『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ

『フォートナイト』大型プロモーション展開にあたり、8月7日にはプレス向けの新CM発表会を実施。『フォートナイト』日本語版プロデューサー ロブ・グレイ氏、TOKIOの城島茂さん&長瀬智也さんが登壇しました

ゲーム文化 カルチャー
『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ
  • 『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ
  • 『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ
  • 『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ
  • 『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ
  • 『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ
  • 『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ
  • 『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ
  • 『フォートナイト』TVCMでTOKIO「生き残らナイト!」―発表会では城島&長瀬が開発者とプレイ

Epic Gamesは、バトルロイヤルシューター『フォートナイト』について、人気グループTOKIOを起用した大型プロモーションの実施を発表しました。

今回展開されるプロモーションでは、まず8月10日から全国主要都市にてTVCMが放映されます。CMでは、ゲーム内キャラのコスプレをしたTOKIOの4人が、様々なハードでゲームに興じる姿や、エモートダンスを踊るシーンが収められています。

加えて、CM放映期間中(8月20日~8月26日)には、小田急新宿駅新宿西口エリア一帯および東京メトロ丸の内新宿駅B1Fメトロプロムナードをジャック。等身大サイズの大型ビジュアルが掲出され、メンバーと一緒に写真を撮れるフォトスポットとして利用できます。

その他、JR全国6地区や、東京メトロなどに設置してあるデジタルサイネージ広告も同時期に展開。こちらではTOKIOメンバーによるエモートダンスを見ることができます。デジタルサイネージは、掲出箇所によりバリエーションが異なるそうなので、いろいろと見て回るのもいいでしょう。

◆CM発表会では城島さん&長瀬さんがゲームプレイ!



この大型プロモーション展開に先立ち、8月7日にはプレス向けのCM制作発表会が実施され、『フォートナイト』日本語版プロデューサー ロブ・グレイ氏、TOKIOの城島茂さん&長瀬智也さんが登壇。トークおよびゲーム体験が行われました。


長瀬さんは“ミッドナイトオプス”、城島さんは“レックス”のコスチュームに身を包み登場。『フォートナイト』のPRキャラになったことについては2人とも「うれしい!」とのこと。特に長瀬さんは、ミッドナイトオプスのコスチュームを絶賛していました。CMについては、TOKIO4人で子どものように楽しみながら撮影したようで、「楽しさが伝わっているはず」と城島さん。

ゲームの魅力を聞かれると、長瀬さんは「子供の頃は考えられなかった斬新なゲーム」と回答。実力だけでなく運も関わってくるゲーム性について、かなりアツく語っていました。城島さんは「“島に降りる”という点が魅力的」と、島暮らしが長い城島さんならではのコメントをしていました。


発表会では2人によるゲームプレイも披露されました。ロブ氏立ち会いのもと、スイッチ版でプレイした城島さん。プレザントパークに降り立ち宝箱を開けるも、すぐにやられて70位という結果に。PS4版でプレイした長瀬さんは、激戦区リテイル・ローに降り立ち、資材を集めるも、やはりすぐにやられてしまい、発表会は終了となりました。

日本を代表するアイドルグループとの共演に至った『フォートナイト』。その躍進はまだまだ続きそうです。

(C)2018, Epic Games, Inc. Epic、Epic Games、Epic Gamesロゴ、Fortnite、Fortniteロゴ、Unreal、Unreal Engine 4およびUE4は、米国およびその他の国々におけるEpic Games, Inc.の商標または登録商標であり、無断で複製、転用、転載、使用することはできません。
《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

    個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  2. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

    『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  3. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

    『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

  4. インディゲームイベント「TOKYO SANDBOX」秋葉原で4月開催ー84スタジオ、120タイトル出展

  5. アーケード版『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』3月25日AM2:00にオンラインサービス終了へ

  6. 本物級!『Apex Legends』人気武器「ピースキーパー」を実際に作ったユーザー現る

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. ピエール瀧がコカイン使用の疑いで逮捕―『JUDGE EYES』『キングダム ハーツIII』にも出演

  9. 『Fallout 76』阿鼻叫喚の「デスクロー迷路」を作るプレイヤー現る―まさに悪夢

  10. ハリウッド実写映画「名探偵ピカチュウ」可愛さがクセになる海外ティーザー映像

アクセスランキングをもっと見る

1
page top