Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】

Valveは、新たな映像配信プラットフォームと思しき新サービス「Steam TV」のドメインを獲得、ウェブサイトを公開しています。

ゲーム文化 カルチャー
Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】
  • Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】
UPDATE(8/18 16:08)PC Gamerによると、Valveの担当者は「Steam TV」が準備中であることを認め、テストフィードがうっかり公開されてしまったものと説明。実際にユーザーに公開されるのは、現地8月20日から25日に開催される『Dota2』の世界大会「The International 2018」のメインイベントからとのことです。

※以下は記事初出時の内容です※
Valveは、新たな映像配信プラットフォームと思しき新サービス「Steam TV」のドメインを獲得、ウェブサイトを公開しています。

これは、第三者サイトSteam Databaseによりドメイン“steam.tv”の登録が発覚したもので、その後『DOTA 2』の配信を行うウェブサイトとして機能を開始しました。記事執筆時点ではアクセス集中のためか、一切の閲覧が行えない状況です。

海外メディアCNetによれば、この配信は現時点でValveが展開中の「Steamブロードキャスト」と異なり、先日実装された新Steamチャットが統合されており、Steamフレンドなどを誘っての視聴やタブ形式での動画視聴が行える模様です。

また、現時点でのSteamベータクライアントではこの「Steam TV」に対応しておらず、サイトへのアクセスを行うと「Steamブロードキャスト」のページへと飛ばされてしまうとのこと。

おそらくは現行の「Steamブロードキャスト」の置き換えとなるだろう、この「Steam TV」。今までよりも拡大した、競合のTwitchなどのようなサービスを展開することになるのでしょうか。注目が集まるところです。

なお、同サイトにて配信中の『DOTA 2』では、2018年8月20日より、最大のトーナメント「The International 2018」本戦の開催が予定されています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  2. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  3. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

    あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  4. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  5. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  6. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  7. 『フォートナイト』プロプレイヤー協会が発足―2019世界王者含む北米・欧州の計16選手で構成

  8. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  9. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

  10. 『モンハン』15周年記念イベントへの来場で限定“初代”パッケージのPS4テーマを配布!謎に包まれた「黒龍 ミラボレアス」の設定資料も初公開

アクセスランキングをもっと見る

page top