美友那》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

    【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

  2. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

    【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  3. 【特集】『初代プレステの名作/迷作ギャルゲー』7選―20年前の黄金期を振り返る

    【特集】『初代プレステの名作/迷作ギャルゲー』7選―20年前の黄金期を振り返る

  4. 初心者でも動画で分かる『LoL』Topレーンの戦い方(ダリウス編)

  5. 【E3 2017】ベセスダ遊園地イベント「Bethesdaland」に突入してきた!

  6. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  7. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  8. ゲームだけでなくバンド活動も!マルチに活躍するmaskoさん【ペイパルユーザーボイス企画】

  9. 【急募】Game*Sparkのデイリーニュースライター大募集!

  10. 【お知らせ】「じゃんげま」電子書籍版の販売もスタート!単行本の初版分も残りわずか

アクセスランキングをもっと見る

page top