元U-18水泳日本代表、現役キャスターのガチFPSプレイヤー、スタダGG!伊藤千凪海さん【ペイパル ユーザーボイス企画】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

元U-18水泳日本代表、現役キャスターのガチFPSプレイヤー、スタダGG!伊藤千凪海さん【ペイパル ユーザーボイス企画】

Game*Spark PR

元U-18水泳日本代表、現役キャスターのガチFPSプレイヤー、スタダGG!伊藤千凪海さん【ペイパル ユーザーボイス企画】
  • 元U-18水泳日本代表、現役キャスターのガチFPSプレイヤー、スタダGG!伊藤千凪海さん【ペイパル ユーザーボイス企画】
  • 元U-18水泳日本代表、現役キャスターのガチFPSプレイヤー、スタダGG!伊藤千凪海さん【ペイパル ユーザーボイス企画】
  • 元U-18水泳日本代表、現役キャスターのガチFPSプレイヤー、スタダGG!伊藤千凪海さん【ペイパル ユーザーボイス企画】
  • 元U-18水泳日本代表、現役キャスターのガチFPSプレイヤー、スタダGG!伊藤千凪海さん【ペイパル ユーザーボイス企画】
  • 元U-18水泳日本代表、現役キャスターのガチFPSプレイヤー、スタダGG!伊藤千凪海さん【ペイパル ユーザーボイス企画】

ゲーマーにはおなじみのSteamや映像・音楽配信サービスなどで利用できる、インターネットの決済サービス「ペイパル(PayPal)」。さまざまなステージで活躍されている方々に、そのメリットや利用シーンなど生の声を訊く「ペイパル ユーザーボイス企画」を連載でお届けします。第8回目は、プロのe-Sportsチーム「CHARLIE’S SPICE」のメンバーでもあり、「スタダGG!」ではコアなゲーム配信もされている「CHINAMIN」こと伊藤千凪海さんにインタビューを行いました。



──CHINAMINさんは水泳でU-18の日本代表に選出された経歴をお持ちとのことですね。e-Sportsプレイヤーとして活動していく中で、水泳競技との共通点は感じられましたか。


CHINAMIN:水泳は個人競技、『オーバーウォッチ』はチーム戦という違いはありますが、練習で自信をつけないと大会で実力を発揮できなかったり、練習がうまくいかないと本番で不安になるというのは同じだと思います。チーム戦なので、チームワークやメンバーとのコミュニケーションを意識してがんばっているところです。

──観客との距離感も異なると思いますが、その点はいかがでしょうか。

CHINAMIN:見られていることによる緊張ではないのですが、自分の主観視点を晒している分、ゲームのほうが緊張しますね。今のプレイがよくないとはっきり分かってしまうので。

──配信時のプレッシャーや、視聴者からのコメントについてはどう思われますか。

CHINAMIN:5月27日に参加した大会が、プロチーム化されてからの初めての経験でした。以前東京ゲームショウで戦ったプロチームの方々を相手に、今度は新たなチームメイトと一緒に対戦ができまして。最初はとても不安で緊張していたのですが、「笑顔!笑顔!」とか「練習したから大丈夫だよ!」など、和ませてくれるコメントをたくさんいただけました。e-Sportsは観客との距離感が近くていいですよね。瞬間的なプレイに関するアドバイスやメンタルケアもしていただけるので、とても助かっています。

──現在はプロe-Sportsチームの「CHARLIE’S SPICE」メンバーとしても活動されていますね。一日の活動スケジュールを教えてください。

CHINAMIN:私は日中の外出が多いため、夜の21時から翌日2時くらいの間に練習していて、週に4回のチーム活動があります。『オーバーウォッチ』に限らず息抜きゲームもやっています。基本的にはシューターで、『PUBG』や『フォートナイト』などPCゲームしかプレイしません。ゲーム歴は1年経っていなくて、『ぷよぷよ』も知らないぐらいでした(笑)。

──『オーバーウォッチ』では、どのロールを担当することが多いですか。

CHINAMIN:サブタンクでプレイしています。盾構成が流行っていることもあり、ザリアがメインで、マップによってはリーパーを出して高所に対応しています。東京ゲームショウなどではDPSをやっていたのですが、エイムキャラはやっぱり好きなんですよね。プロチームに入ってからの私の実力ではサブタンクでがんばろうと思っていますし、このポジションもとても好きです。

──チーム練習はやはり厳しいのでしょうか。

CHINAMIN:トライアウトを受けてからチームに入れたのですが、最初はサブメンバーでずっと観戦ばかりでした。個人練習をしたい気持ちもあって、週4の4時間の活動は正直負担でした。当時はチーム練習で怒られたり辛いイメージがあったのですが、今はとても楽しくて、朝5時ぐらいまでゲームをしないでしゃべったりもできる、いい関係性ができています。水泳だと団体戦ってリレー競技ぐらいしかなくて、メンバーの仲が良くなくてもできてしまうんですよね。今はみんなのメンタルも影響しますし、チームの中で唯一、元々事務所に所属をしていて芸能活動をしていたので、みんなを引っ張って行けるように……と意識はしています。

──『オーバーウォッチ』のほかにはどのようなタイトルをプレイされていますか。

CHINAMIN:『PUBG』や『フォートナイト』、『Dead by Daylight』など、エイム力を求められるゲームが好きです(笑)。個人配信では『オーバーウォッチ』と『フォートナイト』をやっています。『フォートナイト』の建築やキャラのポップな感じは新鮮です。『PUBG』はリアルさもあり、シューターの面白さが詰まっていて好みです。1位になるという明確な目標があるのもいいですね。ソロではキルをとられたら終わりですが、スクワッドやデュオなら蘇生があり、アイテムを分担したり、敵の位置をみんなで共有できて、勝ったときもわーって盛り上がるので好きです。『オーバーウォッチ』は私の中ではガチで、プロ意識をもって取り組むゲームなので神経を使いますが、『フォートナイト』や『PUBG』は負けても次に切り替えていける点も魅力です。

