『フォートナイト』躍進も関連?Steam、2018年の同時接続ユーザー数が大幅な下落傾向 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォートナイト』躍進も関連?Steam、2018年の同時接続ユーザー数が大幅な下落傾向

Valveのゲーム配信プラットフォームSteam。同サービスの同時接続ユーザー数が2018年に入り大幅な下落傾向を見せていることが判明しています。

ニュース ゲーム業界
『フォートナイト』躍進も関連?Steam、2018年の同時接続ユーザー数が大幅な下落傾向
  • 『フォートナイト』躍進も関連?Steam、2018年の同時接続ユーザー数が大幅な下落傾向
  • 『フォートナイト』躍進も関連?Steam、2018年の同時接続ユーザー数が大幅な下落傾向
Valveのゲーム配信プラットフォームSteam。同サービスの同時接続ユーザー数が2018年に入り大幅な下落傾向を見せていることが判明しています。

これは、Steamの各種ゲームの内部データベースや同時接続ユーザー数をトラッキングする第三者サイトSteamdb調べによるもの。Steam外部推測サービス「SteamSpy」を運営していたことで知られる、Epic Games所属のSergey Galyonkin氏もこの現象に触れ、ユーザーからの意見を募っています。

その返答の中でGalyonkin氏はこの下落速度は、『フォートナイト』の躍進に対し、大幅なユーザー数減少を見せた『PUBG』のユーザー数減少を上回っているとコメント

しかしながら『フォートナイト』はSteamを用いず、独自のランチャー(及びテンセントのWeGame)を使用しており、『フォートナイト』のみをプレイするユーザーはもはやSteamを必要としないケースもあります。このことを踏まえてか、Galyonkin氏は「『PUBG』と『フォートナイト』(両方の進退の影響)が良い説明なのではないか」といった旨を語っています。

『PUBG』が大きな盛り上がりを見せた2017年後半からのSteamユーザー数の伸びは非常に大きなもの。同時にGDC 2018でのGalyonkin氏の発言によれば、『PUBG』が広くプレイされている中国ユーザーのゲーム所持数は平均6分の1という結果です。果たしてこのユーザー数の下落はただのバトルロイヤルバブルの結果であるのか、他の要因を主因とし、今後それ以外にも大きな影響を与える形になるのか、今後の行く末に注目が集まります。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 娘の為に製作開始された『Battle Princess Madelyn』12月6日発売決定!―日本版はPS4/スイッチを対象に12月20日発売

    娘の為に製作開始された『Battle Princess Madelyn』12月6日発売決定!―日本版はPS4/スイッチを対象に12月20日発売

  2. 『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

    『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

  3. 倒産のTelltale一部タイトルがSteamより削除に―復活などは未定か

    倒産のTelltale一部タイトルがSteamより削除に―復活などは未定か

  4. 鮮やかな暗殺、再び『ヒットマン2』国内向け発売開始―全てを凶器に変えろ

  5. サバイバルACT『LEFT ALIVE』世界観やシステムの詳細が明らかに―ヴァンツァーの設定も

  6. クリスマス限定版「NEOGEO mini」発売決定! 従来版を上回る48タイトル収録

  7. ナイアンティック新作ARゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』2019年配信決定─事前登録も受付中

  8. 『Fallout 76』日本国内からのアトムの購入は発売時点で不可能と発表

  9. 『R-Type Dimensions EX』11月28日発売決定!―『R-TYPE』『II』が3Dと2Dで楽しめる

  10. 宇宙サバイバルADV『ASTRONEER』正式発売を2019年2月と発表!―v1.0告知トレイラーも公開

アクセスランキングをもっと見る

page top