Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】

Valveは、新たな映像配信プラットフォームと思しき新サービス「Steam TV」のドメインを獲得、ウェブサイトを公開しています。

ゲーム文化 カルチャー
Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】
  • Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】
UPDATE(8/18 16:08)PC Gamerによると、Valveの担当者は「Steam TV」が準備中であることを認め、テストフィードがうっかり公開されてしまったものと説明。実際にユーザーに公開されるのは、現地8月20日から25日に開催される『Dota2』の世界大会「The International 2018」のメインイベントからとのことです。

※以下は記事初出時の内容です※
Valveは、新たな映像配信プラットフォームと思しき新サービス「Steam TV」のドメインを獲得、ウェブサイトを公開しています。

これは、第三者サイトSteam Databaseによりドメイン“steam.tv”の登録が発覚したもので、その後『DOTA 2』の配信を行うウェブサイトとして機能を開始しました。記事執筆時点ではアクセス集中のためか、一切の閲覧が行えない状況です。

海外メディアCNetによれば、この配信は現時点でValveが展開中の「Steamブロードキャスト」と異なり、先日実装された新Steamチャットが統合されており、Steamフレンドなどを誘っての視聴やタブ形式での動画視聴が行える模様です。

また、現時点でのSteamベータクライアントではこの「Steam TV」に対応しておらず、サイトへのアクセスを行うと「Steamブロードキャスト」のページへと飛ばされてしまうとのこと。

おそらくは現行の「Steamブロードキャスト」の置き換えとなるだろう、この「Steam TV」。今までよりも拡大した、競合のTwitchなどのようなサービスを展開することになるのでしょうか。注目が集まるところです。

なお、同サイトにて配信中の『DOTA 2』では、2018年8月20日より、最大のトーナメント「The International 2018」本戦の開催が予定されています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』メディア向けセッションレポ―北瀬Pが語るただのリメイクじゃない理由【E3 2019】

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』メディア向けセッションレポ―北瀬Pが語るただのリメイクじゃない理由【E3 2019】

  2. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

    白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  3. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

    実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  4. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  5. 98年風『バイオショック』のデメイク映像!―ビッグダディの不気味さがより一層…

  6. 『レッド・デッド・リデンプション2』のサントラが7月12日に発売―予約注文で2曲が先行DL可能

  7. 『Fallout 76 Power Armor Edition』生地が違うと問題になった特典バッグの交換が開始?ユーザーが写真投稿

  8. 半裸実写格闘『ブリーフカラテ』世界大会が大阪で開催決定―世界よ、これがブリーフカラテだ!

  9. バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

  10. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

アクセスランキングをもっと見る

page top