──他のチームメイトの方ともプレイされていますか。

CHINAMIN:『フォートナイト』などは遊びます。私はシューター以外やったことがなくて、手を出してみたい気持ちはありますがイメージができなくて……みんなは農場ゲーや『マインクラフト』などをプレイしていますね。

──次にやってみたいゲームはありますか。

CHINAMIN:『レインボーシックス シージ』、『CS:GO』などに興味があります。あとは、『Raft』のようなわいわい系のゲームもやってみたいなと思っています。

──オンラインショッピングは普段どのような用途で使っていますか。

CHINAMIN:主に化粧品で、店頭で色を試してからネットで買います。海外コスメも買います。あとは洋服とか、その他生活雑貨も買っています。注文して届くのはやっぱり楽ですよね。ただ、海外サイトはちょっと不安です。

──ゲーミング機器などはオンラインで購入しますか。

CHINAMIN:支給して頂いているものや、ファンの方からいただいたD.Vaのヘッドセットとマウスパッドを使っています。ただ、マウスパッドは使いやすい大きめのものを選んでいます。視聴者さんに教えてもらいながら、今後も自分に合うものを見つけていきたいです。

──オンラインショッピングにまつわるエピソードがあればお聞かせください。

CHINAMIN:海外サッカーが好きで、スペイン・バルセロナの試合を自分でチケットを取って観に行ったことがあります。せっかく行くならいい席で観たいと思って、サイドの1列目の席を取りました。ただ、チケットは現地で振り替えるというもので……。会場近くで無事に振り替えできたのですが、ちょっと怖かったですね。

──そのとき、支払いはどうされましたか。

CHINAMIN:旅行がてらだったので、クレジットカードで払いました。飛行機やホテルはちゃんとした旅行会社を通して予約しましたが、チケットは海外の会社だったので不安はありました。

──初めてペイパルをご利用されたのはどのような用途だったのでしょうか。

CHINAMIN:Steamでのゲーム購入だったのですが、「今ので買えたんだ!」という手軽さがありました。『エイムヒーロー』と『CS:GO』と『レインボーシックス シージ』、私の周りのゲーマーの子がやっている『Raft』、『ASTRONEER』とか『Portal 2』などを買いました。決済が楽でポンポンと。

──どのようなかたちでペイパルのメリットを感じていますか。

CHINAMIN:1回登録したら手間がかからず、手軽にカードが手元になくても買えますし、「これほしい!」と思ったときにパッと買えるのでとても楽なところです。

──ペイパルは買い手保護制度が充実していて商品が届かない場合、全額返金されるサービスなどもあるとのことです。またデジタルコンテンツにも適用されるみたいです。

CHINAMIN:そうなんですか!オンラインで買い物する際に安心ですね。ぜひ今後もペイパルを使っていきたいです!

──今後、「こういうときはペイパルを使う!」と決めているものがあれば教えてください。

CHINAMIN:ネットでの買い物全般に使いたいですね。家具や愛犬のごはんなども全部ネット買っているので、「これはペイパルで」というより全般的に使えたら生活が楽になると思います。

──これからペイパルを使い始めるユーザーや、まだ利用したことがないネットユーザーにおすすめしたい「ペイパルの魅力」を教えてください。

CHINAMIN:ペイパルを知らない人は一度試しにアカウントを作って、登録して使ってみてほしいです。アカウントを作るのも簡単でした。初心者の方でも、ゲームを買うときであればデモ版を試しにやってみて楽しかったら買う、というのががおすすめです。私も以前はほとんどゲームをしなかったのですが、「え?」と自分でびっくりするくらいめっちゃハマってます(笑)。

──本日はありがとうございました。



伊藤千凪海(いとうちなみ)
1993年12月3日 東京都出身。
水泳を17年間続け、U-18の日本代表選手に選出された経歴を持つ。
キャスター・リポーターとしてテレビ・ラジオ・雑誌等で活動し、現在はFM NACK5「GOGOMONZ」にレギュラーレポーターとして出演中。
これまでPCゲームはもちろん、他ゲームもほとんどプレイしたことが無かったが
持ち前のスポーツ魂でeスポーツに挑戦。
負けず嫌いさを発揮し、現在はOverwatchのプロチーム「CHARLIE’S SPICE」のメンバーまで登りつめた。

OFFICIAL HP
http://www.stardust.co.jp/section3/profile/itochinami.html

OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/chinami_ito_/

OFFICIAL twitter
https://twitter.com/chinami_ito_
《Game*Spark》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【特集】『1度は遊んでおきたいSteam基本無料ゲーム』10選

    【特集】『1度は遊んでおきたいSteam基本無料ゲーム』10選

  2. 1周年を迎えた『リネージュ2 レボリューション』にPCゲーマーが挑むースマホMMOの進化と驚きとは

    1周年を迎えた『リネージュ2 レボリューション』にPCゲーマーが挑むースマホMMOの進化と驚きとは

  3. 【特集】『初代プレステの名作/迷作ギャルゲー』7選―20年前の黄金期を振り返る

    【特集】『初代プレステの名作/迷作ギャルゲー』7選―20年前の黄金期を振り返る

  4. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  5. 【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

  6. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  7. 【特集】クリア不能?『猛烈にムズいゲーム』10選

  8. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  9. 入門機として文句無し、Kingston「HyperX Cloud Stinger Core」は低価格ながらも本格派のCS向けゲーミングヘッドセットだ

  10. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第12回『Diablo』(1996)

アクセスランキングをもっと見る

page top